おすすめ介護保険・個人年金保険

賢い保険の選び方「TOPページ」 > 介護保険 DMM FX


介護保険は、安さよりも手厚さで選択!おすすめは、朝日生命「あんしん介護」

一時金と年金タイプの受け取りを選べる朝日生命「あんしん介護」は、要介護1以上と給付条件が他商品よりも緩い上に、 認知症対策・払込免除など保障内容が万全です。 故に、保険料が割高になってしまいますが、要介護1以上の給付条件や保障内容を加味するとコスパが高くオススメできます。

すでに 医療保険に加入していて追加で介護保険単体で入ると、保障がダブったり保険料も上がってしまうので、 「医療保険の介護一時金特約で備える」という見直しも有効です。 最後に、認知症保険も安く良い商品が出てきました。

保険 割安・充実保障の介護保険・個人年金保険

おすすめ「介護保険」

20年・30年以上先の社会状況を予測することができるでしょうか? 介護は最も保険でカバーしなくても良い分野のような気がします。(基本は、貯蓄でまかないましょう!)

そうは言っても・・・元本以上の解約返戻金が戻る貯蓄性のある介護保険であれば、 普通預金に置いておくより良いという考え方もできます。相続対策としても有効です。

保険料を一時払いする必要があるものの、短期で解約しない限り損をしない介護保険は・・・。

終身年金と死亡保障がセットになっているソニー生命「終身介護保障保険」
保険料が割高なソニー生命「終身介護保障保険」に人気が集まる理由は、 「要介護2以上に該当すれば一生涯年金が受け取れる」 「死亡保障と解約返戻金があり、保険料が割安」
つまり給付条件が緩く保険料に割安感(要介護状態でなくても回収できる)があります。

とにかく保険料を「安く」の場合(要介護4以上)

要介護1.2で一時金が出る

介護に格安加入!

【保険料激安なのに高額一時金】 細かい説明は省きますが、生協に入れば加入できます。掛け捨ての定期なので保険料が絶対的に割安! 79歳で保障は終了しますが、要介護2の状態が90日以上継続した場合、介護一時金500万円が支払われます。

▼ アフラックの隠し玉! 要介護2以上。払込終了後に年金や一時金を受け取れる。

▼ 費用対効果が絶大の特約 (主契約「積立利率変動型終身保険」「新医療保険A(エース)」)

▼ 介護50%、死亡50%で貯蓄型! 要介護2以上で保険金を受け取れ、低解約返戻金型なので介護・死亡・老後資金を兼ね備えています。

▼ CO・OP共済 介護保険としては群を抜く安さ!

朝日生命保険「あんしん介護」は、要介護1で年金と保険料免除と優しい設計で、公的介護制度に連動する分かりやすい支払い要件。 認知症と介護・そして年金と一時金タイプにバラバラに入れます。

おすすめ個人年金保険

返戻率が高い定額タイプが人気。返戻率と受け取り方で選べば正解。 特に、東京海上日動あんしん生命の「個人年金保険」は、返戻率・格付け共に高く評判が良いです。 健康状態に不安がある場合でも「告知がない」ので迷わず即入れます。

 ● 「公的年金の繰り下げ受給」で年金42%増額!

長寿・健康化によって、70歳定年や75歳まで働くのが普通となることもあり得る話。 公的年金は、原則65歳から受け取れるが、受け取り開始を70歳まで繰り下げると、年金額を最大42%増額できます。 81歳で総額が追い付き、その後も受給額が増額されるので、注目を浴びています。

 ● 相続税対策「生前贈与プラン」

ドル建てで保険料を支払い、積立金を運用しながら、控除枠110万円を目安にお子さんやお孫さんに渡せる保険です。

 ● 月5,000円からの安い積立保険

払った保険料以上の金額が受け取れる積立保険です。 手軽さが評判を呼び大ヒットしている明治安田生命のかんたん保険シリーズライト!には、 おてがる自転車・おてがる携行品などもあります。

【 保険選びは、悩む前に、まず行動!】 「自分で勉強 → 専門家FPに相談」


 

【最適・最短・最安】賢い保険の選び方

ステップ.1 まず、資料請求。保険の基礎知識と相場観をつかむ!

ステップ.2 乗合代理店で、おすすめ保険を比較!

ステップ.3 自分が保険に入る目的を再整理して、FPに相談!保険料と家計のバランスを客観的にみてもらう。

ステップ.1 資料請求

まず、資料請求。保険の基礎知識と相場観をつかむ!

保険商品についてまったく知識が無い人は、相談前に人気保険の資料請求をしてしてみましょう。 保険用語に慣れ相場観を知るだけでも、相談時の納得感が違います。一括資料請求サイトが便利です。 (資料請求する保険も分からない場合は、私のオススメ保険を参考にしてみてください。)

ステップ.2 保険代理店で相談

乗合代理店で、おすすめ保険を比較!

お店やスタッフによって提案する保険が違う場合もあるので、なるべく取り扱い保険会社数の多い乗合代理店を2社以上回ってみましょう。 契約者が支払う保険料は、どのお店でも変わらないので、加入後もしっかりフォローしてくれそうな代理店で加入しましょう。

ステップ.3 保険料と保障内容を比較

「加入目的」にかなう保険を比較、最後は月々の保険料で選ぶ!

自分が保険に入る目的がハッキリすれば、「加入目的」にかなう保険商品が見えてきます。 あとは、保険料と保障内容の比較だけですが、ここが一番大切なのでプロの意見を聞きたいところです。
月々払うことになる保険料と家計(貯蓄)のバランスを客観的に判断してもらいましょう。


賢い保険の選び方のポイント
どうぞ、お友達申請お願いします! 30代のある日「保険にそろそろ入ろうかな」と思い立ちました。
「保険が似通ったものばかり」になっている理由は、規制が厳しく(新しい保険に)許可が下りにくいという理由からでした。 「保険選びの分かりにくさ」も「保険商品の比較広告の禁止」という規制が理由でした。(暇だけはあったので、かなり調べました!)

今回は、かなり苦戦してしまったので 保険選びの専門家(ファイナンシャルプランナー)の皆さんの手を借りながら、 「いさじJoeおじさん」流の保険選びのポイントをまとめました。

※巻頭特集「保険の専門家に聞きました!」は、 ファイナンシャルプランナー(FP)の方々ご自身が加入している保険商品を公開しています。


保険選びの極意!

まず、目ぼしい保険を「保険市場」 で資料を取り寄せて自習!

最後に、 「LIFULL保険相談」 などで信頼できる専門家=FP(ファイナンシャルプランナー)を見つけて、 相談・納得してから加入することをお勧めしています。

確かに面倒!ですが、保険は、家の次に高い買い物です。 支払うことになる保険料の総額を計算してみれば、省けない労力です。


ISJ流 賢い保険の選び方
 ▼ 内部リンク  ▼ 生命保険  ▼ 医療保険  ▼ 共済  ▼ 自動車保険  ▼ 新型保険  ▼ 保険あれこれ
 ▼ 外部リンク
 ▼ プレスリリース  ▼ 生命保険  ▼ 損害保険  ▼ 外資系  ▼ 共済・簡保



DMM FX 【募米】お米の寄付募集中! / お問い合わせ
Copyright 2004 watagonia.com  All rights reserved.