【自分用サーフィンメモ】足が出ない私が・・・上級者のテイクオフを目指す


未だに前足が出ない時がある私ですが、 水平を意識したテイクオフは、何となくできてきました。
「即ライディングに入れる」=「上級者のテイクオフ」を目指して試行錯誤している最中です。
※ボードから手を離した時点でライディングの基本姿勢が取れなければ、下り切る前に傾く準備が間に合わない。 =ステップバック・ボトムターンの余裕が無くなってしまうので、失速・ラインからも外れてしまう。

【結論まとめ】ポジショニングが8割! ボトムのパワーゾーンに、高い位置から落としていく。(体勢は取るけど、脱力で!)

波の見方・パドルの見直し!あせらず、プッシングでタイミングを見計うこと。
(まず、パドルの時点でボトムのパワーゾーンの狙いを付けておく。おっして、高低差を最大に使えるピークに入り込んで、落ち着いたテイクオフ動作。)

テイクオフ動作は陸トレで無意識になるまでやる!
(動作を分解して丁寧に体に覚えさせること。リラックスした基本姿勢からの逆再生も繰り返す。腰痛対策=ハイハイの姿勢意識・腰を反らない。)

目線をボトムのパワーゾーンに!厚い波は下へ、早い波は横へ・・・ラインは違えど、必ず落ちながらテイクにならないように!
(なるべく高い位置で立ち、狙ったボトムに下り切る前にステップバックして、体勢作り。)

    これまでに効果があった意識改革
  • 「パドルを弱める」=板をブラさない。正確な方向。
  • 「テイクオフを急がない」=常にハイラインを使う。
  • 「踏ん張らない・蹴り込まない」=ブレーキを踏まない。
私の場合は、以上の3点を意識したことで、 逆に余裕が生まれてスピードが出るようになってきました。 そして、(特にサイズがある波の場合)焦って横に走り過ぎてしまっていたので、 岸方向への意識を強くして、常に間を取りセットアップを入れ、時には波に合わせてストール(スローダウン)を使う意識を持っています。

基礎の見直し!(波の見方・パドル・テイクオフ・ステップバック)

「パドルの見直し」・・・ パドルは、丁寧に脇と背中のトルクを意識。手は八の字で「深く」体幹でボードの下に水を流すイメージ。

ボード下の水流を何より重視する。 (足の両かかとをつける感じでガニ股・お尻の穴締め足を閉じる)
テイクオフは、ウネリを見つけてからの初動が大事。 波の芯を予測して「ゆっくりパドルで波の芯に入り込み、最後はボードを沈める意識」 くれぐれも、ガツガツ漕いだり、バタ足で板をブラさない事!
※スプリントパドルは、返しの時に脇に力を入れて直線的に前に出す。
★リフトされる直前(ボトムに居る時)の一瞬だけフルパドル! (この「一瞬だけスプリント・フルパドル」を意識することで、テイクオフが遅くなったり、乗り遅れる事が少なくなり、余裕ができました。) リフトされ始めたら、波先の状況次に合わせて「緩めたり・強めたり」調整するイメージ。 (リフトされ始めてから「強めたり」はレアケース。余裕を持ってテイクオフできないなら、乗らなくても良いかも。)
★胸と膝・太ももでボードを沈める意識を保ちながら、最後のヒト掻きを両手で行うと、体勢と動作が整う。(気がする)
パドルや波を正面から見ていた時点で、あらかじめ予測していたボトムのパワーゾーンに視線を送りながら落ちていく。 (たるい波は0度・良い波は45度・早すぎる波は90度など「自分なりの基準でダウンザラインの角度を定めておく」と落ち着いてテイクオフできる。)

「テイクオフの意識改革」・・・

●テイクオフは、パドルで乗るのではなく、あくまでも波の力で行う! なるべく力を使わない意識。(体幹が使えなくなるので、力まない・胸を反らない。) 初期パドルから「ボトムに入り込むまで」は、深く強くグングン!パドルで最大限に加速して、 波にリフト・引き上げられている時には、リラックスして状況判断に移行する。

※テイクオフは、「立つのではなく、構える意識」 =立つと言うよりは、体とボードが一体になって、波に乗り込んでいくイメージ。 ライディングの基本姿勢に、姿勢が高くならないように、前傾を保ちながら横向き意識で立つ。
★いかに脱力しながら落としていけるかがポイント!

