おすすめウェットフード(パウチ・缶詰)頂上対決!「黒缶 VS 無一物 VS カルカンを比較」

おすすめウェットフード(パウチ・缶詰)頂上対決!「黒缶 VS 無一物 VS カルカンを比較」

紆余曲折の情報収集の結果、 猫にドライフードは合わない、安全性が高く人気の黒缶や無一物など をピックアップして、愛猫のチャンに試食してもいました。
キャットフード「黒缶」や「無一物」「カルカン」などのチャンによる実食レビュー(YouTubeに動画をアップ) と、その後の飼い主による客観的な評価です。 (全ての猫には当てはまらないと思いますが、一例として参考になれば幸いです。)

【黒缶】


総合評価 四点五パウ

【公式】黒缶

【カルカン】


総合評価 四パウ

【公式】カルカン

【無一物】


総合評価 五パウ

【公式】無一物

【結論まとめ】黒缶と無一物を並べてみたら、交互に食べた(笑) カルカンは、添加物が心配!

黒缶と無一物は、無添加で安心・安全!
(黒缶と無一物は無添加なので、安心感があります!カルカンは、酸化防止剤・発色剤など心配。)

たんぱく質・脂質の比較では、黒缶と無一物は良好!
(黒缶13.9%、無一物15%、カルカン6.5%、カルカンのみ小麦や調味料が入っています。)

マグネシウム・リン・ナトリウム含有量は、どれも心配なし!
(ウェットフードの場合、水分が多いので微量です。 ちなみに、無一物だとマグネシウム0.022%、リン0.158%、ナトリウム0.068%、カルシウム0.004%、 )

価格比較では、黒缶がコスパ圧勝!
(Amazonある程度のまとめ買いをした場合、黒缶10g当り 7.7円・無一物10g当り 18円・カルカン10g当り 8.8円)

※パッケージに表示されている「成分分析値」は、マグネシウム・ナトリウム・カルシウムなどミネラル分は灰分にまとめられています。



ウェット頂上対決!黒缶 VS 無一物「キャットフード実食レビュー」

黒缶 VS 無一物ウェットフード比較【前編】

うちの猫(チャン)は老舗の黒缶と、はごろもフーズの無一物、どっちが好きなのか横に並べて比較してみました。 (両方、カルカン派のチャンにとっては初物です!)
※録画前に無一物をほんの少しペロペロした後、黒缶に食い付きテーブルの下へ。ムムッ!

黒缶 VS 無一物ウェットフード比較【中編】

やっぱりゼリー仕立てが最強なのか・・・
テーブル下から戻ると、今度は無一物に食い付きます。
「どっちも捨てがたいニャン!」と言ったとか、言わないとか・・・

黒缶 VS 無一物ウェットフード比較【後編】

無一物を完食するのかと思いきや、黒缶に戻るチャン。
しかし、黒缶を食べながらも無一物が非常に気になる様子。
「ご馳走は交互食べると、美味しさ万倍だニャン!」と言ったとか、言わないとか・・・
結果:無一物は完食、黒缶は必殺技の「チョイ残し」(笑)
※「チョイ残し」の目分量が内容量の差の20グラムなので、甲乙つけがたし=チャンの優しさ(こんな比較が何になるニャン、 両方美味しいニャンよ!)を感じた結末でした。


You Tube

You Tube

You Tube

ウェット頂上対決!黒缶 VS 無一物(前編)「チャンのキャットフード実食レビュー」



「なんで交互に食べるのか?」永遠に謎のまま、このウェットフード頂上対決は終わりました。

無一物は完食、黒缶は必殺技の「チョイ残し」(笑)



量が違うので(黒缶70グラム・無一物50グラム)「チョイ残し」をどう捉えるかで勝敗は変わりそうです。

飼い主的には、無一物はマグロと水だけという完全無添加フードなので、 無一物を応援したい気持ちがありつつも、ちょっとお高いという現実が頭をよぎりながらも(無一物で無一文になってしまう可能性)

黒缶と同等に無一物にガッツ石松してくれた事が、旨味成分たっぷりのゼリー仕立てに耐えて、よく頑張った!感動した!とチャンを称えたいと思います(遠い目)

