楽天カード申し込み審査の前に

クレジットカード比較のポイント「TOPページ」 > 楽天カード申し込み審査の前に! watagoniaトップへ

【 要ブックマーク 】 →  【楽天カード】入会キャンペーン専用ページ

楽天カード申し込み審査の前に!

【まとめ】自動リボ設定にだけ注意!
審査が甘くなる「楽天カード 入会キャンペーン」期間に審査申し込み!

審査基準が、甘い「入会キャンペーン」
私は、同時期に申し込んだSBIカードは、落ちました。

審査期間は、最短1営業日!発行最短2営業日!
私は、審査がギリだったためか10日かかりました。

還元率の高さに加え、Edyも搭載されました!
Edy利用200円で1ポイントの楽天ポイントが付くので、小額決済にも強くなりました。 但し、Edyチャージはポイント付与対象外です。モバイルSuicaチャージでは、1%のポイントが付きます。

楽天カード申し込み【 入会時の裏技 】

楽天カード入会キャンペーン専用ページ

不定期で入会キャンペーンがあり、時期よっては5,000ポイントや8,000ポイントが付与される場合もあります。

楽天カード入会をご検討されている方は、入会キャンペーン専用ページをブックマークしておきましょう。



申し込み画面で注意すべきこと【 入会時の注意点 】

● 自動リボサービスの申し込み【必須】は「申し込まない」にチェック!

という部分のチェック欄で「申し込む」を選択してしまって、後で金利手数料が発生してしまったり限度額一杯になってしまうトラブルがあるようです。

楽天の自動リボサービスとは、自動的に月々決められた金額の分割払いになる仕組みです。(=便利だが楽天に金利手数料を支払う必要がある)

要するにローンなので、無用な利子が発生します。 利用しないことをお勧めします。

<追伸>
カード利用明細書の郵送を必要にすると月々80円の手数料がかかります。 「不要」にしておきましょう。(必要なときはe-NAVIからプリントアウトできます。)


楽天カードの申し込みから審査まで

【審査】 審査の通りやすさ

クレジットカード審査は、個人の信用情報をもとに審査されます。
どのクレジットカードでも共通ですが、審査は職業・雇用形態がポイントです。

私は、「楽天カードの審査は非常に甘い」と感じました。

それは、・・・恥を忍んで書きます。
実は同時期に申し込んだ他社のカードは、落ちました。
しかし、楽天カードは本人確認の電話があったものの無事に通過したのです!
(なので楽天カードに落ちたら他のクレジットカードはかなり厳しいと思います。 会社員の方は、電話無しで発行されることが多いようです。)



【審査】 審査期間

楽天カードの場合は、年収・居住年数などによって審査期間が変わるらしいです。 短いときは1営業日、長いときは一週間くらいかかる場合もあるようです。 申し込みから審査までの状況は、「カード申込受付状況照会」で確認できます。

ステップ1〜5まであり、審査が長いときは在籍確認電話もあります。 (私の場合、電話がありました。)



【発行】 発行にかかる日数

最短2営業日
私の場合は、審査期間が長くかかったので、10日かかりました。(涙)



【限度額】 気になる限度額は・・・

ショッピング基本限度額 10〜100万円(審査による)
私の限度額は、ここには書けません・・・
まあ、これだけあれば普通の生活や旅行に支障は無いと思います。
ここ数年、ほとんど無職のフリーター状態だったので審査に通っただけでもありがたかったです!(自営業)



【引落日・締日】 引き落とし日・締め日

毎月27日・毎月末日締め



【分割・リボ・キャッシング】 分割・カードリボ払い・キャッシング

分割払い(3回) 10.77%
リボルビング払い 13.08%
キャッシング(実質年率) 18.0%〜27.6%



【審査から発行まで】 私の実例

約1週間で届きました!

2007年01月30日に楽天カードを申込みました。

2007年02月06日に本人確認の電話があり、直後にカード発行手続完了のメールがありました。

数日後に本人限定郵便でカードが届きました。
※ETCカードが有料(年:525円)になったので、必要な無い方は申し込まないようにしましょう!(プラチナ会員は無料)

在籍確認電話について
「0923035950」など福岡県からの電話が本人確認の電話です。
実は、ワン切りかと思ってしばらくでませんでした。



【問合せ】 楽天カードへのお問合せ

楽天KC株式会社 コンタクトセンター
電話番号:0570-01-5971 
(PHS等一部ご利用いただけない場合は092-474-8885をご利用ください。)
営業時間:9:15-19:00(平日)、9:15-17:30(土・日・祝日)
問合せページ:https://www.rakuten-kc.co.jp/info/



【オンライン入会申し込み】 楽天カード





5年が過ぎて・・・「楽天、凄すぎ・・・」


※(2012年8月 221,338円相当)プラチナ会員をキープしているので、ETCカードも無料!

