【自分用サーフィンメモ】即ライディングに入れる上級者のテイクオフ


Billabong公式通販 ビラボンオンラインストア

「良い波に、良い場所から、良いタイミングで・・・」 現実は、未だに(良い波に限って笑)前足が出ない時がある私ですが、 「即ライディングに入れる」=「上級者のテイクオフ」を目指して試行錯誤している最中です。
※ボードから手を離した時点で、(どんな波でもコンスタントに)軸足を踏み込める姿勢が取れるテイクオフを取り急ぎの目標としています。
※魚のようにパドル → 鳥のようにテイクオフ → 猫のように基本姿勢に・・・できたらよいな(笑)

【結論まとめ】テイクオフは、ポジショニングが8割! (上級者のテイクオフ=立った時点で基本姿勢で踏み込める状態=部屋トレ) ボトムのパワーゾーンを狙って、丹田を意識しながら体勢を作った上で、高い位置から落としていく。(リラックスして半分の力で猫のように立つ!)

波の見方・パドルの見直し!あせらず、プッシングでタメてからタイミングを見計うこと。
(まず、波を見ている時点で、ボトムのパワーゾーンの狙いを付けておく。高低差を最大に使えるピークに入り込んで、落ち着いたテイクオフ動作。 最後まで波を見ながら、波を追うことが大前提!)

テイクオフ動作は陸トレで無意識になるまでやる!
(動作を分解して丁寧に体に覚えさせること。リラックスした基本姿勢からの逆再生も繰り返す。腰痛対策=ハイハイの姿勢意識・腰を反らない。)

【爽やかにダウンザライン】厚い波は下へ、早い波は横へ・・・目線をボトムのパワーゾーンに! ラインは違えど、落ちながらテイクにならないように!
(なるべく高い位置で立ち、タメてから狙ったボトムに下り切る前にステップバックして、体勢作り。)

テイクオフで苦労する原因は・・・

私の場合は、「一生懸命さ」が逆効果になってしまっていました(笑)
    これまでに効果があった修正点
  • 「パドルを弱める」=板をブラさない。正確な方向。
  • 「テイクオフを急がない」=常にハイラインを使う。
  • 「踏ん張らない・蹴り込まない」=ブレーキを踏まない。
私の場合は、以上の3点を意識したことで、 逆に余裕が生まれてスピードが出るようになってきました。
そして、(特にサイズがある波の場合)焦って横に走り過ぎてしまっていたので、 岸方向への意識を強くして、常に間を取りセットアップを入れ、時には波に合わせてストール(スローダウン) を使う意識を持っています。

【実践】基礎の見直し!(波の見方・パドル・テイクオフ・ステップバック)

「パドルの見直し」・・・ パドルは、丁寧に脇と背中のトルクを意識。手は八の字で「深く」体幹でボードの下に水を流すイメージ。

ボード下の水流を何より重視する。 (足の両かかとをつける感じでガニ股・お尻の穴締め足を閉じる)
テイクオフは、ウネリを見つけてからの初動が大事。 波の芯を予測して「グイグイパドルからの、ゆっくりパドルで波の芯に入り込み、最後はボードを沈める意識」 くれぐれも、滑り出し直前にガツガツ漕いだり、バタ足で板をブラさない事!

【テイクオフ】劇的に改善したコツ1

★リフトされる直前の一瞬だけ「一瞬だけスプリント・フルパドル」 (この一瞬とは、ボトムの巻き上げパワーゾーンに居る時です。前を掘ってボード下に水流を作るイメージで成功します。) そして、リフトされ始めたら、「緩めて」波先の状況次に合わせて調整するイメージ。 (リフトされ始めてから「強めたり」は小波とタル過ぎる場合のレアケース。鬼パドルでテイクオフ後の加速を得るのは、小波とチューブに突っ込む場合のみ。)

【テイクオフ】劇的に改善したコツ2

★滑り出し直前の「ボードを沈める意識」 胸と膝・太ももでボードを沈める意識を保ちながら、最後のヒト掻きを(丹田を意識しながら)両手で行うと、体勢と動作が整う。(気がします)
浮かした腰を下げると同時にプッシュアップ

【テイクオフ】劇的に改善したコツ3

★定期的な陸トレでテイクオフ動作の再確認。(少しづつズレて来てしまう) 「左右の手をずらす(Regの場合、左手を少し前=右手を少し手前)」・「完全なるプッシュアップとチンアップの後に前にアゴを前に突き出しながら足入れ」など、 細かな動作修正を積み重ねた自分なりのテイクオフ動作の完成を目指しています。 (目をつぶって、逆再生までやると記憶が蘇る気がします笑)

そして、ダウンザライン・・・ あらかじめ(座って波を正面から見ていた時点で)予測していたボトムのパワーゾーンに視線を送りながら「猫のように音も立てずにスタッ!」 そのままボトムのパワーゾーンに目がけて落ちていきながらリラックス。ステップバックをきっかけに、ターンの姿勢へとつながります。
※たるい波は0度・良い波は45度・早すぎる波は90度など「自分なりの基準でダウンザラインの角度を(ある程度)予測しておく」と落ち着いてテイクオフできる。

