【自分用サーフィンメモ】6'6"(ファンボード)でドライブするボトムターン


Billabong公式通販 ビラボンオンラインストア

テイクオフ直後、ボトムターンに入る前・・・リラックス・右手のセット、右足のセット、左肩甲骨の意識(レギュラースタンスです)・・・ お尻・ハムを使っての傾く姿勢を準備してから、余裕を持ってボトムターンに入っていく。 (そのためには、テイクオフの質が大事! つま先力み「過ぎ」、膝曲げ「過ぎ」、上体被せ「過ぎ」は、動けなくなるのでNG!)

【結論まとめ】テイク直後に前傾・背筋ピン・軸足荷重で傾く準備ができているか?で、ボトムターンの質が決まる! 「巻き上げの強いボトム面」を狙って、後ろ足荷重でジワッと傾きながら通過! でも、本当に重要なのは抜重の瞬間!

波の見方・パドル・テイクオフ・ステップバック等の基礎の見直し!
(ボトムターンは、ボトムターンに入る前段階で決まってしまうので、特に余裕を持ったテイクオフへの精度を高めるべし!)

ボトムでは何もしない=軸に乗って、体勢をホールド(常に早めの準備で、緩めのターン弧)
(みぞおちを丸めて腹圧を高め、傾きながら、フィンに溜まった水流を乱さないように維持する。 ボードに体重が乗っていれば、その反発で推進していく=踏み込まない事!)

軸足意識で「タップからの抜重」
(腰を前に押し込みながら、フィンに溜まった水流を海面タッチをきっかけに、グッと腰を前に押し込むと同時に、 パッとレールを抜いて放出、軸足荷重と左肩甲骨意識でフェイス面に対して完全にフラットに登って行く。 ★この時のタップした手の平を「波の斜面に沿って、すり上げていく(同時に前の手で方向を使いながら)」と波の角度に体軸を合わせ易い!)

「FSは顔と海面」「BSはお尻と海面」を近付けてキープするイメージ。 (膝の屈曲と言うよりも)股間節のツイスト開放力でターン最後のプレッシャーを掛けてから、抜重に入る。 トップに向かう前に体が伸びないように、より低く・より胸を開き(腹圧を使いながらボードを体の下から離さない意識で) トップターンの回し込みに備える。
★フロントサイドのボトムターンでも、お尻を落として、肩甲骨意識で傾いていく意識が大事。 (左手が内に入ってしまったり、焦って爪先に力が入ったり、右手のタッチを意識し過ぎて、前に崩れてしまうと、逆に板が走らなくなる。)



ボトムターン基本姿勢

★ボトムを通り過ぎトップターンまで、全ての時点でリラックスして、 骨盤に重心を乗せるためには・・・ステップバックをきっかけに、 ボトムターンの基本姿勢に即時入る事が大切。(フワッと抜重をきっかけに、ノーズを少し岸寄りに落としながら、ステップバックできれば理想)
フロントサイドのボトムターン基本姿勢は、左足の爪先に右手をプレスしてタメる動作。(股関節をツイストしてからタッチダウン)
バックサイドのボトムターン基本姿勢は、左足の膝90度までスクワットで落として左手でお尻の下にプレス(体重が乗ってからツイスト。)
※いずれもRegフッターの場合。

ボトムターンからトップターンへの流れ

早めのテイクオフからフッとトップに乗ってから、岸側に前傾で落ちていく。 (板を岸に90度で落としながら、フェイスに傾いていくイメージ)
★ダウンザラインの途中で、右手を前に出して傾く準備、走行ラインのイメージ、 左肩の開きの意識、軸足荷重の確認、トップターンでの抜重のイメージができていれば、余裕ができる。

ポイントは、ステップバックと同時にターン基本姿勢がとれるか?

ダウンザラインしながら、あるタイミングでフワッとステップバックする必要があります。
ステップバックの抜重後のタイミングで、ターンの基本姿勢に一瞬で入ります!
※抜重の時にボトム側に板を振っていれば・・・目標のリップを見る時に「振り返りながら体をひねる形」になり、ここで自然と軸足に体重が乗ってくるはず。
●フロントサイドは、「左手を外に振り、股関節を正面に折りながら、右手で左足の前にタッチダウン」する姿勢。(Reg)
●バックサイドなら、「お尻を落とし、左手を開きつつ、右手を回し込みながら、右足の踵に乗る」姿勢。(Reg)
(ステップバックの抜重から、ターン基本姿勢にパッと一瞬で入れるように鏡を見ながら、部屋トレする必要が多々ありました。 特に股関節・膝の角度・肩甲骨含む背筋・目線・丹田意識などがチェックポイント。)
※股関節は「上からグッと折り込む」と言うよりも、抜重と共に「すくい上げる感覚」で畳むと力が抜けて良いかも知れません(仮説段階)
ステップバックを、サーフスケートで練習(maohtoda)