ポン!カン!!キャンペーン等、ボーナスポイント獲得キャンペーンを活用できるようになってから、飛躍的にポイント獲得数が上がりました。 (コツは、とにかくキャンペーンにはエントリーしまくること)

楽天市場で殆どの物が揃ってしまうし、価格や送料を見合わせても実店舗より安い場合が多く、 ポイントも貯まるので、買い物は楽天市場ですることが多くなっています。

三木谷社長が銀行出身だからか、楽天銀行や楽天証券のサービス内容も良いと感じます。 金融系のサービスは、小規模な後発の会社が有利なので、ますます期待できます。 (実際に私も楽天銀行で外貨預金を始めました。)

冷静に考えると・・・ここ数年で楽天市場での買い物が増え、楽天カードの使用金額も増え、楽天トラベルや楽天銀行の利用回数も増えています。 完全に楽天株式会社の思うツボ状態ですが、比較対象となるようなサービスが存在しないので仕方ないか・・・。


楽天ユーザーには、巨大なポイント還元率

楽天のサービスには、事前にエントリーするとボーナスポイントが付くキャンペーン(要するに販売促進)が常に用意されています。

そのキャンペーンポイントが結構貯まります! 例えば、2012年8月に私が獲得したキャンペーンによる獲得ポイントは、1ヶ月分で17,864円分もありました!

通常のカード利用による獲得ポイントは825円分なので、楽天のサービスをよく利用する人にとっては ボーナスキャンペーンは還元率以上の威力があります。

楽天銀行で外貨預金も始めましたが、それにもポイントが付きます。 その他、楽天証券などもろもろのサービスを利用すれば、さらにボーナスポイントが用意されています。
キャンペーンでの獲得ポイント
※ボーナスキャンペーンでの獲得ポイントです!(2012年8月分 17,864円相当)

ポイント還元率は、楽天市場内は2%、その他の場所でのお買い物でも1%です。(一般的なクレジットカードの還元率相場は、0.5%程度)
私は、いつの間にかプラチナ会員になっていたので、優待キャンペーンが多く、さらにポイントが貯まるようになりました。 楽天市場では、ポンカンキャンペーンやポイント○倍!というキャンペーンが無い時が珍しいほどなので、実質の還元率は2%を超えています。

ある試算によると、楽天市場を最大6%以上の超高還元率も可能なようですが・・・私には、もはや還元率を計算できません。 楽天市場の術中にはまっているような気もしますが、とにかくプラチナ会員を維持しています!
貯まったポイントは、楽天市場での買い物・楽天トラベルの宿泊予約・楽天ブックスで主に使っています。

「楽天カード」のデメリット

【楽天カードを逆審査】 ETCカードの有料化などデメリットについて

楽天ETCカードの年会費は、525円!(無料になる場合アリ)
プラチナ会員は初年度無料で次年度以降もプラチナ会員は無料です。 楽天ブラックカード・楽天プレミアムカードに付帯してETCカードを持つ場合、年会費無料。)

利用明細書の郵送が、有料!(不要に設定すれば無料)
(利用明細書の郵送を不要にすれば料金は必要ありませんが、郵送を希望する場合、月々80円・年間960円必要です。)

国際ブランドの違う複数所持ができない!
(VISA・MasterCard・JCBから一つ選び、入会後に変更するには退会して入会しなおすことになります。)

「楽天カード」は使えば使う程(主に楽天のキャンペーン)、還元率が上がります。
使って最終的に還元率を上げていくカードです。
私自身も日常のカード払いによる還元は、良くて月間1,000円程度(支払額10万円)です。
還元された楽天ポイントとアフィリエイトで獲得したポイント(←これが隠れたポイント!)をキャンペーン時に使うことで、 還元率を高めてきました。
正直な話、無駄遣いが増えます。(反省中)
なので最近、「漢方スタイルクラブカード」を申し込みました。
ポイント還元をカード利用額から値引く「Jデポ」という実質値引きをしてくれます。 (要するにキャッシュバックなので、倹約・節約タイプのクレジットカードです。)
これなら、貯まったポイントを新たに消費する必要が無いので、無駄遣いが減るかなぁ・・・と思っています。
しかも、公共料金のnanaco払いできるし還元率は最低でも1.5%なので、 私は漢方スタイルをメインカードに切り替えました!



【逆に審査】クレジットカード比較のポイント
どうぞ、お友達申請お願いします! 10年ぶりにクレジットカードを作るために調べまくっていたら(貧乏だけど暇だけはあるので)、 クレジットカード業界に少しだけ詳しくなってしまいました。
私自身は、10年以上持っていた「セゾンカード」を捨て「楽天カード」をメインカードにしました。 そして、引き落とし系の支払や買い物をなるべくカード経由に切り替えました。 結果、楽天のポイントが貯まりまくるようになったので、楽天での買い物が増えました。(楽天の思う壺状態です・・・)
ガソリン代を節約したい・食費など生活費がかさむ・出張が多い・仕事で家電製品を買うことが多いなど ひとりひとりの生活スタイルや好みによって、お得なカードは違います。 実質還元率の高いカードの中から、自分に合ったカードを選びましょう。



おすすめ「リンク」
  ▼  内部リンク   ▼  楽天カードの感想   ▼  リボ払いの落とし穴   ▼  JALカード(スイカなど)

比較の必要無し!誰でもお得「最強の2枚」

楽天カード


電鉄系JALカード
電鉄系JALカード




外部リンク
プレスリリース 銀行系 信販系 事業会社系 一般企業系



watagoniaトップへ 【募米】お米の寄付募集中! / お問い合わせ
Copyright 2004 watagonia.com  All rights reserved.