【自分用サーフィンメモ】カットバックのコツは、呼吸とリズム(ミッドレングス)


Billabong公式通販 ビラボンオンラインストア

カットバックのは、早めの仕掛けが大前提。 波の状況に合わせた体の動きを、「呼吸とリズム」を使って無意識にできるまでスケートで反復練習。 (荷重と抜重をハッキリ出して・・・立ち上がり抜いてから踏んで、板をたわませるイメージ。)

【結論まとめ】カットバックの型は、サーフスケートで反復練習。コツは、なだらかな広いフェイスに高速で飛び込む事! (首でのリードでターン弧を調整、テール側のレール(プラス内側のフィン)で角付けをキープするイメージ。)

カットバックの自分なり動きとリズムは、サーフスケート反復練習で体で覚えこませる!

(呼吸とリズムが体に沁み込めば、海では波に合わせるだけで自然とできるようになります。)


【Rを描き切るポイント】 上半身の開きシロが無くなれば、それ以上引っ張れないので、体勢に余力を残して置く(一回トリム気味に閉じる動作を入れるのもアリ)。 右の手の指先でキッチリ最後までラウンド・ターンを仕上げる意識と同時に、切り返しのターンに焦らず余裕を持って入って行く。(フェイスに出る前の「波読み」が大前提)

【カットバック成功のコツ】

●スピードが付くまで仕掛けない=スピードなりのターン弧を描く意識

●後ろ足荷重の徹底!右足がテールエンドに掛かってから仕掛ける! ノーズが刺ささる・レールが食ってしまうのは、テールエンドに乗れていないから。

●慣れてきてハイラインから仕掛けられるようになれば、失速せずにラウンドしてスープ際上部に当て込めるようになります。 当初、ハイラインでは体が固まって動かないと感じる場合があると思いますが、 初動を「首から」動かす身体意識に慣れれば、スピードが出ている状況でもキッカケが作りやすくなります。
※右手を前に出してボトムでの傾きの準備をして、 後ろ足に完全に乗った状態でカットダウンしていき、勢いを維持したまま戻ったスープに乗り上げるようなイメージ。


【FSカットバックのチェックポイント】

まず、視線と首で型に入るキッカケを作ることが重要です。 あとは、 脇を意識した、Tポジション!の廻旋キープができれば、安定して回っていけると思います。
トップでの右手は、右斜め上方に手の平を向けるイメージ(右足カカトと連動)
★通称・・・カブキターン!上半身を先行させすぎずに、角付けをキープして板が回ってくるのを待つ。
ラウンドが終わったら、体のねじれを一旦解消してから、バックサイドのハーフボトムターンの要領でスープ上部を捉える。 (これは、ミニランプでのB/Sキックターンの練習で簡単にできるようになります。)

●カットバックの基本姿勢。

ラウンド時は、板と腰と肩の平衡を保つ。(目線キープのTポジション)
ターンの初動は、目線と首きっかけで、スッと重心を落として角付け=型を維持。
★「お尻に座ってから」ツイスト(左足は前に伸ばす感じ)・・・骨盤に乗れるので、重心が高くならない。

【カットバックのブラッシュアップ】(Reg.fのフロンドサイド)


まず、(できれば後ろのスープをイメージしながら)ハイラインに持っていきながら仕掛ける。 斜面に合わせてカットダウンのターン弧をイメージしてから基本姿勢に入っていく。
高速でラウンドしていると重心が胸に上がってしまうので、意識的に低くなってからスープ際にアプローチしていく。
スープの際(なるべく波の上部)に首で持っていきながら、 腹圧伸展で股関節のツイストを開放しながら、左脇を意識して左手を真上に引き上げ、回し込んだ右足に荷重点を作り一瞬キープ。
★そこから、左手を一気に振り下ろしながら、チェストオーバーザニーの姿勢でバランス復元。
この一連の動作をキッチリ完了する間を持っていれば、波の上部に持ち上げられます。 さすれば、気持ちの良いダウンザラインが待っています。(焦って帰ろうとすると逆に失速の原因になります。) ・・・そして、この後のリエントリーの注意点は、焦って横に走らないで(出来る限り)岸方向に下りる事です。


パタゴニア




自然エネルギー展示室「ソーラーボーイズハウス屋久島」屋久島半日観光ツアー  | 食材の宅配・通販「みんなの産直」
自分で行う放射能被曝対策 |  クレジットカード選びのポイント |  賢い保険の選び方