ネットショップ開業・運営ノウハウ:楽天出店

「楽天市場への出店」

このページでは、楽天市場への出店を検討しています。

「本格的に売るには楽天に出店したほうがええんやろか?」 という相談を頻繁に受けます。

楽天への出店は、店舗数が多いので出店しただけでは売れません。(キッパリ!)
楽天で売るのは結構大変ですが、楽天はシステムが優秀なので勉強になります。 「ネットショップについて学ぶ」という意味では、かなりお勧めです。 ネット以外でも楽天大学という店長研修や、いろいろな勉強の場があります。

でも、ただ売るだけならヤフーショッピングやオークションの方が簡単です。
しか〜し、いろんなことを考えると楽天市場で勉強してから、独立した自分のサイト(本店)を作って商売をするというのが一番いいと思っています。 (将来、店舗の構築・運営を業者に依頼するとしても、要不要・程度判断などができるようになるので、業者の言いなりになることがありません。)

【結論】ネットショップのノウハウを学ぶには、楽天市場出店が費用対効果抜群!

楽天市場は、「学びの場」と考えましょう!「学び」に失敗はありません!
(店舗作り・店舗システム・クレーム対応・アピール方法など、様々な場面で勉強になります。)

楽天市場で売れなければ、どこでも売れない!ヤフオクやビッダーズで叩き売るしかありません!
(楽天市場は通販の一等地です。楽天市場で売れなければ、商売自体を考え直す必要があるかもしれません。)

楽天で学びながら、理想の本店構築に取り組むのが正しい楽天市場の使い方です!
(ある程度の時期が過ぎると、自分の理想の店舗の具体的なイメージができると思います。少しづつでも本店構築に取り組みましょう。 楽天が、いつ落転するとも限りません。)

なぜ楽天?

私は、オンラインショップ開業の相談者には、楽天市場への出店を勧めています。
楽天市場が特に好きな訳ではございませんが、日本のeコマースを牽引してきたのは間違いなく楽天です。
私も楽天市場の運営から学んだものは、HTMLから始まり販促プロモーションなど非常に大きかったと思います。 ECコンサルタントに過度な期待を寄せなければ、必ず「出店してよかった」を満足されると思います。

私が楽天市場への出店を勧める理由は、運営する人が成長する環境が整っているからです。
注意深く学ぶ意識さえあれば、「売れた理由・売れなかった理由」をRMS(ショップ管理画面)を見れば、ある程度検証できるはずです。
「繁盛店にしたい」という強い気持ちと「なんでだろう」という好奇心を持ち続け 仮説と検証を繰り返していけば、いずれあなたのお店にあった販売方法「こうしたら売れそうだ」という方法が見えてくるのではないでしょうか?

以上の理由の他にも大きなメリットがあります。
●楽天市場の知名度・信頼の享受
●店舗構築・運営のコスト削減
反面、同業他社の出店が多いといったデメリットもあります。しかし、そこからあなたの創意工夫が試されるのではないでしょうか?

「楽天市場」資料請求

楽天市場は、世界的に見ても珍しいECの成功例です。 (特に小さなECの集合体という意味で・・・)



楽天市場に出店する最大のメリットは、「世界でも最高水準の細やかな店舗管理システムが安価で利用できる」この点に尽きると思います。(ちょっと褒めすぎかな・・・)

少し前までは、Yahoo!ショッピングの方が楽天市場に比べて集客が有利でした。(同じ商品ラインナップでもYahoo!ショッピングの方が売れていました)

しかし、Yahoo!ショッピングが店舗数を増やしていく方針に変更してから集客のメリットが薄れ売上げも減少傾向です。(Yahoo!ショッピングは当初、少数精鋭制でした)

店舗管理システム=楽天市場>Yahoo!ショッピング
アクセス数(売上)=楽天市場>Yahoo!ショッピング


という印象になりつつあります。

ネットショップの開業・支店作成(多店舗化)には、まず楽天市場への出店をおすすめしています。
  • ネットショップ成功事例集を無料で配布「楽天市場」 おすすめ!

  • 楽天株式会社ニュースリリース

    楽天株式会社ニュースリリース

    支店拡大にはYahoo!ショッピングやYahoo!オークションも必須

    集客力では他のショッピングモールを圧倒するYahoo!
    Yahoo!オークションでコツをつかめば、売上を飛躍的に伸ばせる可能性があります。 (特にYahoo!オークションは、古くからネット通販のヘビーユーザーが集まる場所なので、やり方次第で相当な売上げアップが期待できます!)

    Yahoo!ショッピングへ資料請求 | Yahoo!オークションへ資料請求