【自分用サーフィンメモ】即ライディングに入れる上級者のテイクオフ


Billabong公式通販 ビラボンオンラインストア

波が良くて調子が良い時は、「ピークになるであろうウネリの芯に潜り込む!」←これだけで、自然と良いテイクオフが出来ている気がします。 突如として調子悪い時が来る原因は、ほとんどの場合「(自分なりに会得した)波の見方からテイクオフ動作までのルーティーン」の何処かが崩れているからです。
※調子が悪い時でも、波が難しい時でも、ちゃんとルーティーンを思い起こせば、その波で自分ができる精一杯のテイクオフは取り戻せます。


【結論まとめ】パドルからテイクオフ動作の完了まで、「自分なりに会得したルーティーン」を作り、守る。とりあえず、「ウネリでのプレーニング状態の安定」を第一のゴールとして練習あるのみ。

波の見方・パドルの見直し!あせらず、タイミングを見計うこと。テイクオフは、ポジショニングが8割!
(まず、波を見ている時点で、落ちていくボトムのパワーゾーンの狙いを付けておく。もっと最後まで波を見ながら、予測しながら、波に合わせる! ピークになるであろうウネリに潜り込めれば、「水平プレーニング状態」をキープできるので、ゆっくりテイクオフ動作をするための間ができる。)

テイクオフ動作は陸トレで無意識になるまでやる!
(第二のゴールは立ち上がりからの基本姿勢。 動作を分解して、ゆっくりと丁寧に体に覚えさせること。 腹這いプレーニングの時に腰を気持ち浮かせておいて、ウネリから落とす=腰を下ろすタイミングでプッシュアップから後足を置くと身体がスムーズに動く。 テイクオフの完了形(低い中間姿勢)からの逆再生も繰り返す。)

【爽やかにダウンザライン】厚い波は下へ、早い波は横へ・・・目線をボトムのパワーゾーンに! ブラさず・力まず・ウネリの芯にコネクトし続ける。
(テイクオフが成功したら「低く傾きながらボトムを横切る」それだけで完璧です!)

【最高の波に限ってパーリング】思い起こしてみると・・・ 「パドルを最後まで強め過ぎて、体が固ってしまう」パターンと、「乗り逃がしが怖くて、滑り出しを確認するために頭を下げてしまう」 要するに、焦ってしまっているので、もっと冷静になる必要がありそうです。(ガンガン漕がないで、落ち着いて「全てをジャスト」に調整するイメージ。) 理想は、「滑らかに動きながら、自然にテイクオフしている」状態。体全体が連動した状態でいるためには、力み過ぎて体を固めてしまうのは一番ダメですね・・・(自分の場合は「良い波だから、絶タイ上手く乗りたい!」という力みから来る場合が多い気がします!)

テイクオフで苦労する原因は・・・

私の場合は、「一生懸命さ」が逆効果になってしまっていました(笑)
最高の波に、乗り遅れても良いつもりになれば・・・力を抜いたパドルで「リラックスした状態でのテイクオフ」が身に付くハズという仮説です。
    これまでに効果があった修正点
  • 「パドルを弱める」=板をブラさない。ウネリに直角合わせ
  • 「テイクオフを急がない」=常に水平キープ+プレーニングで動作を止める。
  • 「腰反らない・勢いで立たない」=後ろ足から、「ゆっくり、そぉーっ」と立つ。
私の場合は、以上の3点を意識したことで、 逆に余裕が生まれて、立った瞬間のワンパンプでスピードが出るようになってきました。(スタンスが決まりやすいというメリットもあるようです。)


※パドル・テイクオフ・ライディング全ての段階で余裕があれば、(頭が真っ白になってしまう事が無く)クリアな意識で練習ができるようになります。 余裕を作るために一番効果があったのが、浮力パンパンの新しいボードの購入です。 (このページの一番下、マイボードの紹介で紹介している「ニール・バーチェス・ジュニア」の2プラス1というボード。 リッター表示はありませんが、おそらく43リッターぐらいあります。)

【実践】基礎の見直し!(波の見方・パドル・テイクオフ・ステップバック)

「2種類のパドル使い分けが必須!」・・・
【トルクが必要な漕ぎ出しのトルク・パドル】
★パドルは、パド筋で柔らかく前に出すように(肩から前にガシガシ出さない)入水後、スカーリングと肘曲げで水をキャッチして、そこから脇を効かして丁寧に最後まで肘を残して水をプッシュするイメージ。 ポイントは、指を閉じて手の平(親指も丸めないこと)手首をオールのように固めることと、肩を交互にリズム良く前後に使う事。 プルで固めた手首が最後のプッシュで、自然とスナップが効くようになると調子が良い! (プールでパドルグローブを付けてマラソン・パドルとテイクオフのスプリントパドルを使い分ける練習。ハイエルボーで入水、後半の背中のトルクを意識。肩・肩甲骨を後ろに下げ、できるだけ後ろまでストロークを伸ばす!)
※水泳のスカーリングが身に付けば、水をしっかり掴めるようになるはずと、特訓中デス!(巻き込んで掘って「水を固めて掴んで」後ろに流すパドル)