【目線は、(波の移行を見越して)思っているより少し先にフォーカス】 テイクオフ時の目線は、ダウンザライン上の力強いボトムを目指す。
※「リフト・滑り出し・立つ」まで、全ての時点でノーズを下げない。 (水平テイクオフ=波の上部で立ってから落とす!)

【テイクオフ動作の見直し】

ボードを波に対して垂直に合わす(意外とずれてる) 最後までカカトを付ける意識で足を開かない(バタ足ほとんど不要) 水平目線でのテイクオフ=胸と膝上のモモでボード(テール)を沈め込む意識 (テールが必要以上に押し上げられないようにウネリ合わせが大前提)
★アゴを思い切って出して、スルっと前上方に! (頭から突っ込む時は、前荷重になり過ぎ=左足で無く、右足で立ち上がる意識)
★プッシュアップから、一瞬ハイハイの姿勢を通過してタンタン! (プッシュアップ上体反らしから一気に立つとドッスンになってしまう)
グイ押しでの「チェストアップ」「チン・アップ」(チン=頭と目線の維持大事!)「腰アップ」をフワッと猫足で。
(お手本動画 → ケリースレーターのテイクオフ
※結果、早い波でも間・余裕をもって、タイミングの良いテイクオフができる。 (うねりから立って、落ちながらにならなければ、ライディング初期に余裕が生まれる)
※テイクオフ時点では「腰高」=膝を曲げ過ぎない。 (ボトムターンに入る時にジワッと膝を曲げていく。)
※滑り出しは、胸と膝でボードを沈めて(お腹を浮かせる感じ)、 お腹を下ろすと同時に腕をグイ伸ばししながら、頭と肩を前上方に(10pが目安)シフトさせつつ、 みぞおちを丸め、息を吸いながら腰を浮かし、右足・左足ついて右足の母指球一点で立ち上がる意識。
※グイ押しと同時に背中を反らし過ぎずに、ハイハイの姿勢に持っていくと腰を痛めない。

【テイクオフ 立ち上がる動作の意識改革】

【一瞬の動作ではなく、インナー・骨意識でゆっくり右足で立ち上がる】 左手は胸下・右手は最大限に腰近くを骨を使って、前上方に顔を伸ばし切ってスライディングアップ!
※頭から前に乗り込んで、前上方にスライディング・アップするイメージ。 腕を伸ばし切ったタイミングで頭が前に出ているかチェック。 ↑パドルを終えて、この最後の体重移動で滑りだすような感覚。

★陸トレで、動作を無意識に沁み込ませておく!
1、手の平ズラしてA型、脇を効かせて、前上方にスライディング・アップ ※チンアップをキープしながら、右足を寝かせ、腰を上げてタイミングを計る。 2、行く時が来たら、左の股関節を引き寄せて、右足の股関節力で立ち上がる。 3、右足ペタッ・左足外回しの歩くテイク 4、右足をゴソゴソ(スタンスのセットアップ)
※前傾姿のまま滑りだしてから手を放す。 ※腕を伸ばし切っていなかったり、 左ひざの胸への引き付けが甘いと、つっかっかったりステップフォーワードの悪い癖が出る。

(テイクオフ動作の参考動画 → ウォークアップテイクオフ(サーフィンライフハック)

【自分用メモ】 テイクオフ動作のイメージは、 「(パドルが亀の動作だとして)前上方にスルっと脱甲して、(重心は円を描いて)右足に戻ってくる!」
※波に乗る場面では「両手をズラして、両腕を完全に伸ばして、腰を上げて、 右足を開いて、左足を外回しに・・・」と確認している暇は無いので「前上方にスルっと脱甲、右足で立つ」というイメージを陸トレで体に沁み込ませておくこと。
●できれば、立った瞬間にフッと一回トップに気持ち浮身を使ってから、真下に落としていく。 ※一回フッと、伸びあがって(=できれば岸に胸を向けて)ボトムめがけて骨盤プッシュで落ちていく! 正面に落ちながら、骨盤ツイスト姿勢でグッと重心を落とし込み、骨盤荷重でのボトムターンに入る。(結果、グッーとレールが深く入り、抜重時にドライブ感が出る!)


