【自分用サーフィンメモ】トップターンのコツは、姿勢・型の再現!(ミッドレングス)


Billabong公式通販 ビラボンオンラインストア

カットバックとカービングの体の動きはサーフスケートでの反復、 リッピングの体の動きは、ミニランプでの反復練習で体が記憶します。
トップターンの成否は、ボトムターン抜け直後のターン弧イメージと「駆け上りの型」の精度で決まります。(トップターンは、入る前の準備段階が整っていないと、失敗する確率が高い。=準備万端で入ると成功し易い。)


【結論まとめ】トップターンのコツは、(波の変化を事前予測して)ターンの種類を選択+ターン弧イメージする事。(首を横に絞った「駆け上がりの型」を作ってから、焦らず入って行く。)

スピードとリラックスがあってこそ、セクションの状況に合わせたトップターンが選択できる!
(「一つ前のハイラインにいる時に、セクションの状況を見るクセ」ができれば、リラックスして的確な選択ができる。セクションの状況とは、波のブレイクやシェイプだけではなく、 水流・地形によるうねりスピード変化など総合的な変化予測。波の変化を予測しながら、それに合わせて的確な身体操作を行う必要があるんですな・・・激ムズ)

ハイライン基点で「上から下」への大きなラインイメージを描く。
(波の変化に合わせたラインイメージを描けたら、視線を切って次の目標地点に首ごと視線を送りながらターンをつなげていく。)

姿勢・型・体の動きは、陸トレ・スケートで体で覚え、海では無意識にできるように!
(トップでの型は、体の後ろ側を意識して、腕も後ろに振る特殊な動きが必要になってくるので・・・「カービング」「カットバック」「リッピング」 それぞれ無意識になるまで陸トレ・サーフスケートで確認。 ※ターンするとボードがドリフトして流れていくので、予測しながらボードの垂直線上にTポジション柔らかく使って体軸をキープ。
ターンの後半、傾いたボードの上でバランスを復元するためには、姿勢を低く骨に乗るだけでは無く・・・ そもそもの「ターン動作を最小限にすること」で、バランスに余裕ができる。 )

トップターンを成功させる大前提として、 狙ったトップに駆け上がりの型でリラックスして入って行く必要があります。
そのためには、(テイクオフ直後からある程度予測しながら)ボトムターンしている間にトップターンの弧をイメージして、 左手でのターゲティングを早めに行えば余裕を持ってトップターンに入れるようになります。
※「駆け上がりの型」は、ミニランプで反復修得。



【自分の癖】トップターンに入っていくセットアップが遅れて、詰まってしまう事が多々あります。 クロスオーバーからのレールを抜いてフラットで登っていくためには、ボトムターン後半の抜重の時点で完全にレールを抜く意識が大切。 アプローチは、フラットで登りながら、転んでも良いので、トップターン旋回を思い切ってトライ! 「みぞおちを丸めて腹圧を高め、Tポジを旋回させる体勢」を取りながら、傾きながら横方向に伸展! (このときは、荷重ではなく遠心力を利用した加重)
※遠心力を軸足に十分に感じてタメながら、前足は前に突っ込まないように前方向に突っ張るイメージ(=結果、前足は伸びる。前足はレールに荷重するのではなく、落下速度や遠心力に耐える役割。) もっと傾きたい場合は、股関節を柔らかく抜いて、目線も低く斜めに下げて低くなるイメージ。

トップターン時の意識と目線

●目線は、常に板の進むべき方向に向ける・・・ トップターンの瞬間は、板を見てはNG! 岸側のボトム90度方向に視線を送っておくと、ハック気味に下りれるので、失速しないでリエントリーができる。

★目線で大事なのは、「目線を切ること」

目線を切る前に、脳内イメージでラインを完成させてから・・・ ボトムに居る時は、トップに目を向ける。 トップに居る時は、ボトムに目を向ける。=ターンに入る直前に波に合ったラインを脳内でイメージできたら、 その「イメージの進行を目線と前の手で追いかけてれば、自然と体重移動もできてくるハズ。)
要するに、「目線が常に先行している状態」「遠心力に耐えながらも、首から初動を作る動作」に慣れる訓練をスケートでしておく必要があります。





【トップターンの廻旋動作は、陸トレで繰り返し練習】 スクポジの中心軸を意識してから、左右の回し込む側と引き込む側をバランス良く廻旋させて、最後は中心軸に戻ってくるイメージ。 廻旋初動は、骨盤(股関節と腹筋)でグッと行い、肩甲骨・鎖骨が連動して、最後に手足が降られて出てきて後押しする感じ。 (手足も回し込む側と引き込む側の動きを、指先まで意識して陸トレで繰り返し練習)
★どのトップターンでも「フィニッシュの型をキッチリ仕上げる」という意識が大切!(スケートで体に沁み込ますこと)
※フィニッシュの型は、ターン弧の最終調整=「止め」次第で完成度が変わります。 「右手を首ごと見る」感じにすれば、体のローテーションが止まり、身体のローテーションを止める事ができます。
●●●



パタゴニア




自然エネルギー展示室「ソーラーボーイズハウス屋久島」屋久島半日観光ツアー  | 食材の宅配・通販「みんなの産直」
自分で行う放射能被曝対策 |  クレジットカード選びのポイント |  賢い保険の選び方