【波に追い付かれる寸前のスプリント・パドル=高回転パドル】
テイクオフは、(パターンを予測して)ウネリを見つけてからの初動が大事。 波の芯を予測して「トルクパドルからの、高回転パドルで波の芯にジャストで合わせて、最後はボードを胸一点で沈める意識」
波の移動速度は、意外と早いですよね・・・波に追い付かれた時点で、トルク・パドルをしていては、抵抗になるばかりです。
ピッチを速めて「ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!」という感じ=勢いとしては、北斗百裂拳的なイメージです(笑)
YouTubeでは、高回転のスプリント・パドルの方法を見つけられませんでしたが、この動画(パドリングの遅い人必見!(裏技:45度パドル))が近い線です。
高回転パドルも波に追い付かれてリフトされ始めたら、緩めることが肝要です。(それで乗れない場合は、潔くあきらめましょう!) リフトされ始めたら(パドルは調整程度)先のフェイスの状況を見ながら、できるだけ早めにプレーニングに入ります。

まずは、2種類のパドルを会得して、落ち着いてプレーニング状態(寝たままでもプッシュアップのハイハイの姿勢でもどちらでも可)に入る事を目標に経験を積むことをお勧めします。 プレーニング状態で繰り返しボードの水平キープに慣れてくれば、テイクオフの立ち上がり動作を「ゆっくり簡単に」できるようになります。
※パドルからテイクオフ動作・初期ライディング姿勢まで、一貫して「頭」を立てておく(垂直キープ)が大事。

【テイクオフ】劇的に改善したコツ

★リフトされる直前の一瞬だけ「一瞬だけ高回転フルパドル」 (この一瞬とは、ボトムの巻き上げパワーゾーンに居る時です。) そして、リフトされ始めたら、惰性を感じながらプッシングに早いタイミングで入る事に集中します。 (リフトされ始めてから「強めたり」は小波とタル過ぎる場合のレアケース。鬼パドルでテイクオフ後の加速を得るのは、小波とチューブに突っ込む場合のみ。)

【劇的改善】余裕のあるテイクオフ実現には、パドル修正

まず、シリコンの5本指型パドルグローブが自分には効果的でした。 「手首が曲がったり、親指が丸まったり、肘が使えてなかったり・・・」見逃していたエラーを、その練習中に気付きました。 (要するに、無意識に水の抵抗が少ない=抵抗の少ない楽なパドルフォームになっていた気がします。) 「ストローク前半で水との粘点を作る」「最後のプッシュをキッチリ行う」など、改善点が続々と見つかりました。 何よりも激的効果は、パドルグローブによってウネリに追い付かれる直前 (パドルスピードMAX時)の高回転スプリントパドルが身に付いたことです。

【テイクオフ前のプレーニングこそサーフィンの神髄】

ボードが滑り出しても、直ぐに立ち上がり動作に入る必要はありません。 テイクオフ前には、必ず水平維持でのプレーニングを癖付けると、落ち着いたテイクオフのタイミングが掴めてきます。
※もちろんブレイクの早い波は、プレーニングの間が取り難いです。(なるべくピークのウネリに入って、瞬間でも間を感じる事で、いつものテイクオフ動作が行えるようになります。)

プレーニングが始まっても水平維持しながら、(少し腰を浮かせて)プッシングに入るタイミングを見計らう!

プッシング(←腕は伸ばし切らず、少し余裕を持たせておく事がポイント!)でのプレーニングに入る。 ウネリから落ちる直前のタイミングで、腕を伸ばしながら、後ろ足・前足とインナー・骨意識でゆっくり軸足で立ち上がる。
(レギュラーフッター) 左手は胸下・右手は最大限に腰近くを骨を使って、前上方に顔を伸ばし切ってスライディングアップ!
※頭から前に乗り込んで、前上方に首からスライディング・アップするイメージ。 腕を伸ばし切ったタイミングで頭が前に出ているかチェック。 ↑パドルを切り上げて、この最後の前への体重移動(お尻からアゴの送り出し)で滑りだすような感覚。

【上級者のテイクオフ 1】タメと呼吸

テイクオフを、プッシングで一呼吸タメてみる

・波を早く見つけ、ピークに滑り込む
・垂直に合わせスプリントパドル
・なるべく早く滑り出させてプッシング(ここで、板を落とさない=直ぐに立たない)
★自分の胸がウネリの先に出そうになったタイミングで、ゆっくり動作を始めるとジャストで合わせられるかも。


滑りだしと呼吸を合わせる!

