【自分用メモ】ミッドレングスで波と一つになるサーフィン


Billabong公式通販 ビラボンオンラインストア

「落ちながらテイクオフ」「横に走りすぎ」「トップターンを狙いすぎて、踏ん張り過ぎ」「波の水の流れを読めていない」という、 初級者が誰もが通る道を何とかクリアした(と思いたい)今、 派手なトップターンよりも、波をトリートメントするようなライディング =「波と一つになる」という究極で遥かなる目標を掲げてみました(笑)

【結論まとめ】脱力しながら、波と呼吸を合わすこと

【最重要は、とにかく基本姿勢=次に「型」の修得】
(自分のサーフィン中の姿勢を、もう一度疑ってみると、数々のエラーが見つかりました! 自分では、猫背になっていないつもりでしたが・・・ビデオで撮ってみると綺麗な猫背(笑)・・・基本姿勢が全てに影響すると肝に銘じて、基本姿勢から見直しています。)

【ボードを「やわらかい雲」イメージに変更】 踏み込まず波の力を利用して(=上への巻き上げ・リップとの落下・横への排出など水流を感じる)、ゆるやかな走行ラインへ!
(その波の水の流れに沿って、ゆっくり確実にターンを仕上げる。結果、抜けられなかったり、セクションを逃しても仕方がない。)

遠心力方向に体重を乗せてから・・・丹田から伸びるイメージで、首から始動!
(【すべの段階で首を上手く使う意識】ボトムターンでは、視線方向(リップ)に首をグゥーと伸ばすイメージの初動。 ボトムターンを抜けたら、首を横にギュっと捻じりながら前の手でリップを指をさす駆け上がりの型。 パァーッと開放のトップターンからの、首から頭の重さも利用しながらの落下=リエントリ)

【 脱力しながら、波との調和 】余裕=冷静な判断=脱力=高速サーフィン


このシークエンスでも、(大きい波なのに)力みを感じるコマが見当たりません。
「基本姿勢や各段階での型がキマッている。」ので、スピードを体軸と骨で受け止める事ができる。 =結果的に、アウターマッスルは劣位=力みが無いので、常に柔らかく素早く動ける状態。(=スピードも出る!)
自分の経験では、 スケボーでシュミレーショントレーニング=状況に応じた「型」が無意識に出るように反復練習することで、 海では予測(波と合わす)だけに集中できるようになります。 (身体は、波の変化に合わせて「先行させたイメージ」通り勝手に動いてくれます。)
身体が「力み」を生みにくい基本姿勢や型は、このスケートトレーニングである程度獲得できます。 (体に力みが無いと、意識がクリアになるので「頭が真っ白!気付いたらパワーゾーンから外れてしまっていた・・・」というケースが減って行きます。)
冷静に「波とのリズムだけに集中」できる状態が続けば、 波の予測・ターンの選択も冴えてくるので、余裕を持った高速サーフィンができます。 (いつしか高速サーフィンへの「慣れ」が、自分の限界を押し広げてくれます・・・好循環が生まれれば、どんどん上達していきます!)

最近、海で気付いたことは、「サーフィンの上手さ」と「リラックス具合」は完全に比例するのかも知れないと思った次第です。
力が入り過ぎて力んでしまう=その時、「力が入らざるを得ない姿勢(身体の使い方)になってしまっているのでは?」 という仮説。 (「間違った姿勢や体の動かし方」が原因で力んでしまうのであれば、正しい姿勢・正しい身体の使い方を憶えれば、「力み」が防止できるのでは?)
結論としては、正しい姿勢を作った上で、ゆったり動くことができれば、力みが生じずにリラックスした動きができると思います。 (海の中で生活している魚は、背骨ウネリやの胴体で動いています。手足・アウターを使わず 視線・首からウネルように動く方が、海の中では効率が良いのではないかと思います。)

この「力み問題」ですが、 自分が一番苦労したのが、(テイクオフの苦手意識から)滑り出し直前のスプリント・パドル時とポップアップ動作の2回も「力み」を生んでしまう癖でした。
※この一度発生させた「力み」は、ライディング最後まで抜け難い状態が続きます。

「体を力ませないパドルとテイクオフ動作」・・・改めて、上手い人・プロサーファーの動きを、その目線で観察してみると・・・ ほぼほぼ全員が獲得している必須のスキルで、当たり前すぎて語られることの無い部分のようでした。

・・・という事で、「体を力ませないパドルとテイクオフ動作を身に付けること」が、今年の第一目標となっております。 詳しくは、テイクオフのページに続きます。


【ロブ・マチャドのような】滑らかな超高速サーフィン

ロブ・マチャドが(力感が無くても)スピードが出せるのは、荷重(波のパワーとのコネクト)からの「抜重=抜き」が上手いからだと思います。 自分も「レールを踏んで押し込んでやろう」と思わないで、「四股立ち」でゆっくり傾く意識に変えた時からレール荷重が強くなった気がします。 (レールを波面に押し込むイメージよりも、傾きでスライスしながら前に出て行こうというイメージの方が良い気がしています。)



※加速するターンをするためには、遠心力方向に重心を十分に乗せてから、その圧をタイミングよく開放する必要がアリマス。 (私も、焦ってフィン性能でターンしてしまう癖があったので・・・遠心力方向に重心を乗せてから、一呼吸置いて傾いていく=レールに乗るタメを身に付けるのに苦労しました。) その感覚を掴むのに良い練習は、スケボーの「ミニランプ」です。遠心力のキャッチ&リリースを繰り返し練習できるので、タメと抜重(抜き)を自然と身体が憶えてくれます。