【テイクオフ時の目線】 波が進む方向への目線「ハイラインを使って、岸へ落とす!」意識
※もっと岸方向に走る意識をすれば、追い付いてくる波を迎えるタメ(間)ができてくる。
テイクオフパドル時の目線は、フェイスから徐々にボトムのパワーゾーンに落とす。 ※テイクオフの確認のために滑り出し直前に下を見る悪い癖に注意
●特に大きい波の時に、横に行きがちなので、もっと真下気味に目線を向ける。
※フェイドターンも選択肢に入れておく。
※横に走る時やトップに上がる時は、もう少し先に目線を送る。(遠めのフェイス・先めのトップ)

【テイクオフのタイミングを、プッシングで一呼吸待つ】
・波を早く見つけ、ピークに滑り込む
・垂直に合わせスプリントパドル
・なるべく早く滑り出させてプッシング(ここで、板を落とさない=直ぐに立たない)
・切り立ちがマックスに来たら、狙ったボトムに視線を落とす。
★波の頂点までリフトを待ってスタッ!


【滑りだしと呼吸を合わせる!】 ポップアップ動作の前に「息を吐いて」体の力みを抜く。
※息をスッと吸いながら、フワッと立つ!
※全力パドルは体をこわばらせるので、 リフトされるタイミングでのリラックスが必須。(一番、面白い所でもある!)

【テイクオフからコンプレッション - ジョンジョンF】
●フワッとリラックス・ステップバック「右足の母指球で荷重点を作る」 (フッーと息を吐き、重心を下げ右ひじをラインにセット、いわゆるボトムターンへのセットアップ)
※右足首は、ガニ股でロック(外くるぶしの下に荷重意識)した状態で右膝をたたむ。(四股立ち)
フラットな両足の状態からジワっと傾け始めて、右手を前にホールド。最後に海面タップと同時に荷重を抜く
踏み込まないで、頭を下げながらボードをただ傾ける意識だと力まないでターンが伸びる! (フワッ、ジワーッという感覚=踏み込まないで、背骨の伸ばし、お腹に力をいれて、ただ骨に乗る意識)



【基本姿勢を取るまでがテイクオフ】 基本姿勢で一番に大事だと思ったのは、「背筋」 (猫背では重心が軸に収まらない)
そして、 常に、みぞおち→丹田→骨盤の中に重心を落とし込む意識。 (ツイストしてから重心を落として、お尻・ハムスト・骨盤に乗る。)
※重心の上下は、肘を使う=肘と横隔膜は連動。左右の重心移動は手の平を使う=薬指と体幹は連動。
★基本姿勢 棒を担いで(Tポジションで)のスケートが一番効果があった気がします。 (参考動画 → 【鬼必見】コーチが教える本格的なサーフトレーニング(アラシムラタ)) ※お尻とハムストリングスでの荷重と、上半身のクネリ・骨盤の動きが分かりました。 自分の感覚としては、ターンの最中にお尻の穴が進行方向にプリッと向いているような感覚があります。
体幹・骨に体重を預けることで、他の筋肉はリラックス、瞬発的に股関節とハムストリング・肩甲骨をグン!と使う。 (膝よりも骨盤意識。股関節は鼠径部のシワを意識すると分かり易い。)

【ライン取りの意識修正】 ●常に「横へ → もっと岸へ」の意識
入る前にイメージ・・・その日の波のブレイクに見合ったライン取り。 「ハイラインとパワーのあるボトム」を乗り継ぐ意識が大事!

ボトムからトップを見上げない。トップに上がるルートは、最短距離で無く、回り込むイメージ (ボトムを通過する時点では、無駄に動かず、フェイスを回り込んで這うように視線を送って抜重前後にトップをガッツリ見上げる!) ※トップに上がっている最中に「左肩を開いてお尻を落とす準備」を完了させてトップでの廻旋に備える。

●厚めの波では、ボトムに下りてからトップターンだけではなく・・・ ハイラインで粘ってから、「カットバックからのリエントリー」を使っていく。

【スピードコントロールのためのライン取り】
「岸への意識を強く持ったダウンザライン」「ハイライン」「トップ蹴り込まない緩やかなライン」 ※スピードアップでは無く、スピードをコントロールするという意識。
●下りた角度で登る=大きくて綺麗な弧を描く 波の速度が遅い=下に降り、その角度で登る 早い時=横に下り、その角度で登る ●横のスピードはコントロールし難いが、縦のスピードはコントロールし易い
(ライン修正のためのオススメ動画 → 上達に必要な走行ラインの取り方(VSC Surf Lessons)







自然エネルギー展示室「ソーラーボーイズハウス屋久島」屋久島半日観光ツアー  | 食材の宅配・通販「みんなの産直」
自分で行う放射能被曝対策 |  クレジットカード選びのポイント |  賢い保険の選び方