【自分用サーフィンメモ】トップターンのコツは、姿勢・型の再現!(ミッドレングス)


Billabong公式通販 ビラボンオンラインストア

【ハーフ=冷静・リラックスで居られる】 トップターンが決まらない、、、「波の状況に合ったターン選択が間違っている」OR「気持ちが先走って力が入ってしまっている」改善策として、全てハーフを付けてやってみる。 =軽めに流すつもりで「ハーフ・リッピング」「ハーフ・カービング」「ハーフ・カットバック」でやってみると、冷静に波を読めて体のバランスも良くなるかも知れません。 ( どうしても上手くいかない場合は、前段階の「ボトムターン」や、その前の「ダウンザライン」を見直してみます。 トップターンを決めようとする前のトップに居る時点で「セットアップ」する間ができれば、どのトップターンも決りはじめると思います! )
※カットバックとカービングの体の動きはサーフスケートでの反復、 リッピングの体の動きは、ミニランプでの反復練習で「身体の何処に乗るのか」定期的に確かめておきます。
トップターンの成否は、波を下りる前の予測とボトムターン時の目線で決まります。 (ボトムに下りる前に、波の変化を予測しておきます。トップターンの使い分けは、ボトムターンしている時の目線でコントロールします。 進行方向にシフトしながらも、「駆け上がる角度はボトムターン時の目線角度通りになる」ので・・・リップは真上=90度、カービングは緩めの60度、カットバックは結構先の30度など、 自分なりの目安を持って、ボトムターン時の目線を使い分けることが重要です。)


【結論】「セットアップ」で8割 成否が決まる!ボトムでの冷静な状況判断と体勢の準備+ハーフターンで良いと割切って力まない
スピードとリラックスの両立があってこそ、セクションの状況に合わせたトップターンが選択できる!
(「一つ前のハイラインにいる時に、セクションの状況を見るクセ」ができれば、リラックスして的確な選択ができる。セクションの状況とは、波のブレイクやシェイプだけではなく、 水流・地形によるうねりスピード変化など総合的な変化予測。波の変化を予測しながら、それに合わせて的確な身体操作を行う必要があるんですな・・・激ムズ)

ハイライン基点で「上から下」への大きなラインイメージを描く。
(波の変化に合わせた大きなターン弧をイメージできたら、(視線を切って)次の目標地点に首ごと視線を送りながらターンをつなげていく。 トップターンはマニューバーの中で唯一、能動的に力を入れたい場面なので、ゴルフなどの 回旋系のトレーニング武道系の考え方 。 サーフスケートでの インフィニティ・ループ なども参考になります。 )

姿勢・型・体の動きは、陸トレ・スケートで体で覚え、海では無意識にできるように!
(トップでの型は、体の後ろ側を意識して、腕も後ろに振る特殊な動きが必要になってくるので・・・「カービング」「カットバック」「リッピング」 それぞれ無意識になるまで陸トレ・サーフスケートで確認。
ターンの後半、傾いたボードの上でバランスを復元するためには、姿勢を低く骨に乗るだけでは無く・・・ そもそもの「ターン動作を最小限にすること」で、バランスに余裕ができる。 )

トップターンを成功させる大前提として、 狙ったトップに駆け上がりの型でリラックスして入って行く必要があります。
そのためには、(テイクオフ直後からある程度予測しながら)ボトムターンしている間にトップターンの弧をイメージして、 左手でのターゲティングを早めに行えば余裕を持ってトップターンに入れるようになります。
※「駆け上がりの型」は、ミニランプで反復修得。特にバックサイドは、前の手でしっかり「波の上への引き上げ」を意識しないと高さがでません。 逆にフロントサイドは、自然に引き上げ(パンプアップ)が伸びるのですが、身体が伸び切ってしまうことがあります。パンプダウンに備えて、早めに身体を縮める意識が大切です。





【自分の癖】トップターンに入っていくセットアップが遅れて、詰まってしまう事が多々あります。 クロスオーバーからのレールを抜いてフラットで登っていくためには、ボトムターン後半の抜重の時点で完全にレールを抜く意識が大切。 アプローチは、フラットで登りながら、転んでも良いので、トップターン旋回を思い切ってトライ! 「みぞおちを丸めて腹圧を高め、Tポジを旋回させる体勢」を取りながら、傾きながら横方向に伸展! (このときは、荷重ではなく遠心力を利用した加重)
※遠心力を軸足に十分に感じてタメながら、前足は前に突っ込まないように前方向に突っ張るイメージ(=結果、前足は伸びる。前足はレールに荷重するのではなく、落下速度や遠心力に耐える役割。) もっと傾きたい場合は、股関節を柔らかく抜いて、目線も低く斜めに下げて低くなるイメージ。

トップターン時の意識と目線

●目線は、常に板の進むべき方向に向ける・・・ トップターンの瞬間は、板を見てはNG! 岸側のボトム90度方向に視線を送っておくと、ハック気味に下りれるので、失速しないでリエントリーができる。

★目線で大事なのは、「目線を切ること」

目線を切る前に、脳内イメージでラインを完成させてから・・・ ボトムに居る時は、トップに目を向ける。 トップに居る時は、ボトムに目を向ける。=ターンに入る直前に波に合ったラインを脳内でイメージできたら、 その「イメージの進行を目線と前の手で追いかけてれば、自然と体重移動もできてくるハズ。)
要するに、「目線が常に先行している状態」「遠心力に耐えながらも、首から初動を作る動作」に慣れる訓練をスケートでしておく必要があります。





【トップターンの廻旋動作は、陸トレで繰り返し練習】 スクポジの中心軸を意識してから、左右の回し込む側と引き込む側をバランス良く廻旋させて、最後は中心軸に戻ってくるイメージ。 廻旋初動は、骨盤(股関節と腹筋)でグッと行い、肩甲骨・鎖骨が連動して、最後に手足が降られて出てきて後押しする感じ。 (手足も回し込む側と引き込む側の動きを、指先まで意識して陸トレで繰り返し練習)
★どのトップターンでも「フィニッシュの型をキッチリ仕上げる」という意識が大切!(スケートで体に沁み込ますこと)
※フィニッシュの型は、ターン弧の最終調整=「止め」次第で完成度が変わります。 「右手を首ごと見る」感じにすれば、体のローテーションが止まり、身体のローテーションを止める事ができます。


【初級・中級者向け無料スクール】自分ができる範囲でサーフィン・サーフスケートを無料レクチャーさせて頂いております。 (自分自身が初心者時代から相当な時間を費やし苦労してきたので、ステップbyステップのメソッドらしきものができてきました。 40代半ばを過ぎて・・・自分が上手くなるよりも周りの方が上手くなる方が嬉しくなりました!)
ご希望の日時を、遠慮なくメール下さい。(場所は、屋久島町安房か時々、種子島にて)


【それから数年が経ち・・・】 本当に誰もが楽しめるミッドレングスのサーフボードのイメージが、自分の中で出来上がりました。 友人のシェイパーが快く引き受けて頂いたお陰様で、ブランド名「Mahalo Harmon」モデル名「One right tool」という形にする事ができました。 自分のすったもんだの集大成が形になり、誰かのサーフィン上達のお役に立てる!もう感謝しかありません!


パタゴニア




自然エネルギー展示室「ソーラーボーイズハウス屋久島」屋久島半日観光ツアー  | 食材の宅配・通販「みんなの産直」
自分で行う放射能被曝対策 |  クレジットカード選びのポイント |  賢い保険の選び方