【自分用メモ】ミッドレングスで波と一つになるサーフィン


Billabong公式通販 ビラボンオンラインストア

「落ちながらテイクオフ」「横に走りすぎ」「トップターンを狙いすぎてコケる(踏ん張り過ぎ)」という、 初級者が誰もが通る道を何とかクリアした(と思いたい)今、 派手なトップターンよりも、波をトリートメントするようなライディング =「波と一つになる」という究極で遥かなる目標を掲げてみました(笑)

【結論まとめ】やわらかい雲に乗って、波とダンスしながら上陸するイメージ

【最重要は、基本姿勢=肩甲骨意識のTポジション】 その前に、波の見方・パドル・テイクオフ・ステップバック等の基礎を見直し!
(一度「できた」と片付けたサーフィンの基本を、もう一度疑ってみると、数々のエラーが見つかりました! まずは、自分的に一番効果があったであろう気付きは、基本姿勢でした。 自分では、猫背になっていないつもりでしたが・・・ ビデオで撮ってみると綺麗な猫背(笑)・・・さらに、足指の感覚・股関節・お尻・頭首目線・腕の使い方・・・。)

【ボードを「やわらかい雲」イメージに変更】 踏み込まず波の力を利用して、ゆるやかな走行ラインへ!
(今までは自力で踏ん張って波のトップに上がっていくイメージが強すぎて・・・ 力一杯に踏ん張っていたので、体が固まり旋回が詰まっていました。)

【トップターンは、ダウンザラインの入り口】もっとリエントリーを美しく!
(常に目線はハイライン基点で、岸方向を使う時はボトムまでキッチリ落とす。 ボトムターンで踏ん張ならければ、トップターンもサラッとリラックスしてできるようになる。 トップターンはハーフターンでも良しとして、リエントリー後の岸方向へのダウンザラインを大切にする!)

台風シーズンになって・・・一番最近に思う事は、いつの間にか自分的クローズの波が小さくなっていた事。 「なんとか入れそうだけど、しんどそうだから止めておこう的な・・・」これはイカン!と思っている次第です。 気付いたらテクニカルな部分にばかり気にしていて、もっと大事なフィジカルの部分、もっともっと大事なマインドの部分の準備を怠っていました。 今からでは遅いかもですが・・・大波用ボードを倉庫から出して、苦手な筋トレとストレッチを始めています。 「SURF is where you find it」を読み返して「マーヴェリックス」を見て・・・明日に備えて、寝ます(笑)


【基本姿勢】カッチリ筋トレした上で「ゆるむ」


丹田を意識しながら、Tポジションと骨盤の「やわらかい」連動

「脊柱ラインと肩甲骨のTポジション」を 骨盤に乗せた姿勢が基本姿勢ですが・・・ 実は私(骨盤の後傾した40代)「背筋真っ直ぐ」だけ意識して、 背筋を伸ばしてガチガチにライディングしていたら、ギックリ腰になってしまいました(笑) (「背筋真っ直ぐ意識で、腰も反らせる」は、NG! 脊柱ラインを、柔らかく骨盤に乗せ股関節をクッションにしながら、リラックス!)
★Tポジションを骨盤に乗せた上で、「伸ばす」「丸める」「ひねる」動作を、(丹田を意識しながら)脊柱ラインで柔らかく使い分けることが大事。
※骨盤に乗ったTポジを振り回してターンするのでは無く「前後左右にバランス良くしならせる」イメージです。
基本姿勢で意識する体の部位=「丹田」「肩甲骨」「股関節と脇」「お尻」・・・
「ボードを無理矢理に動かさない」「フワッと抜いて落とす」と心がけてリラックスして走り、 ターン終盤のドライブ時だけ(足首関節と膝を固定して腹圧を使い) 「体軸・重心の傾きを余すことなくボードに伝える(波を上下方向で無く、横方向へ押すイメージ)」ことに集中しています。
(波の横方向へ)の腹圧伸展・・・からの抜重(横隔膜の引き上げ)がドライブ感を出す最大のポイント(かも知れないという仮説)
(基本姿勢を確認するためのオススメ動画 → 家でできるサーフィン上達レッスン(WAVETRIP)
★最近、気付いたのはTポジが先行しすぎて骨盤が置いて行かれる(力が流れて行ってしまう)パターンが多いこと。 改善策として仮説検証中なのは、Tポジと左右の骨盤を結んだ四角形をイメージする事。 ← 勝手に「スクポジ(スクエア・ポジション)」と命名(笑)これだと、捻転し過ぎを防げて丹田意識でグッと力がボードに伝わる気がしています。 (頭を立てて胸椎一番意識でスクポジを上に吊るイメージ。手の平を下に向けて海面を抑える重心方向。)

【スピード】ロブ・マチャドのような・・・

「涼やかな笑顔で、凄いスピード」サーフィン

その波で出せる最大スピードを出すために・・・ ★一つ前の段階でのイメージ準備を心がけています。(=余裕がリラックスを生みスピードを生むという仮説です。)
「トップターンは、ボトムターンで準備が出来ていないと上手くいかず、 ボトムターンは、テイクオフ直後に準備が出来ていないと上手くいかない。」 常に、一つ前の段階で、体勢を作り・イメージができていると、余裕ができる。 リラックスしていれば、少ない動作で波のパワーを利用できるので、 意識的に「TOP to 岸 方向」を使える=スピードが上がる(ハズ)!
意識的に呼吸でリズムをとる(荷重は吐いて沈む、抜重は吸って上げる。特にターン後半では、強く吐く!)とスピードに乗る感じが出てきました。
※自分の悪い癖として、スピードに乗ってくると(呼吸が止まり)トップでボードが離れていく法則がアリマス・・・ その中で上体を浮かさず体軸をブラさないためには「お尻で操縦する意識」「スピードが付いてきたら、上体被せを強める」をトライしています。 (基本姿勢を崩さず、お尻で操縦するためのオススメ動画 → Surf Simply's Quick Tips - Using Hips to Transition Weight