ポップアップ動作の前に「息を吐いて」体の力みを抜く。
※息をスッと吸いながら、横隔膜を上げた状態で丹田意識でフワッと立つ!

【事例研究】テイクオフからコンプレッション - ジョンジョンF

●フワッとリラックス・ステップバック「右足の母指球で荷重点を作る」 (フッーと息を吐き、重心を下げ右ひじをラインにセット、いわゆるボトムターンへのセットアップ)
※右足首は、ガニ股でロック(外くるぶしの下に荷重意識)した状態で四股立ち。
フラットな両足の状態からジワっと傾け始めて、右手を前にホールド。最後に海面タップと同時に荷重を抜く。
踏み込まないで、頭を下げながらボードをただ傾ける意識だと力まないでターンが伸びる! (フワッ、ジワーッという感覚=踏み込まないで、腹圧意識で骨に乗る意識)

【特に、ブーツを履く冬】テイクオフで前足が出てこない!お腹が詰まる!

自分の場合は、 「ボードの浮力を上げて、うねり合わせからの、ゆっくりとした動作で、低く構える」それだけの意識で苦手意識が消えました。
身体が激硬の私は、もちろんストレッチやファンクショナル・トレーニングも行いました。 「腸腰筋」「股関節の廻旋」「首・胸・背中の動き」などテイクオフ動作に関係してくると思います。
【裏技】ブーツを履く時は、いつもより1feet程度、長めの板に変えるだけで、ブーツの引っ掛かりは少なくなります。

意外と難しい【ソフトボードでのテイクオフ】

ソフトボードでのテイクオフに苦労している方向けに、共通しているチェックポイントを箇条書きにしてみます。 (海で周りの方々を見て、気付きました。)
  • パドル時点で、前に乗り込み過ぎている(前バランス過ぎても、浮力があるので気付きにくいです)
  • 波に押され始めに、テールがズンッ!とブリ上げられてしまう(後ろに乗って、水平テイクオフの意識)
  • ウネリに対して垂直に、ボードを合わせられていない(繊細な感覚を養う。)
  • ウネリに押された瞬間に、足が開いてしまう(バランスを取るためだと思われます。前バランスが原因)
  • 波から視線を切るのが早すぎて、押されるタイミング・ピーク合わせが分からない(最後まで波を見る!)
  • 折角ウネリから立てているのに、板を落とそう落とそうと焦ってしまう(落ちて行かない、そのタイミングが正解です)
  • パドルの姿勢・方法を練習していない(パドリング・スピードの不足)
八割方は(パドルの時点でボードの)「前に乗り過ぎ」ている点だと思います。 ウネリに追い付かれたとき、テイクオフ寸前も「落ちよう・落ちよう」という気持ちが多すぎて、頭を下げて前に荷重してしまっているパターンです。 このパターンだと、2回テールが浮いて波のパワーを逃してしまいます。 (波に追い付かれたときに1回目のテールがフワン!落とそうと前がかりになって2回目のテールがフワン!) この2回のパワーロスが無ければ、2テンポ早く滑り出してプレーニングに入れるので、驚くほど簡単に早く確実にテイクオフができると思います。
※ウネリに乗ってプレーニングで水平を保てれば、波との呼吸・タイミングを合わせて、ゆっくり立ち上がるだけです。




パタゴニア


【隠れ結論】細心の注意でウネリに合わせ、ゆっくり確実に・・・

自分は、体が固いんだから、できる限りで良いと「パドルからテイクオフ動作の達人化」をあきらめていました。つまり、テイクオフが下手なまま上手になって来たのです(笑) 結論としては、中級者から上級者に上がって行こうと思った時に、一からパドルとテイクオフ・その流れをやり直す必要がありました。 我流で体が憶えてしまったクセを直すには、かなりの時間と努力が必要でした・・・初心者の時に、正しいパドルとテイクオフ動作だけでも習っておけば良かったと反省中です。

ミッドレングスでの理想的なテイクオフ

とにかく、 YouTube(2分あたりからのテイクオフ3連発byロブ・マチャド) をご覧ください。 ミッドレングスでの理想的なテイクオフのヒントが見つかります。 (周りのショートボーダーがガシガシパドルしている時には、プッシングでプレーニング状態に入っています。 その前段階には、「波の見方からパドル」にも秘訣があると思うのですが、残念ながら未収録)



自然エネルギー展示室「ソーラーボーイズハウス屋久島」屋久島半日観光ツアー  | 食材の宅配・通販「みんなの産直」
自分で行う放射能被曝対策 |  クレジットカード選びのポイント |  賢い保険の選び方