リズムを、呼吸で作っていく説


イメージした走行ラインにリズム良く入って行くためには、 いかなる段階でも「リラックスして柔らかく体が連動する状態」を保つ事が必要。 (そのためには・・・パドル抜けの脱力・テイクオフの精度・基本姿勢を保つ筋力・先行イメージ作りを一つ一つ遡って確認する必要アリ)
具体的には、 1「お尻意識での体軸の傾き」(ボトムターン)と 2「(抜重)上半身の下半身のクロスオーバー」(セットアップ) 3「Tポジ(肩甲骨)の旋回」(トップターン)を流れるようにつなげる必要があります。 (骨盤でのプッシュもできればベター)
※波待ちの時点で、波に押し上げられている時は「吸う」、下がっている時は「(長く)吐く」とオーシャンリズと
※荷重は横隔膜を下げ息を吐く。抜重は一瞬にして横隔膜を上げ息を吸う。 (呼吸とリズムの連動は、スケートでの反復無意識化が必要!)

ボトムターン時の姿勢・流れをサーフスケートで練習

フロントサイドのボトムターンは、ツイストさせてから骨盤に座る。(肘・頭・目線を水面に沿わせるイメージ) バックサイドのボトムターンは、骨盤に座ってからツイスト。(お尻を下げて、水面タッチ!軸足が効いた後に、右手で上半身のひねりを調整)
※ちゃんと骨盤に座り伸びあがれれば、ツイストの開放力でターンが伸びる!
【抜重】一瞬ノーズを岸に振って、ステップバックしてから ジワッ(3秒かける位ゆっくり)と軸足荷重(ウィリーさせるイメージ)・・・ 傾けて荷重していく。 背筋を伸ばし、右ひじと顔(アゴ)を水面に近付けて、股関節にツイスト力を貯めこんでキープ!
★【ツイストとスクワット】フロントサイドのボトムターンは、ツイストさせてから骨盤に座る。 バックサイドのボトムターンは、骨盤に座ってからツイスト。

抜重は、慎重に思い切って!

「後ろ足荷重でジワッと傾きながら」ターン弧の7割付近、ターーーーッチに入る部分で股関節にグッと力を貯めこんで、 タップ時に「傾きパワー」や「股関節ツイスト」の開放の伸びを最大限に生かした抜重をすることで、トップに失速せずに駆け上がって行けるハズ! (足首関節は固めてテールロッカーを腹圧伸展で前に押し出すイメージ=ブランコのプッシュ)
※海面タップは指先だとレールが抜けにくいので、手首を返して手のカカト部分でタッチする意識だと、カカト側のターンに入れる。

「ボトムターン後半のタメ」があってこその抜重

(おさらい) 力のあるボトムゾーンで、一旦ノーズを岸に向けてから、コンプレッション。 背筋伸ばし骨盤全体で圧をかけ(特に右足の親指)にジワッと荷重。
波に寄りかかりながら、傾きをキープ。 (背筋を伸ばし、お尻に乗る事!)
ターンの最後は、自然と軸足に体重が乗ってくるので・・・
★水面をタッチではなく、「ターーーーーッチ!」(←このタメが超重要)
★タッチの最後で「上にポンッ!(=荷重ゼロのリラックス状態)」リズムを作ってからプレーニングに向かう。
【タッチの注意点】この「タッチ」は、(先をタッチしようとすると上半身が体軸から外れてしまうので) なるべくボードの近く=傾いた体の真下を「お尻の落とし」でタップするイメージ。
★(FSのトップへ向かう時)タップした手の平は直ぐに波側に返す「波の斜面に沿って、 すり上げていく(左手は進行方向をなめていく)」と波の角度に体軸を合わせる事ができる!
★抜重は、ゆるやかに伸びあがり、蹴り込まない! ここで、骨盤のねじれを解消しながら、右膝・背中、全身を使ってスッと上に抜く感じ!
(スケート練習での参考動画 → なんでも基本が大事。一つ意識変えるだけでサーフィンが変わリます。(アラシムラタ)))
【FSトップへのアプローチ姿勢】上半身は波に正対する感じで=プリケツアロー姿勢で 軸足意識のプレーニングで、ボードをフラットにして波を駆け上がる。(この時にリップを突き抜けるぐらいスピードが出ていなければ、トップターンは仕掛けないこと。)
★タッチからの抜重の時、隠れ一番重要なのは「左手の動き」
前提として(Regフッターのフロントサイド)ボトムターンのキープ時、左手は外に振りだされていることに注意。 右手のタッチの後、左手も同時に振り上げると抜重に勢いが付くので、スムーズにカカト側のトップターンに入れる! (手の平を下にタメて、ウーンパッ!という感じで手の平を向こう側に返すと良いかも)