しかし「チョイ残し」

これは猫界の正式なお食事マナーだとか、そうではないとか・・・

黒缶と無一物の頂上対決よりも、「交互食べ」と「チョイ残し」の謎が深まるという微妙な結果となりました。

【無一物】


総合評価 五パウ

【公式】無一物

原材料「まぐろ」のみ!
これは、日本のキャットフードの誇りと言っても過言では無い!(気がします)
はごろもフーズさん、ありがとうございます。
「副食」扱いですが、色々な食べ物を上げている我が家では、しっかりローテーションの中心です。
【画像】黒缶・無一物パッケージ 表面


【黒缶】アイシア


総合評価 四点五パウ
【公式】黒缶

30年以上のロングセラー「黒缶」
黒缶なのにパウチを買ってしまって、なんかスイマセン・・・
※「パウチよりも缶詰の方が、食い付きが良い」という口コミ情報も多いので、今度は缶詰で比較レビューしてみたいと思います。
第一原料が魚介類(まぐろ・カツオ)であって、 栄養価が高いと言われる血合肉を使用。
無添加でコスパが良いので、全ての猫ちゃんにオススメです。
【画像】黒缶・無一物パッケージ 裏面

飼い主による観察、その後の評価

「黒缶」は総合栄養食で「無一物」は副食なので、 黒缶を主食として時々「無一物」がバランスが良いと感じています。

チャンは、まだ1歳の成長期なので(甘やかして)足りない分はドライフード(ピュリナワン)をいつでもカリカリできるように置いてあります。

チャンのメインフードは、「黒缶」のパウチに落ち着きました。
↓ これも気になるニャン



【カルカン】キャットフード実食お試しテスト(テイスティング)

【カルカン】


総合評価 四パウ

カルカン食い付きレビュー動画 by
【公式】カルカン http://kalkan.jp/products/adult/pouch-soups-maguro.html

You Tube

チャンによるキャットフード実食レビュー【カルカン】

評価【】(星4) チャンのソウルフードである【カルカン】
低カロリーながら、ゼリー仕立てで嗜好性が高く「食い付き最高!」と高評価のウェットフードです。

「カルカンにガッつかなきゃ猫じゃないニャン!」

この食い付きっぷり!さすがチャンのソウルフード!

ですが・・・

飼い主としては、着色料と酸化防止剤が使用されているので、ちょっと心配です。

その後、飼い主による評価【カルカン】

カルカンは、食い付きも良くて、種類が選べて、安くて、どこでも売っていて、素晴らしい!のですが・・・

原材料の後半、酸化防止剤や着色料などが気になる次第です。

増粘多糖類は仕方なしとしても、 ポリリン酸Na(腎臓に負担の添加物) EDTA-Ca・Na(突然変異・染色体異常の懸念) 発色剤亜硝酸Na(嘔吐や動悸、血圧降下。慢性的摂取で発がん性) などです。

それなのに、「嗜好性が高い」という謎、 (まぐろ味でも「チキン」「ビーフ」「小麦」「調味料」「植物性油脂」などが入ってします!特に「小麦」は、アレルギー反応に注意が必要です)

「カルカンさん、さようなら・・・」と飼い主的には、言いたいのですが、チャンが好きならタマには良いかなと・・・

ジャンクフード的な魅力があるのかも知れないワン!と、ジャンクフード大好きなコロ兄が後ろで心配しています。







【2018年度】チャンのキャットフード実食レビュー

自犬紹介と自己紹介

コロと私
キャットフードに関する情報・ご質問・お問い合わせなどはお気軽に メール(isjtours@watagonia.com)下さい。

Instagramで最近の様子をアップしております。


<追伸> コロちゃんの花嫁も、この場を借りて募集中です!

 
事務局 渡辺 メール  / instagram



自然エネルギー展示室「ソーラーボーイズハウス屋久島」屋久島半日観光ツアー  | 食材の宅配・通販「みんなの産直」
自分で行う放射能被曝対策 |  クレジットカード選びのポイント |  賢い保険の選び方