【自分用メモ】ミッドレングスで波と一つになるサーフィン


「落ちながらテイクオフ」「横に走りすぎ」「トップターンを狙いすぎてコケる(踏ん張り過ぎ)」という、 初級者が誰もが通る道を何とかクリアした(と思いたい)今、 派手なトップターンよりも、波をトリートメントするようなライディング =「波と一つになる」という究極で遥かなる目標を掲げてみました(笑)

【結論まとめ】やわらかい雲に乗って、波と一緒なって岸に(調和を楽しみながら)押し寄せるイメージ

【最重要は、基本姿勢=肩甲骨意識のTポジション】 その前に、波の見方・パドル・テイクオフ・ステップバック等の基礎を見直し!
(一度「できた」と片付けたサーフィンの基本を、もう一度疑ってみると、数々のエラーが見つかりました! まずは、自分的に一番効果があったであろう気付きは、基本姿勢でした。 自分では、猫背になっていないつもりでしたが・・・ ビデオで撮ってみると綺麗な猫背(笑)・・・さらに、足指の感覚・股関節・お尻・頭首目線・腕の使い方・・・。)

【ボードを「やわらかい雲」イメージに変更】 踏み込まず波の力を利用して、ゆるやかな走行ラインへ!
(今までは自力で踏ん張って波のトップに上がっていくイメージが強すぎて・・・ 力一杯に踏ん張っていたので、体が固まり旋回が詰まっていました。)

【トップターンは、ダウンザラインの入り口】もっとリエントリーを美しく!
(常に目線はハイライン基点で、岸方向を使う時はボトムまでキッチリ落とす。 ボトムターンで踏ん張ならければ、トップターンもサラッとリラックスしてできるようになる。 トップターンはハーフターンでも良しとして、リエントリー後の岸方向へのダウンザラインを大切にする!)



【基本姿勢】カッチリ筋トレした上で「ゆるむ」

Tポジションと骨盤の「やわらかい」連動

「脊柱ラインと肩甲骨のTポジション」を 骨盤に乗せた姿勢が基本姿勢ですが・・・ 実は私(骨盤の後傾した40代)「背筋真っ直ぐ」だけ意識して、 背筋を伸ばしてガチガチにライディングしていたら、ギックリ腰になってしまいました(笑) (「背筋真っ直ぐ意識で、腰も反らせる」は、NG! 脊柱ラインを、柔らかく骨盤に乗せ股関節をクッションにしながら、リラックス!)
★Tポジションを骨盤に乗せた上で、「伸ばす」「丸める」「ひねる」動作を、脊柱ラインで柔らかく使い分けることが大事。
※骨盤に乗ったTポジを振り回してターンするのでは無く「前後左右にバランス良くしならせる」イメージです。
基本姿勢で意識する体の部位=「肩甲骨」「股関節と脇」「お尻」・・・ そして「最大荷重時の腹圧・・・からの抜重(横隔膜の引き上げ)」がドライブ感を出す最大のポイント(かも知れないという仮説)
「ボードを無理矢理に動かさない」「フワッと抜いて落とす」と心がけてリラックスして走り、 ターンのドライブ時だけ(足首関節と膝を固定して腹圧を使い) 「体軸・重心の傾きを余すことなくボードに伝える」ことに集中しています。
(基本姿勢を確認するためのオススメ動画 → 家でできるサーフィン上達レッスン(WAVETRIP)

【スピード】ロブ・マチャドのような・・・

「涼やかな笑顔で、凄いスピード」サーフィン

その波で出せる最大スピードを出すために・・・ ★一つ前の段階でのイメージ準備を心がけています。(=余裕がリラックスを生みスピードを生むという仮説です。)
「トップターンは、ボトムターンで準備が出来ていないと上手くいかず、 ボトムターンは、テイクオフ直後に準備が出来ていないと上手くいかない。」 常に、一つ前の段階で、体勢を作り・イメージができていると、余裕ができる。 リラックスしていれば、少ない動作で波のパワーを利用できるので、 意識的に「TOP to 岸 方向」を使える=スピードが上がる(ハズ)!
※自分の悪い癖として、スピードに乗ってくるとトップでボードが離れていく法則がアリマス・・・ その中で上体を浮かさず体軸をブラさないためには「お尻で操縦する意識」「上体被せを強める」をトライしています。 (基本姿勢を崩さず、お尻で操縦するためのオススメ動画 → Surf Simply's Quick Tips - Using Hips to Transition Weight



最近の海でのチェックポイント


今、現在サーフィン中に気を付けていることは「体勢を低く」「踏み込まないで、(やわらかく) 抜重を意識」「視線とリーディングアームを最後までキッチリ使う(特に岸方向)」 「胸郭を開き続ける。Tポジでの旋回動作(スピードが出ると胸が丸まってしまう癖がアリマス)」の4点です。40代男子、できればライディング中に笑顔も意識したいトコロ(笑)

(余裕を作るためのオススメ動画 → 上手く出来る必勝パターンの記憶を作る7ステップ(Rev.wetsuits)


マイボードの紹介「ニール・バーチェス・ジュニア」

自分の体格は、170センチ75キロのガッチリ(ぽっちゃり笑)体型です。
ここ数年 7’2”のジェリーロペスのチーターをメインボードにして、 波によってアルメリックのニューフライヤー(6’2” 35L)に乗っていました。
ジェリーロペスのチーターは、サイズが上がってくると最高なのですが、もう少し動いてほしいという欲望があり、 アルメリックのニューフライヤーは高性能で楽しいですが、波にパワーが出てくると軽さが心もとないという感想でした。
そこで、自分の体格に合うボードを探していましたが、良い出会いがありました。 ニール・バーチェス・ジュニアの2プラス1(6’6”)です。
テイクオフが2テンポ早くなり、120%加速性能が上がり、ターンのキレが5倍くらい上がった気がします(願望込み) なによりデカい波でも安心してボードを傾けられるので、波のパワーを物凄く感じるようになりました。





自然エネルギー展示室「ソーラーボーイズハウス屋久島」屋久島半日観光ツアー  | 食材の宅配・通販「みんなの産直」
自分で行う放射能被曝対策 |  クレジットカード選びのポイント |  賢い保険の選び方