【自分用メモサーフィン】サーフスケート特訓のチェックポイント


Billabong公式通販 ビラボンオンラインストア

【久々にやると、どうもしっくり来ない・・・】サーフスケートあるあるの時は、 棒を担いで、ヒップビハインドの姿勢で屈伸するとイメージを取り戻し易い。(=背中側の筋肉を意識して、上半身と下半身の連動を強める感じ。 ヒップビハインドの基本姿勢で耐えてトップターンで開放の繰り返し。)

【結論まとめ】サーフスケートでのチェックポイントは、「Tポジションの動き」「視線・顔・上半身の(最後までキッチリの)リード」。

スマホ撮影で判明!
(「まだまだ背中が丸かった」など撮影してみて分かった事が多々ありました。)

陸トレ!
(撮影で分かった自分の体や動きのクセをストレッチ・筋トレ、反復練習で改善していきます。)

サーフスケート・・・
(もはやサーフィン練習の道具から、サーフスケート自体にハマってしまっています。)

    ●直近のチェックポイント・メモ(自分用)
  • まだまだ、背筋が丸い!

  • これは、棒を担いだスクワットで修正。

  • トップターンの最後が曖昧なまま、次のターンに・・・

  • 視線とリーディングアームを明確にボトムまでキッチリ使う意識で改善。

  • リエントリーもフワッとしている・・・

  • 左脇の引き上げてトップターンを仕上げたら、右手をキッチリ斜面に「指先を伸ばして」滑り込ませる意識が大事。

  • ターン時の重心が、とにかく高い!

  • 顔やお尻をオーバーな位に低く、地面スレスレ・ボードの傾きと上半身被せを常にキープ!

  • ボトムターンでのタメが短か過ぎる!

  • 左肩甲骨を外に振りだしながら、傾きをキープする姿勢(リーディングアームでのタッチタァッーーーーーーーーーチ)を意識的に長く取る。

  • ★ターン後半の腰の押出しも確認。

  • 抜重直前の伸び上がりと同時に骨盤を前へ!

  • ★スラロームで爪先側は膝内旋、カカト側は外旋(くるぶし下に乗る)の癖付け。

  • これも忘れがち・・・特にカカト側ターンでのスクワットした形での膝外旋を意識。

  • アップス動作が、コチョコチョ細かすぎる。

  • 体全体(特に脇全体で体を上に引き上げる動作)と視線とリーディングアームを明確に使った大きなアップス!

  • Tポジションでの旋回が弱い!

  • 視線とTポジ(お尻も)を使って、旋回中も「ギュッーとさらに」先に引っ張り続ける!

  • リエントリーで失速する!

  • トップターンをキッチリ仕上げてから、抜けで低いまま抜重して落ちていけるように、旋回しながらも低くなり続けて、テイクオフ時のようなバランス復元ができるように・・・(なりたい)

  • ※カービングに迫力がない!

  • 要するに、先行動作で体が流れ爪先に体重が残ってしまっているので、カカト荷重を向こう側に押し込めてしない状態。 「お尻を落とす」「スクポジの完成度を高めてツイスト力アップ!」「股関節と腹圧(フンっ!)」「骨盤を前にグライド(お尻をグリン)」(イスに座った意識で、膝は使わない事)
平地では、まず基本姿勢とターン時の基本姿勢のバランスを確認します。 爪先側のターンでの三角プレス(両足と前の手)、カカト側ターンでは歌舞伎ポーズ(ガニ股で右手を上やや後方)をゆっくり繰り返します。 全段階で、頭まで真っ直ぐでスクエアポジションを意識します。
    ●ランプでのチェックポイント・メモ(自分用)
  • 視線を上げて、首・胸・背骨も真っ直ぐに!
  • ピボットしないで、大きなラインをイメージする。
  • 先行しすぎない。斜面を感じて、スクポジを意識。
  • 頂点での姿勢チェック(斜面と軸を合わす。特にカカト側は、スクワットで膝外旋の型。)
  • 頂点での動作。先行させ過ぎないでガマン・・・左足を伸ばして右足でプッシュすると同時に、ボトム側にピョン吉
  • バックサイドは、お尻のローテーションとTポジを確認。(カービングやカットバックは要練習)
  • スクポジのツイスト力に遠心力が加われば、板が簡単に返る(踏み込むと回らない)
平地のスケートでは、だいぶん姿勢が良くなり、重心移動もスムーズになってきましたが、ランプでは元のダメダメに戻ってしまいます。 おそらく安全第一で回ろうとして、自然と身についてしまった動きなんだと思います・・・トホホ