最近の海でのチェックポイント


今、現在サーフィン中に気を付けていることは「体勢を低く重心をステイダウン(特にターン時は、Tポジに骨盤遅れると圧が抜ける。)」 「踏み込まないで、(やわらかく) 抜重を意識」「視線とリーディングアームを最後までキッチリ使う(岸方向にフィニッシュをピタッ!)」 「胸郭を開き続ける。Tポジでの旋回動作(スピードが出ると胸が丸まってしまう癖がアリマス)」の4点です。 この4点だけでも・・・ライディング中は意識していられないので、陸トレとスケートで体に覚えさせてから、海の中ではリズム(呼吸)だけ気を付けています。
※肩甲骨と骨盤意識で動きながら、「腹筋も意識と言うよりも・・・丹田で全体のバランスを取る意識」に変えたら、重心軸が収まる様になってきた気がします。

(余裕を作るためのオススメ動画 → 上手く出来る必勝パターンの記憶を作る7ステップ(Rev.wetsuits)

「修正してる最中」:自分なりの基本姿勢とターン時の体勢

最近になって改めて思うのは、無意識にとる基本姿勢って大事だなと言う事。 基本姿勢が決まらないと、スピードに乗れず、ボトムターンもトップターンもバランスが崩れてしまいます。 逆に考えれば、基本姿勢とターン時の型が決まれば、安定したサーフィンができるという事なのかなという仮説から・・・ ニュートラルポジションでの型・ターン時の型を、パッと一瞬で無意識に取れるように陸トレ→サーフスケートで練習しています。
    基本姿勢(最近の注意点)
  • 頭・胸椎一番は、いつも立てておく。Tポジ・骨盤まで綺麗な背筋。
  • 骨盤を下げと肋骨を上げ、空間を空けた場所に丹田意識の重心を置く。
  • 波によってスクワット・スタイルと両膝前のバイシクル・スタイルを使い分ける。
  • 足がべったり居つかないように、足指の感覚を研ぎ澄まして足を股関節でいつでも引き抜けるようにしておく(仮説) 廻旋動作は、ピョン吉リードからの、首ごと視線・肩甲骨意識のTポジ初動
  • バックサイドは手の平を返す等、手の平の向きも気にする。
基本姿勢で一番のポイントは、頭から骨盤までの綺麗な背筋ライン。次に、左手(左肩甲骨)を巻き込まないように、外に振りだしておく事です。
※視線を使うときは、三目小僧じゃないですけど、第三の目で視線を使う意識にすれば、頭ごとキッチリ視線が使える気がしています。
    ボトムターンの型
  • 股関節を後ろに引き抜く感覚で、上半身を少し前傾。
  • 抜重と同時に、フロントなら右手プレス、バックサイドならお尻を下げツイスト。
フロント側のボトムターンで一番のポイントは、ステップバックの後の右手プレス。(右手で無理のない重心の頂点にプレスするイメージ)
バックサイド側のボトムターンで一番のポイントは、左手のリードと共に「右手を外で上方向に上げる」事。 (右手を回し込みすぎると右カカトの荷重が弱くなるので、ガマンしてスクポジをキープするイメージ)
※回し込む時は、アプローチに入りレールを抜く時。
    トップターンの型
  • 「ヘッドアップから骨盤のライン意識」「波の斜面に体軸を合わす」
  • フロントサイドは、上半身を重力に垂直キープ。バックサイドは左手のリード。
  • タイミングでTポジで遠心力を発生するぐらい強く廻旋(頭と胸椎一番は保持)
トップでの廻旋動作は「先行させすぎない、軸足で遠心力を感じてから動く」が今のチェックポイントです。
※足元の圧を感じて骨盤とお腹を使って、鳥になったイメージのTポジを押し出すイメージ。
フロントは、ガマンと右手のポジション。 バックサイドは、右手の動ぎとヒップローテーション意識。



パタゴニア


マイボードの紹介「ニール・バーチェス・ジュニア」

自分の体格は、170センチ75キロのガッチリ(ぽっちゃり笑)体型です。
ここ数年 7’2”のジェリーロペスのチーターをメインボードにして、 波によってアルメリックのニューフライヤー(6’2” 35L)に乗っていました。
ジェリーロペスのチーターは、サイズが上がってくると最高なのですが、もう少し動いてほしいという欲望があり、 アルメリックのニューフライヤーは高性能で楽しいですが、波にパワーが出てくると軽さが心もとないという感想でした。
そこで、自分の体格に合うボードを探していましたが、良い出会いがありました。 ニール・バーチェス・ジュニアの2プラス1(6’6”21 2’1/2)です。
テイクオフが2テンポ早くなり、120%加速性能が上がり、ターンのキレが5倍くらい上がった気がします(願望込み) なによりデカい波でも安心してボードを傾けられるので、波のパワーを物凄く感じるようになりました。





自然エネルギー展示室「ソーラーボーイズハウス屋久島」屋久島半日観光ツアー  | 食材の宅配・通販「みんなの産直」
自分で行う放射能被曝対策 |  クレジットカード選びのポイント |  賢い保険の選び方