【自分用サーフィンメモ】カットバックのコツは、呼吸とリズム(ミッドレングス)


カットバックのは、早めの仕掛けが大前提。 呼吸とリズムで荷重と抜重をハッキリ出して、ラウンドハウスカットバックからのバッコンを狙う!

【結論まとめ】カットバックのコツは、呼吸とリズム! (急斜面でのカットバックを成功させるためには、低姿勢を保ちつつ「吸う抜重→吐く荷重→吸って当て込む」のリズムが大事。)

イメージしたラインをTポジ意識で、「低く、胸を開きながら」傾きを維持してカーブを引っ張って・・・からの当て込み!
(抜重の瞬間に、いかにTポジ傾き姿勢に素早く入れるかがポイント。)

ハイラインから仕掛けてみる!
(最後は、ラウンドしながら低くなりつつ、切り返し目標地点のスープ上部に、視線とフロントハンドでキッチリ戻る!)

カットバック独特の動きとリズムは、陸トレ・スケートで大袈裟に体で覚えこませる!



【気持ちの良いカットバックをするために・・・】

●スピードが付くまで仕掛けない=スピードなりのターン弧に傾ける意識

●右足がテールエンドに掛かってから仕掛ける! ノーズが刺ささる・レールが食ってしまうのは、テールエンドに乗れていないから。

●後ろ足荷重1000%の意識! ※ハイラインを下りる時点で、右手を前に出してボトムでの傾きの準備をして、 後ろ足に完全に乗った状態でトップに上がるイメージ。


【FSカットバックのチェックポイント】

脇を意識した、Tポジション!のキープ。 膝では無く、股関節とお尻で荷重・抜重する。
トップで回し込む右手は、右耳に付けて円を描くイメージ
その後、ジワッとお尻を後ろに落とす感じで左足は伸ばして、角付けをキープしてラウンドしながらスープの際を視線で捉える。

※Tポジションて回っていくと肩甲骨が寄るので、体の回旋が途中で止まらず、 最後までスムーズに回れる。(背中が丸まっていると、廻旋動作が止まる原因になる)

●カットバックの基本姿勢。

ターン時は、板と腰と肩の平衡を保つ。(目線キープのTポジション)
ターンの初動は、スッと重心を落として角付け=型を維持。 (態勢を作る前に顔をむけない。顔を先行させると前重心になるので、視線だけの意識。)
★「お尻に座ってから」ツイスト・・・骨盤に乗れるので、重心が高くならない。(爪先側のターンは顔、カカト側のターンはお尻を海面にグッと近づけるイメージ。)

【カットバックの流れ】おさらいします!(Reg.fのフロンドサイド)


ハイラインに持っていきながら、後ろの波をイメージ、 波に合わせてターン弧をイメージしてから基本姿勢に入っていく。 (目線上体リードではなく、体勢をまず作って足元を固める。 閉じたままカカト側に倒れ込む感じ。 傾いてレールがグッと入れば、そこから初めて胸を開いて上体を回して良し。)
ラウンドしていると重心が胸に上がってしまうので、 意識的に低くなってからスープ際にアプローチしていく。 ( 抜重で上がってくる重心を、意識的にスッーと低重心に落としこむ意識が大事!)

カットバック後半からリエントリー

(レギュラーフッターのフロントサイド)カットバックの最終段階で、 左手・肩甲骨・アゴ・右手など全身を使って廻旋をキープしてラウンドして来たと仮定します。 スープの際(なるべく波の上部)に来たら、 腹圧伸展で股関節のツイストを開放しながら、左脇を意識して左手を真上に引き上げ、回し込んだ右足に荷重点を作り一瞬キープ。
★そこから、左手を一気に振り下ろしながら、チェストオーバーザニーの姿勢でバランス復元。
さすれば、気持ちの良いダウンザラインが待っています(笑) ・・・このリエントリーの注意点は、焦って横に走らないで岸方向に下りる事です。



自然エネルギー展示室「ソーラーボーイズハウス屋久島」屋久島半日観光ツアー  | 食材の宅配・通販「みんなの産直」
自分で行う放射能被曝対策 |  クレジットカード選びのポイント |  賢い保険の選び方