【5G】個人でできる電磁波対策まとめ


絶対に車酔いしないはずの私でしたが・・・ 姉の電気自動車に乗せてもらった時に生まれて初めて車に酔いました。そして、初めてスマートフォンを買った日、 スマホを持つ手がピリピリする感触を不思議に思いました。 電磁波過敏症では無いものの、強い電磁波は誰でも体感できるのだと思います。 今や自動運転やAI時代には欠かせない【5G】技術の時代。 「知識があれば、避けられる電磁波被曝があります。」 個人でできる電磁波対策を簡単にまとめてみました。
5G電磁波対策ブログ

【結論まとめ】知識を持って予防原則生活。電磁波から「距離を取り、時間を減らす」がポイント。

携帯電話での通話は、スピーカーを使う。
(5GのWi-Fi回線は、使わない。SAR値の低い機種を選ぶ 機種別SAR値一覧表

(特に寝る時は)全ての電子機器を遠ざける。
(距離が2倍になれば、電磁波強度は4分の1。トリフィールドメーターで測定して、アースの見直しをオススメ致します。)

抗酸化物質で、フリーラジカルを無毒化!
(野菜・果物・和食。ビタミン・ミネラルのサプリメント。アメリカニンジン)

    携帯電話の電磁波影響を最小限にする方法
  • SAR値の低い機種を選ぶ
  • 通話は、スピーカーで行う。
  • 通話時間を短くする。(通話よりメール)
  • ポケットなどに入れず、カバンなど体から離して持ち歩く。
  • 使用する時は、電源ケーブルから外す。
  • 5Gよりも4Gを選択。
  • 寝る時は、枕元から遠ざける。
  • 電波の弱い状況では使わない。(最大出力)
  • お子さんには、緊急時以外使わせない。(電波オフ)
    生活で避ける
  • 家のアースを点検・設置
  • 電気自動車は避ける(運転手以外は、後部座席に)
  • 電車はモーターやパンタグラフの無い車両に乗る(JRでは、サハ記号)
  • 飛行機は、エンジンから遠い座席
  • 高圧送電線鉄塔・携帯の電波塔には近づかない。
  • 裸足になって土や砂にアーシング
    要注意の家電製品
  • 電磁調理器
  • 携帯電話
  • テレビ・パソコン
  • 電気カーペット・毛布
  • 冷蔵庫・洗濯機
  • エアコン
  • 床暖房
  • マッサージ器
  • 電子レンジ
IH調理機は使わない。電子レンジは2メートル離れる。 「無線→有線」「蛍光灯→白熱灯」 全ての家電製品は、待機中も電場が発生するので、(特に大型モーターが作動する家電は強い)使わない時はコンセントを抜く習慣を。 屋内配線からも電場は発生しています。(2階の床面では、屋内配線によって「常に強めの電場が発生している」可能性があります。)

原因不明の眠気・倦怠感・頭痛・情緒不安・不眠・イライラなど、 電磁波の影響を疑う方は、 「携帯電話の電源を切って、ブレーカーを落として生活してみる」ことを試してみてください。 (半日でも電磁波の影響を体感できるかもしれません)

    食生活
  • 海藻
  • 緑茶
  • 春ウコン
  • 納豆
  • 乳酸菌
  • 亜鉛
  • ビタミンC
  • ビタミンD



5Gの導入は、無数の小型基地局が必要なため、全ての地域社会に設置しなくてはなりません。 5Gは、4G以前より、より高い周波数の電波を発するため、電子レンジに例えられます。 「小学校に5Gの小型基地局を導入すること=子供たちを電子レンジの中に入れる事」 と言う例えは、大袈裟にしても、安全性が証明されてからでも遅くは無いと思います。

免疫力アップと食糧備蓄 複合汚染や自然災害への備えとして、「免疫力アップと食糧備蓄」を自分たちでできる限り行うべき時代なのかも知れません。
参考画像

参考画像


【YouTubeまとめ】5G・5Gが分かるニュース



自然エネルギー展示室「ソーラーボーイズハウス屋久島」屋久島半日観光ツアー  | 食材の宅配・通販「みんなの産直」
自分で行う放射能被曝対策 |  クレジットカード選びのポイント |  賢い保険の選び方