「テイクオフの意識改革」・・・

●テイクオフは、パドルで乗るのではなく、あくまでも波の力で行う! なるべく力を使わない意識。(力まない・胸を反らない。)
初期パドルから「ボトムに入り込むまで」は、深く強くグングン!パドルで最大限に加速して、 波にリフト・引き上げられている時には、軽いパドルで(リラックス)状況判断→最終段階は、「ハイハイの姿勢でのグイ押し」で一瞬タメを作ってから立つ動作。

※波を後追い(パドルガツガツ)して乗る感覚はNG!波より先にスィ―っと先行してから、呼び込んでフワッと乗るイメージ。
※テイクオフは、「立つのではなく、構える意識」 =立つと言うよりは、体とボードが一体になって、波に乗り込んでいくイメージ。 姿勢が高くならないように、前傾を保ちながら横向き意識で立つ。
★いかに脱力しながら落としていけるかがポイント!

【目線は、(波の移行を見越して)思っているより少し先にフォーカス】 テイクオフ時の目線は、ダウンザライン上の力強いボトムを目指す。
※「リフト・滑り出し・立つ」まで、全ての時点でノーズを下げない。 (水平テイクオフ=波の上部で立ってから落とす!)

【テイクオフ動作の分解】

無意識レベルで一瞬で立てるまで、動作を分解して陸トレしています。

※「1:10」秒前後、ケリー・スレーターの全く力みのないテイクオフ動作。


ボードを波に対して垂直に合わす(意外とずれてる)
最後までカカトを付ける意識で足を開かない(バタ足ほとんど不要)
水平目線でのテイクオフ=胸と膝上のモモでボード(テール)を沈め込む意識
(テールが必要以上に押し上げられないようにウネリ合わせが大前提)
★アゴを思い切って出して、スルっと前上方に! (頭から突っ込む時は、前荷重になり過ぎ=前足で無く、軸足の母指球一点でで立ち上がる意識)
【腰を反らない!反動を付けない!】プッシュアップから、一瞬ハイハイの姿勢を通過してタンタン! (プッシュアップ上体反らしから一気に立つとドッスンになってしまう)
グイ押しでの「チェストアップ」「チン・アップ」(チン=頭と目線の維持大事!)「腰アップ」をフワッと猫足で。
※滑り出しを確認しようと(視線が下がって)頭が下がると、腕にガチッと体重が乗って、スッと立てなくなる。
(お手本動画 → ケリースレーターのテイクオフ

※テイクオフ時点では「腰高」=膝を曲げ過ぎない。 (ボトムターンに入る時にジワッと膝を曲げていく。)

【テイクオフ動作こそサーフィンの神髄】

一瞬の動作ではなく、インナー・骨意識でゆっくり軸足で立ち上がる

(レギュラーフッター) 左手は胸下・右手は最大限に腰近くを骨を使って、前上方に顔を伸ばし切ってスライディングアップ!
※頭から前に乗り込んで、前上方にスライディング・アップするイメージ。 腕を伸ばし切ったタイミングで頭が前に出ているかチェック。 ↑パドルを切り上げて、この最後の前への体重移動で滑りだすような感覚を体で覚える。
※腕を伸ばし切っていなかったり、チンアップできていなかったり、 左ひざの胸への引き付けが甘いと、つっかっかったりステップフォーワードの悪い癖が出る。

(テイクオフ動作の参考動画 → ウォークアップテイクオフ(サーフィンライフハック)

【自分用メモ】 テイクオフ動作のイメージは、 「(パドルが亀の動作だとして)前上方にスルっと脱甲して、(重心は円を描いて)右足に戻ってくる!」
※波に乗る場面では「両手をズラして、両腕を完全に伸ばして、腰を上げて、 右足を開いて、左足を外回しに・・・」と確認している暇は無いので・・・(笑)
一言で現すと「前上方にスルっと脱甲、丹田意識で右足で立つ」というイメージを陸トレで体に沁み込ませておくこと。

ボトムターンのドライブは、テイクオフ次第!

●できれば、立った瞬間にフッと一回トップに気持ち浮身を使ってから、真下に落としていく。
※一回フッと、伸びあがって(=できれば岸に胸を向けて)ボトムめがけて骨盤プッシュで落ちていく! 正面に落ちながら、骨盤ツイスト姿勢でグッと重心を落とし込み、骨盤荷重で傾きながらボトムターンに入る。(結果、レールが深く入り、抜重時にドライブ感が出る!)


