【自分用サーフィンメモ】6'6"(ファンボード)でドライブするボトムターン


テイクオフ直後、ボトムターンに入る前・・・背筋真っ直ぐ・右手のセット、右足のセット、左肩甲骨の意識・・・ お尻・ハムを使っての傾く姿勢を準備してから、余裕を持ってボトムターンに入っていく。 (そのためには、テイクオフの質・背筋真っ直ぐ、お尻ハム荷重の姿勢が大事!)

【結論まとめ】テイク直後に前傾・背筋ピン・軸足荷重で傾く準備ができているか?で、ボトムターンの質が決まる! 「巻き上げの強いボトム面」を狙って、後ろ足荷重でジワッと傾きながら通過!

波の見方・パドル・テイクオフ・ステップバック等の基礎の見直し!
(ボトムターンは、ボトムターンに入る前段階で決まってしまうので、特に余裕を持ったテイクオフへの精度を高めるべし!)

ボトムでは何もしない=軸に乗って、体勢をホールド
(スムーズにボトムをレールターンしながら、フィンに溜まった水流を乱さないように維持する。=踏み込まない事!ギックリ腰!)

軸足意識からの、タップして抜重・・・
(フィンに溜まった水流を海面タッチをきっかけに、パッとレールを抜いて放出、軸足荷重と左肩甲骨意識で フェイス面に対して完全にフラットに登って行く。★この時のタップした手の平を「波の斜面に沿って、すり上げていく」と波の角度に軸を合わせる事ができる!)

自分のクセ「ボトムターンする位置が深すぎる場合が多い」
トップターン直前のボトムターンは、波のボトムの通過するラインを上げていかないとトップでスピードが無くなる。 (特に波高が高くタルイ場合は、ボトムターンを高めの位置で行う=波の上部から中腹までには、傾き始めるイメージ)
※トップに向かう前に体が伸びないように! テイクオフからボトムターンの流れ


テイクオフからボトムターンまでの流れ

★ボトムを通り過ぎトップターンまで、全ての時点で背骨を真っ直ぐ(胸を張る!)にして、 骨盤に重心を乗せる意識。(お尻筋で耐えるイメージ=膝を足より前に出さない)

★波が大きい時は、狙ったボトムを見て(大げさにボトムに顔を向けて)下りる意識 (ボトムが使えればアップスが必要無くなる=下りる加速と巻き上げの加速)
※逆に、波が小さい時は、ボトムに下り過ぎない事。

★ターン中もボードの下の海水の流れがブレないように、リラックスして軸をブラさない。 (ターン後半の抜重時に、テールから流れを一気に噴射して加速するイメージ。)

●ボトムターンの意識「波と一つになるためのセットアップ」 (あくまで、岸方向から横方向・・・トップターンへのきっかけなので、スピード重視でサラッと流しても良い)
※下から上に(前モモ筋でグン)はNG!
(今までは自力で上がっていくイメージが強すぎてレールが抜けず力んでいた) ※ファーストターンのスプレーよりも、(全体の流れを作るために) 余力を残しパワーゾーンにフォーカスしていく意識。

ボトムターンからトップターンへの流れ

【ライディング全てを、ハイライン基点に意識を変更】
理想は、早めのテイクオフからフッとトップに乗ってから、岸側に前傾で落ちていく。 板が走っていくので、その時点で軸足に荷重する。(板を岸に90度で落としながら、傾いていくイメージ)
★ボトムに下りる時点で右手を前に出して傾く準備、走行ラインのイメージ、 左肩の開きの意識、軸足荷重の確認、トップターンでの抜重のイメージができていれば、余裕ができる。
※軸足荷重と左肩甲骨意識、上体被せは常に意識として持っておく。 ※波が強い時は、ステップサイドをできれば意識。
★前荷重でダウンザラインしながら・・・できれば、ステップバック!
【ステップバックしてから基本姿勢】
ステップバックを、サーフスケートで練習(maohtoda)
フロントサイドのボトムターンは、ツイストさせてから骨盤に座る。(肘・頭・目線を水面に沿わせるイメージ) バックサイドのボトムターンは、骨盤に座ってからツイスト。(お尻を下げて、水面タッチ!軸足が効いた後に、右手で上半身のひねりを調整)
※ちゃんと骨盤に座り伸びあがれれば、ツイストの開放力でターンが伸びる!
一瞬ノーズを岸に振って、 ジワッ(3秒かける位ゆっくり)と軸足荷重(ウィリーさせるイメージ)させてから・・・ 傾けて荷重していく。 背筋を伸ばし、右ひじと顔(アゴ)を水面に近付けて、股関節に力を貯めこんで傾きをキープ! (行くときの右手タップ=抜重直前までボードの下の水流を乱さない意識)
フロントサイドのボトムターンは、ツイストさせてから骨盤に座る。 バックサイドのボトムターンは、骨盤に座ってからツイスト。


★ボトムターン時は、狙うトップを「あえて」見ない!
●下りながらトップを見ると、姿勢が立ち上がってしまうので、 一連のボトムターン後半までは波に視線や体を沿わせるように倒し続ける。 (視線はフェイスに沿わせながら、フェイスの先のリップを上目で捉えておく) 抜重した瞬間にトップ(リップ)を、やっと見る感じ! ※視線は向けるけど、顔は残す、動かさない。
★ボトムターンは、傾きながら、この過程の「姿勢をキープして動かない状態」
※自分の体の癖として、前傾・しゃがむ時に、内股になってしまうので、「両ひざ外(前傾・しゃがみながらも内股にならないで外意識)」で重心を下げる。 (重心を上げる時には、内股で良し。  → サーフィンのライディング上達に役立つ2つのワーク( Rev.wetsuits)

【抜重時の姿勢】

ボトムターンのタメからの抜重

(おさらい) 力のあるボトムゾーンで、一旦ノーズを岸に向けてから、コンプレッション。 背筋伸ばし骨盤全体で圧をかけ(特に右足の親指)にジワッと荷重。
波に寄りかかりながら、傾きをキープ。 (背筋を伸ばし、お尻に乗る事!)
ターンの最後は、自然と軸足に体重が乗ってくるので・・・
★水面をタッチではなく、「ターーーーーッチ!」(←このタメが重要) ★(FSのトップへ向かう時)タップした手の平は直ぐに波側に返す「波の斜面に沿って、すり上げていく(左手は進行方向をなめていく)」と波の角度に体軸を合わせる事ができる!
そして、抜重=ゆるやかに伸びあがり、蹴り込まない! ここで、骨盤のねじれを解消しながら、右膝・背中、全身を使ってスッと上に抜く感じ!
(スケート練習での参考動画 → なんでも基本が大事。一つ意識変えるだけでサーフィンが変わリます。(アラシムラタ)))
【FSトップへのアプローチ姿勢】上半身は波に正対する感じで=プリケツアロー姿勢で 軸足意識のプレーニングで、ボードをフラットにして波を駆け上がる。(この時にリップを突き抜けるぐらいスピードが出ていなければ、トップターンは仕掛けないこと。)

※ボトムターン前にステップバックしていない場合は、トップに向かう抜重時にステップバックしても良い。

※強くて大きいターンは、ガニ股で四股立ちの姿勢でキープ。
※厚い波でのボトムターンは、スープの下を走る意識。
※ライン取りは、ロングボードをイメージすると、大きくなって丁度よい。







自然エネルギー展示室「ソーラーボーイズハウス屋久島」屋久島半日観光ツアー  | 食材の宅配・通販「みんなの産直」
自分で行う放射能被曝対策 |  クレジットカード選びのポイント |  賢い保険の選び方