その波で出せる最大スピードを出す方法

常に一つ前の段階での「イメージ予測と体勢準備」が、波との同調を実現する気がします。 (=「こうなってくるだろうから、このラインで突っ込んでみよう」と予測できれば、 余裕がリラックスを生み、結果としてスピードアップしていくという仮説です。)
「トップターンは、ボトムターンで準備が出来ていないと上手くいかず、 ボトムターンは、テイクオフ直後に準備が出来ていないと上手くいかない。」 常に、一つ前の段階で、体勢を作り・イメージができていると、余裕ができる。 リラックスしていれば、少ない動作で波のパワーを利用できるので、 意識的に「TOP to 岸 方向」を使える=スピードが上がる(ハズ)!
※ある程度の得意なパターンを(繰り返して)身に着けていくのも良い方法だと思います。 (余裕を作るためのオススメ動画 → 上手く出来る必勝パターンの記憶を作る7ステップ(Rev.wetsuits)

首(頭)と、Tポジション&骨盤の「やわらかい」連動



実は私(骨盤の後傾した40代)「背筋真っ直ぐ」だけ意識して、 背筋を伸ばしてガチガチにライディングしていたら、ギックリ腰になってしまいました(笑) (「背筋真っ直ぐ意識で、腰も反らせる」は、NG! 脊柱ラインを、柔らかく骨盤に乗せ股関節をクッションにしながら、リラックス!=棒を担いで、ヒップビハインドの姿勢でカニ歩きするとイメージを取り戻し易い)
★Tポジションを骨盤に乗せた上で、「伸ばす」「丸める」「ひねる」動作を、(丹田を意識しながら)脊柱ラインで柔らかく使い分けることが大事。
※骨盤に乗ったTポジを振り回してターンするのでは無く「前後左右にバランス良くしならせる」イメージ。(=首の軟かい初動が重要!)

★最近、気付いたのはトップターンの時に、Tポジが先行しすぎて骨盤が置いて行かれる(力が流れて行ってしまう)パターンが多いこと。 改善策として仮説検証中なのは、Tポジと左右の骨盤を結んだ四角形をイメージする事。 ← 勝手に「スクポジ(スクエア・ポジション)」と命名(笑)これだと、捻転し過ぎを防げて丹田意識でグッと力がボードに伝わる気がしています。

【検証済】確実に即効性があった陸トレ

ここ数年、上達していない気がする私ですが(笑)、確実に効果のあった陸トレがありました。 サーフスケートでのターン練習ミニランプでのリッピング練習です。 この2つは、(劇的効果があったので)もっと若い時にやっておけば良かったと反省中です(笑) でも、やれば確実に上手くなるので、全力でオススメできる練習です。
でも隠れ一番の陸トレは、テイクオフの立ち上がり動作です。地味すぎて、やる気が湧かないのは、私もそうでした(笑) これも若い時に真剣に取り組んでおけば、もっとすんなりできたのになぁと今となって反省の日々です。



パタゴニア


【隠れ結論】とにかく「脱力」が最大事だと分かっていても・・・

一生懸命になればなるほど、パドルはガシガシ漕いでしまう・テイクオフは落ちて行ってしまう・ターンは踏み込んでしまう・・・ 上手くいかないから「ここが悪いのかな、ここ意識で、これでやってみよう」考えて実践のつもりが・・・そこに力みが出て不具合が出てしまう。( ← こんなブログを書いている私自身です!) 要するに、、、「一生懸命にならずにリラックスして、(何も考えずに)フィーリングでやってみる!」これが脱力=上達の近道ですな(笑)
※上手い人に「今の、どうやってやるの?」と聞いても、的確に教えてくれた事って皆無に等しいですよね・・・つまり、脱力を上手く使えるサーファーは、 「(考え過ぎずに)フィーリングで感覚を掴んでいる。=言葉で的確に人に伝えられないのでは?」という仮説です。

マイボードの紹介「ニール・バーチェス・ジュニア」

自分の体格は、170センチ75キロのガッチリ(ぽっちゃり笑)体型です。
ここ数年 7’2”のジェリーロペスのチーターをメインボードにして、 波によってアルメリックのニューフライヤー(6’2” 35L)に乗っていました。
ジェリーロペスのチーターは、サイズが上がってくると最高なのですが、もう少し動いてほしいという欲望があり、 アルメリックのニューフライヤーは高性能で楽しいですが、波にパワーが出てくると軽さが心もとないという感想でした。
そこで、自分の体格に合うボードを探していましたが、良い出会いがありました。 ニール・バーチェス・ジュニアの2プラス1(6’6”21 2’1/2)です。
テイクオフが2テンポ早くなり、120%加速性能が上がり、ターンのキレが5倍くらい上がった気がします(願望込み) なによりデカい波でも安心してボードを傾けられるので、波のパワーを物凄く感じるようになりました。





自然エネルギー展示室「ソーラーボーイズハウス屋久島」屋久島半日観光ツアー  | 食材の宅配・通販「みんなの産直」
自分で行う放射能被曝対策 |  クレジットカード選びのポイント |  賢い保険の選び方