【もう一度、確認】テイクオフ時の目線と走行ライン

波が進む方向への目線「ハイラインを使って、岸へ落とす!」意識
※もっと岸方向に走る意識をすれば、追い付いてくる波を迎えるタメ(間)ができてくる。
テイクオフパドル時の目線は、フェイスから徐々にボトムのパワーゾーンに落とす。 ※テイクオフの確認のために滑り出し直前に下を見る悪い癖に注意
●特に大きい波の時に、横に行きがちなので、もっと真下のボトムに目線を向ける。
※横に走る時やトップに上がる時は、もう少し先に目線を送る。(今より気持ち遠めのフェイス・先めのトップ)

【上級者のテイクオフ 1】タメと呼吸

テイクオフを、プッシングで一呼吸タメてみる

・波を早く見つけ、ピークに滑り込む
・垂直に合わせスプリントパドル
・なるべく早く滑り出させてプッシング(ここで、板を落とさない=直ぐに立たない)
・切り立ちがマックスに来たら、狙ったボトムに視線を落とす。
★波の頂点までリフトを待ってスタッ!


滑りだしと呼吸を合わせる!

ポップアップ動作の前に「息を吐いて」体の力みを抜く。
※息をスッと吸いながら、横隔膜を上げた状態で丹田意識でフワッと立つ!

【事例研究】テイクオフからコンプレッション - ジョンジョンF

●フワッとリラックス・ステップバック「右足の母指球で荷重点を作る」 (フッーと息を吐き、重心を下げ右ひじをラインにセット、いわゆるボトムターンへのセットアップ)
※右足首は、ガニ股でロック(外くるぶしの下に荷重意識)した状態で四股立ち。
フラットな両足の状態からジワっと傾け始めて、右手を前にホールド。最後に海面タップと同時に荷重を抜く。
踏み込まないで、頭を下げながらボードをただ傾ける意識だと力まないでターンが伸びる! (フワッ、ジワーッという感覚=踏み込まないで、腹圧意識で骨に乗る意識)

【上級者のテイクオフ 2】



【基本姿勢を取るまでがテイクオフ】 基本姿勢で一番に大事だと思うのは、「体軸」
そして、 常に、みぞおち→丹田→骨盤の中に重心を落とし込む意識。
★基本姿勢の確認は、 棒を担いで(Tポジションで)のスケートが抜群に効果がありました。 (参考動画 → 【鬼必見】コーチが教える本格的なサーフトレーニング(アラシムラタ)) ※自分の感覚としては、ターンの最中にお尻の穴が進行方向にプリッと向いているような感覚があります。
体幹・骨に体重を預けられれば、他の筋肉はリラックスできるので・・・ 瞬発的に股関節とハムストリング・肩甲骨を動かしやすくなります。 (膝よりも骨盤意識。股関節は鼠径部のシワを意識すると分かり易い。)

【ライン取りの意識修正】 ●常に「横へ → もっと岸へ」の意識
海に入る前にイメージ・・・その日の波のブレイクに見合ったライン取り。 「ハイラインとパワーのあるボトム」を乗り継ぐ意識が大事!
●「横のスピードはコントロールし難いが、縦のスピードはコントロールし易い」とジョディ―・スミスも言っていたそうです。
(ライン修正のためのオススメ動画 → 上達に必要な走行ラインの取り方(VSC Surf Lessons)



自分だけのテイクオフ極意を限定公開(笑)

(意味不明過ぎて)人には言えないパドルからテイクオフまでの秘訣

  • 波の芯が予測できたら、カエルちゃんキックでスタート!
  • キックの惰性を活かして、掘るシャベルカ―パドルをボトムのパワーゾーンまで続ける。
  • リフトされ始めたら、リラックスパドルで力を抜きタイミングを計る。
  • 滑り出しは胸と太ももで抑えて、丹田を下ろすと同時にプッシュアップ。
  • なるべく頭を高くあげるプッシュアップからの、腰を反らないようにお尻も早めに上げる。
  • 右足を開き、左右の手をずらして、息を吐きながらフワッと前足を引き付ける。即、軸足荷重で、フッとトップに上がってから真下に落としていく。
  • 1.お尻を落とす2.ツイスト3.胸を開く=基本姿勢
  • 踏み込まないで(プルアウトの気配で)軸に乗ってボトムターンに傾いていく。
  • ボトムに下りた時点で、(気持ち早めに)レールを抜いて板を登らせていく。
  • 次のダウンザラインを意識しながら、トップターンの後のバランス復元に備えて頭を低くしていく。
  • 波に合わせたトップターンをしながら、ダウンザラインで狙うボトムを視線で捉える。
テイクオフは、考え過ぎない方が上手くいく気もしますが・・・ 台風波など、「ココ一番の時にテイクオフ(スタンス)をビシッと決めたい」という一心で、ルーティーン化して 無意識なるまで陸トレに励んでいます。




パタゴニア




自然エネルギー展示室「ソーラーボーイズハウス屋久島」屋久島半日観光ツアー  | 食材の宅配・通販「みんなの産直」
自分で行う放射能被曝対策 |  クレジットカード選びのポイント |  賢い保険の選び方