【自分用サーフィンメモ】6'6"(ファンボード)でドライブするボトムターン


Billabong公式通販 ビラボンオンラインストア

「巻き上げの強いボトム面」を狙って、重心ごと落としていきながら、体軸を保ち(ゆっくり)傾いていく!本当にゆっくりと回り込みながら、波にレールが入って行くのを待つイメージ。 (回転軸になる手を差し込む次点で、ターン弧の先にある狙ったトップを「首ごと」視線で捉える。タッチを終えた瞬間に左手で狙ったトップを指差しながら、首をギュッと捻じって駆け上がるイメージ。)
※ダウンザラインで落ちて行って・・・「曲がろう」とすると、「動き過多でレールが抜けてしまう」ので、体勢を保持するだけでOK。 身体の動き最小限で、レールが入るまでガマンがポイント(レールが入れば自然に曲がって行く)


【結論まとめ】まず、ボトムターンの型と流れをサーフスケートで憶える。 海では状況に合わせて、低くボトムのパワーゾーンを横切るだけでOK!

パドルの時点で、トップに帰ってくるラインを大回り気味でイメージ
(テイクオフを改善=達人化すれば、「軸足荷重で傾く事前準備が出来た状態」でボトムに余裕を持って落ちて行ける。)

ボトムに優しく落ちていく=軸に乗って、体勢をホールド(傾いてレールが入るまでガマン!)
(お尻の穴と骨盤底筋をグッと閉めて傾き、フィンに溜まった水流を乱さないように維持するイメージ。)

でも、本当に重要なのはボトムターン後の抜重!
(「タップからの抜重」軸足意識で腰を前に押し込みながら、フィンに溜まった水流を海面タッチをきっかけに、グッと腰を前に押し込む(パンピング)と同時に、 パッとレールを抜いて放出、軸足荷重と左肩甲骨意識でフェイス面に対して完全にフラットに登って行く。

★テイクオフしてダウンザラインの最後に、ワンパンプ して重心を波の下に落とすイメージでボトムターンの型に入ると、グッとレールが入る。
陸トレで「ボトムターンの型」「駆け上がりの型」を、サーフスケートとミニランプを使って完成させておくと、海では自然と出来てしまいます!
※自分は、首の使い方が下手なので、視線と連動してスムーズに動かす訓練中です。



ボトムターン基本姿勢

テイクオフの完了形「低い四股立ち」をキープしたまま、落ちていくだけです(笑)
※「傾ける意識ではなく、斜面に合わせていたら、結果的に傾いているだけ。」 その遠心力に骨盤から背骨を立てて(頭の重みさえも)ボトムに貯めるイメージ。


ボトムターンからトップターンへの流れ

落ち着いたテイクオフ後、「低い四股立ち」で「そのまま落ちて」行けば自然と良いボトムターンが出来てしまいます! (無理矢理ボードを動かしたり、テイクオフ後に立ち上がり過ぎたりで失敗すること多し)

問題は、ボトムターン抜け後の「駆け上がりの型」から「トップターンの型」への(忙しい)連続移行です!

これは、日常生活や他のスポーツでは完全に無い動作なので、サーフスケートとミニランプで体に憶えてもらう必要があります。
※「駆け上がりの型」「トップターンの型」への連続移行は、(理屈もイメトレも不要で)トライ&エラーでしか獲得できないので、やったモノ勝ちです!

「ボトムターン前半のタッチと後半のタメ」が肝

ターン弧の中心へのタッチは、「ターーーーーッチ!」(←巻き上げ面にレールを食い込ませている状況での、このタメが超重要)
【タッチの注意点】この「タッチ」は、(先をタッチしようとすると上半身が体軸から外れてしまうので) なるべくボードの近く=傾いた体の真下を「お尻の落とし」でタップするイメージ。 (より垂直方向に上がりたい場合は、後ろ足寄りにタッチ)
★タッチしている最中には、視線は狙ったトップに送りながら、タッチ開放で首の初動から伸び上がって「駆け上がりの型」に移行。
【FSトップへの駆け上がりの型】 一番重要なポイントは、首の横への「ギュッ」
前提として(Regフッターのフロントサイド)ボトムターンのキープ時、左手は外に振りだされていることに注意。 後手のタッチの後、首で初動を作って身体はボードと平行に閉じ気味になっていきます。 狙ったトップを前の手で指差しながら、首を横に「ギュッ」と絞る感じにすると「駆け上がりの型」完成です!

【もっとドライブさせてみたい!】ボトムターンの型

ボトムでトップに向かってグンと踏み込んでしまう悪い癖があった私は、ボトムターンで踏み込まない練習を続けました。 結果、良い感じのターン弧を描いてボトムターンが出来るようになってきた気がしますが・・・ やっぱり、さらに荷重してドッドッドッ!というドライブ感のあるボトムターンをしたいという欲求が常にアリマス(笑)

そこで最近トライしているのは、もっと傾けて(上半身を含めた)体軸を崩さずにキープするために・・・基本姿勢の完成度を上げる特訓です。 具体的には、鏡の前での静的フォーム「1/2圧縮の型」「タッチの型」「駆け上がりの型」確認後、サーフスケートで練習しています。 全体重と重力・遠心力をテール側のレール1点に集める事が出来れば、もっとドライブ感が生まれるハズという仮説でトライしています。


パタゴニア


【隠れ結論】最強のレール荷重は、脱力にて・・・

皆さんも経験があると思います(笑) プルアウトしようと決めて大きな弧でタラッーと波に身を任せたら、その日一番ターンがドライブした!という事が結構ありました。
最強のレール荷重は、(グッと力を込めるよりも)遠心力に身を任せられる正しい姿勢でリラックスしてみるとヒントが見つかるのかも知れません。 そしてターン後半のプレーニングは、自分が思っているよりも、もっと軸を後ろに移して(ウイリー状態で)前に押し出すようにすると良いのかも知れません。



自然エネルギー展示室「ソーラーボーイズハウス屋久島」屋久島半日観光ツアー  | 食材の宅配・通販「みんなの産直」
自分で行う放射能被曝対策 |  クレジットカード選びのポイント |  賢い保険の選び方