ボトムターンのエラーチェック

★フロント側のプレスの時に、股関節を単純に折って倒れ掛かると、前に突っ込み過ぎてしまう。 上丹田と太ももの上部にある重心をバランスよく折り曲げる意識でプレスの姿勢に入る事。 (一段目は、膝高のプレス、必要があれば2段目の低いプレス(水面タッチ)と、2段モーション作戦も有効)
※下から上に(前モモ筋でグン)はNG!
(今までは自力で上がっていくイメージが強すぎてレールが抜けず力んでいた)
※【チェックポイント】フロントサイドのボトムターン(私はレギュラーフッター)でさえも、カカトに乗って腹圧をかけてから傾いていく意識が大事。 (爪先に力が入り過ぎてしまうと、前モモに力が入ってしまって終了!母指球で傾いていって抜重の直前だけ爪先をギュッが良いのではないかという仮説検証中)
※ファーストターンのスプレーは絶対に狙いにいかない! 全体の流れを整えるボトムターンは、余力を残しパワーゾーンにフォーカスしていく意識。
※自分の癖として、波が大きくスピードが出ると、膝を曲げ過ぎて上半身が固まりトップターンが詰まってしまう =前足重心過ぎると、Tポジの旋回が弱まり途中で止まる。

大きい波・・・ボトムターンでの視線

★大きい波のボトムターンでは、狙うトップを「あえて」見ない!
●下りながらトップを見ると、姿勢が立ち上がってしまうので、 一連のボトムターン後半までは波に視線や体を沿わせるように倒し続ける。 (視線はフェイスに沿わせながら、フェイスの先のリップを上目で捉えておく) 抜重した瞬間にトップ(リップ)を、やっと見る感じ!
※視線は向けるけど、顔は残す、動かさない。

★ボトムターンは、技では無く通過点。=傾きながら「姿勢をキープして動かない状態」
※自分の体の癖として、前傾・しゃがむ時に、内股になってしまうので、「両ひざ外(前傾・しゃがみながらも内股にならないで外意識)」で重心を下げる。 (重心を上げる時には、内股で良し。  → サーフィンのライディング上達に役立つ2つのワーク( Rev.wetsuits)
※ボトムターンは、テ−ルで行う意識が無いとレールが抵抗になってしまう。



【憧れの仮説】ターンの基本姿勢を極めれば、ボトムターンでドライブが生まれる説

ボトムでトップに向かってグンと踏み込んでしまう悪い癖があった私は、ボトムターンで踏み込まない練習を続けました。 結果、良い感じのターン弧を描いてボトムターンが出来るようになってきた気がしますが・・・ やっぱり、さらに荷重してドッドッドッ!というドライブ感のあるボトムターンをしたいという欲求が常にアリマス(笑)

そこで最近トライしているのは、もっと傾けて(上半身を含めた)体軸を崩さずにキープするために・・・基本姿勢の完成度を上げる特訓です。 具体的には、鏡の前での静的フォーム確認後、サーフスケートで練習しています。 基本姿勢を極めてボードに全体重と重力・遠心力を伝えれば、ボトムターンでのドライブ感が生まれるハズという仮説でトライしています。
※抜重の手前=ボトムターンの後半(RegFのFS)で右ひざを水面に差し込む意識でリーンアウトの態勢ができ れば、 抜重後すぐにカカト側のカービングに強烈に入って行けるのではないか・・・という仮説を元に試行錯誤の日々です(笑)

※抜重後・セットアップ(アプローチ)は、息を一杯に吸い込んで舌路を作って、内臓も引き上げて・・・全身を使って重心を上げていく勢いが大切・・・という仮説も検証中です。

パタゴニア




自然エネルギー展示室「ソーラーボーイズハウス屋久島」屋久島半日観光ツアー  | 食材の宅配・通販「みんなの産直」
自分で行う放射能被曝対策 |  クレジットカード選びのポイント |  賢い保険の選び方