  • サーフスケートでチェック
  • 動き出しの前は必ず、一呼吸入れて体幹意識=息を吐き、みぞおちを丸め、お尻の穴を締める。 (パドルの前・ボトムターンの前・トップターンの前)=体幹からの動作で、骨で動ける。
    ステップバックから、(お尻と股関節で)ウッーと沈んで(両膝は外に開いて)右足の母指球に荷重。 両足の意識する場所は、「右足の脛の外側」と「左足の脛の内側」
    ★Reg仮定で「ボトムターンに傾く瞬間」「抜重してトップに上がる瞬間」、左手を体の外に残して(左肩甲骨を意識)すぐにTポジに入る確認! (抜重直前の伸び上がりと同時に、骨盤を前へグラインド!)
    ★足裏感覚の確認=外くるぶしの下・母指球・足指のスーパー・パー!(足首は固める)

    カービングのフィニッシュのカタチ・腕の動きも確認。 (重心移動と最後の重心下げができているか)
    ★スケートでは、常に「脱力と荷重のメリハリ」を大げさに意識する。
    ※重心の上下は、肘を使う=肘と横隔膜は連動。左右の重心移動は手の平を使う=薬指と体幹は連動。
    ※クセの猫背は、絶対にダメ!(特に廻旋時は、胸を張ってTポジション・・・But腰は反らない様に!)
    ターン時に後ろ膝はもちろん、前膝も内側に入ってしまう癖があるので、正面を向けるように気を付ける。
    ※ガニ股でオープンロータス・スクワット=しゃがみながら膝外旋、内旋しながら立ち上がる。
    ※両腕がU字パイプになったつもりで固めると、廻旋が決まる(かも)
    ※重心のパワーポジションは、ゴムベルトをスケートのウィールの間にくぐらせて、引き上げながら滑ってみると探せる説も検証中。


    理想の体の動き方


    意外と手強い「閉じてしまう」左手(左肩甲骨)

    癖付けに苦労したのは、左肩甲骨=リーディングアームの開きです。
    まず、FSボトムターン(Reg)のプレスの時点で、左手は外に振りだしておかないと、ツッコミ過ぎてしまいます。 そして、ボトムターンの抜重を終えて、波を迎える時点でも左手は外に開いていなければ、詰まってしまいます。 さらに、トップターンの最終荷重でも左手のリードが最大事であり、左手を振り上げる事で、右足に荷重が乗り切ります。

    肩甲骨と骨盤は連動しているので、左手の位置=左肩甲骨の意識ができている時は、全身バランスが良く動けるような気がします。 ですが・・・特に波が張っていて自分もスピードが出てくると、体が丸まり左手が閉じてしまう悪い癖がでてしまいます。
    サーフスケートでは、左手動きを左肩甲骨意識で確認しています。




    【追伸】現在、挑戦中のサーフスケート特訓は、大き目の平たい樽に水を入れてボトムターン(傾いてもこぼさないように) →  からのトップターン後半で背中側に水をバッシャン!と放り投げるという荒行です(笑) これは、ガマンするボトムターンと思い切って捻るトップターンが一発で身に付のでは・・・ 自分的には、確信があるのですが、周りのサーファーを巻き込んで検証中です。

    ※忘れていた「抱え込み抜重」・・・これも仮説ですが、抜重の時に浮き身を使って(伸び上がりでなく抱え込み抜重)全身の力を抜き、その後に腹圧と背中側の筋肉を使って伸展をかけると、ノーモンションで素早く切り替えができると思うので、スケートで意識的に練習しています。


    パタゴニア




    自然エネルギー展示室「ソーラーボーイズハウス屋久島」屋久島半日観光ツアー  | 食材の宅配・通販「みんなの産直」
    自分で行う放射能被曝対策 |  クレジットカード選びのポイント |  賢い保険の選び方