【自分用サーフィンメモ】ミッドレングスでのリッピング


ミッドレングスでのリッピングは、もちろん波のシェイプも大事ですが、タイミングが一番です。 他のトップターンに比べて、タイミングが一瞬であり、動作も一瞬なので、エンドセクションで経験を積むしかないです。

【結論まとめ】ミッドレングスでのリッピングのコツは、リップを迎えるタイミングと一瞬の型!

いかにリラックスして波とのタイミングを合わすか・・・
(フェイスを登っている時点でスピードと余裕が無ければ、無理に仕掛けない。 掘れたセクションにタイミングが合う場合のみ!)

姿勢・型・体の動きは、陸トレ・スケートで体で覚え、海では無意識にできるように!
(トップでの型は、無意識になるまで陸トレが必要。猫背はダメ!胸を張って、背骨が真っ直ぐが基本姿勢。 )

ミッドレングスのボードの場合は、走行ラインが緩やかなので、オフザリップよりもカービング(ハック)・トップターンやカットバックを狙う事が多いと思います。 でも・・・どうしてもやりたくなってしまうのが、リッピング。 走っている間に、丁度よく掘れたセクションが見つけられた時のみ 仕掛けるようにしています。

リッピングのタイミング

ボトムに居る時に、初めてリップに気付いてからでは遅いので・・・
その日の波の状況で、ある程度「どこでリッピングのセクションができるか」の予測を立てておく。 ハイラインに居る時点で、「深くボトムに下りて、レールを抜いて、上がってくる」ターン弧とリッピングのイメージができていること。
※ファーストマニューバーでリッピングができればベストだが・・・ ライディングの終盤にアップスで加速してエンドセクションにリップが見つかった場合に仕掛ける事の方が多いかも。


【リッピングのための一瞬の型】(RegFのフロントサイド)

●「スピード」プラス「波の切り立ち」が条件
●レールを抜いてフラットに、リップを迎えてボトムに当てる!

★FSでの型のポイントは、「左手上げ」「右手は11時方向へ」 ※バンザイ・T旋回・肩ごしに首と視線をボトムへ。

FSリッピングでは、脇を意識した、Tポジションが最大事。
バンザイと同時に左肩を開き、トップで当たる瞬間に(首を下げて腹に力を入れて)捻じれを戻しながら万歳!
※ノーズが刺ささる・レールが食ってしまうのは、前膝が曲がっている=体重が前足に残っているから。 (アプローチで伸ばした前膝を当たった瞬間に引き付けるイメージ)
右手を上げるとカカトに強く乗れる。(右手前はNG)

●右手の巻き込みと同時に、首を下に折りながら左肩を引く=腰も回る。 (右手の巻き込みだけだと、腰が回りきらない。 左肩を引き、左手を振り上げて万歳の形を取り、前足を引き付ける!)

※リップ直後の右足は、蹴り込むのでは無く「胸に引き付ける」イメージ。
※テールエンドに乗れていれば、着水後にノーズが浮いてきてくれる。

【おさらい】FSリッピング

FSリッピングの廻旋動作は、陸トレで繰り返し練習

リップの場合は、一瞬の動作なので「リラックスして型を作り、リップをタイミング良く迎える」事が大切。 後は、 ボトムに体を落としていく意識を持ちつつ、両ひざを胸に引き付け・両足をお尻の下に引き寄せながら着水。 (バンザイのカタチで軸足意識で着水。左足でノーズを引き寄せて、両足でボードを挟み込むイメージ。)


FSリッピングの型=背筋Tでバンザイ・肩越しにボトム目線・左膝の引き付け
廻旋初動は、骨盤(股関節と腹筋)でグッと行い、腕や肩甲骨は、この体幹の意識の次に降られて出てきてバンザイする感じ。
※スケートのエンドオーバーで型とバランスを確認。
※トップターンで「迫力が出ないのは、腰が入っていないから」・・・膝でなく、腰!ピボットではなく、お腹!





自然エネルギー展示室「ソーラーボーイズハウス屋久島」屋久島半日観光ツアー  | 食材の宅配・通販「みんなの産直」
自分で行う放射能被曝対策 |  クレジットカード選びのポイント |  賢い保険の選び方