ネットショップ開業・運営ノウハウ:eコマースを取り巻く環境

「eコマースを取り巻く環境」

1.消費者向け電子商取引の市場規模

平成15年版「情報通信白書」の発表によれば、消費者向け電子商取引の市場規模は2002年にはついに 1.6兆円(対前年比90.1%増)を超える市場となり、企業経営に与える影響は年々増している。
今後はさらにブロードバンド化に伴うインターネット利用者や接続時間の増加により、ネットショッピングの利用は増加していくことでしょう。


2.消費者向け電子商取引の利用状況

平成14年末における我が国の企業における電子商取引の利用率は、B2C(企業―個人間)が13.0%となっている。 また、産業別にみると、B2Cの利用率は、金融・保険業が30.5%と最も高くなっている。 また、金融・保険業を除いた産業で、B2CよりもB2Bの電子商取引の利用率が高い(図表B)。
※電子商取引実施企業における利用の際の問題点及び電子商取引未利用企業における利用しない理由は、 ともに「セキュリティ対策が十分でない」と回答した企業が最も多く4割を超えている。


3.米eコマースは2008年に2.4倍に拡大(2003/7/25 フォレスター・リサーチ社)

米国におけるB2C電子商取引(消費者向け)の市場規模は、2003年に957億ドルで今後平均19%成長し、 2008年には2298億ドルに達する見込みである。
これは総小売額の10%に相当するという。 日本は、1〜2%程度・・・急激なブロードバンド化の追い風を受けて、市場の成長を大いに期待しよう。
※平成15年総務省の発表では、「日本のブロードバンド環境は世界で最も低廉・高速である」との事。

関連リンク:ネットショップニュース

Japan.internet.com 最新インターネットニュース
Yahoo!ニュース - 電子商取引
[独立起業]ジャパン・ビジネス・ニュース(JNEWS)