【自分用サーフィンメモ】トップターンのコツは、姿勢・型の再現(ミッドレングス)


トップターン成功の可否は、タイミング!(波を呼び込む意識でタメて、力まずサラリ。大前提として「いかにスピードに乗って入れるか?」)
ボトムターン終盤の抜重でレールを抜き、(少しだけ膝を伸ばしつつ) フラットでトップに上がりながら、(手の平を水面の角度に合わせつつ) 軸足荷重・左肩甲骨意識・上体被せができていれば、トップターンはスムーズにできる(ハズ)。


【結論まとめ】トップターンのコツは、姿勢・型の再現!(プラス、直後のダウンザラインへの事前イメージも大事)

スピードが出ながら、いかにリラックスして登れるか!
(フェイスを登っている時点でスピードと余裕が無ければ、無理しないで流しても良いのかも。 狙ったトップからエアーが出来ちゃう位にスピードが出てなければ、無理して仕掛けない!)

セクションの状況に合わせて、トップターンを選択!
(一つ前のハイラインにいる時に、セクションの状況を見れれば、ある程度のイメージができる=余裕ができる。)

姿勢・型・体の動きは、陸トレ・スケートで体で覚え、海では無意識にできるように!
(トップでの型は、無意識になるまで陸トレが必要。猫背はダメ!胸を張って、背骨が真っ直ぐが基本姿勢。「体の開き」よりも、「ボードの傾き」 )

ミッドレングスのボードの場合は、走行ラインが緩やかなので、オフザリップよりもカービング(ハック)・トップターンやカットバックを狙う事が多いと思います。 トップターンを「ダウンザラインまでの通過点」と捉える事もできるので、 ボトムを通過する時点で次のダウンザラインに向けてのイメージができていれば、緩やかなラインでも失速を防げると思います。 ※ターン直後・リエントリー時に限らず、常に「上から下」を使える余力を残して置くとライン取りに余裕が生まれます。

【気持ちの良いトップターンをするために・・・】

●スピードが付くまで仕掛けない=スピードなりのターン弧に傾ける意識

●右足がテールエンドに掛かってから仕掛ける! ノーズが刺ささる・レールが食ってしまうのは、テールエンドに乗れていないから。 ※またテールエンドに乗れていれば、着水後にノーズが浮いてきてくれる。

●後ろ足荷重1000%の意識! ※ハイラインを下りる時点で、右手を前に出してボトムでの傾きの準備をして、 後ろ足に完全に乗った状態でトップに上がるイメージ。(FSでは左肩の開きに要注意!)

【FSトップターンの型】

★「体の開き」よりも、「ボードの傾き」を意識。 トップターンでは、前膝を伸ばし切ならいと板が立たてられない! 後ろ足加重で前足のレールを抜き、体をひねると前足は勝手に伸びるはず。 ※but膝から下は伸ばすが、股関節は伸ばさない! ※ノーズが刺ささる・レールが食ってしまうのは、前膝が曲がっている=体重が前足に残っているから。
右手の回し込みと同時に左肩を開き、トップで当たる瞬間に(首を下げて腹に力を入れて)捻じれを戻しながら万歳!

【ターン途中に反射で体が戻る原因】

下半身の荷重が抜けるほど、上半身を先行させすぎるているから。 結果、板が回りきらないので、(上半身を止めておいて)軸足をねじり込んで下半身を回す意識。 ※回る時には、右手を上げるとカカトに強く乗れる。(右手前はNG)

●右手の巻き込みと同時に、首を下に折りながら左肩を引く=腰も回る。 (右手の巻き込みだけだと、腰が回りきらない。 左肩を引き、左手を振り上げて万歳の形を取り、前足を引き付ける!)
※そして最後の、「左わきを引き上げる動作」でテールに体重が乗りスプレーが大きくなる。

★左胸をボトムに向ける&右脇を使って右腕を回し込む感じ。 。
※トップでの右足は、蹴り込むのでは無く「胸に引き付ける」イメージ。



【FSカットバックのチェックポイント】

脇を意識した、Tポジション!のキープ。 膝では無く、股関節とお尻で荷重・抜重する。
トップで回し込む右手は、右耳に付けて円を描くイメージ
その後、ジワッとお尻を後ろに落とす感じで左足は伸ばして、右膝を胸に引き上げるイメージでリエントリーに備える。

※Tポジションて回っていくと肩甲骨が寄るので、体の回旋が途中で止まらず、 最後までスムーズに回れる。(背中が丸まっていると、廻旋動作が止まる原因になる)
※テイクオフ・コンバット・ボトムターン・リップに登っていく・・・ ここまで全ての段階で体をねじらない事が大事。 特にリップへのアプローチはフラットで、 トップで初めて上半身をねじって上半身を波下に落とすイメージ!

●カットバックの基本姿勢。

ターン時は、板と腰と肩の平衡を保つ。(目線キープのTポジション)
ターンの初動は、スッと重心を落として角付け=型を維持。 (態勢を作る前に顔をむけない。顔を先行させると前重心になるので、視線だけの意識。)

【廻旋動作中】視線は先、顔は前だけど、体軸は前に出さない(ステイ後ろ足。鼠径部意識) リラックスして膝が曲がっている状態で、ターンの中盤に左膝をグン伸ばし!
リーディングアームは、水面に沿わす感じ(Tポジが波と垂直)で、無理に水面をタッチしようとしないでOK!
※仕掛ける前のボトムの時点で、後ろのスープの状況イメージがあると深く戻れる。)

【FSリッピング・カービング】



★カカト側への急旋回のコツは、Tポジとお尻!さらに右手と左膝
1.まずお尻を軸足意識でカカト側に落とすイメージ。 トップでひねる直前に、お尻を後ろに落とす意識から、 右ひざガニ股で外くるぶしの下(カカト)にグンと乗る!

2.「右手を波の角度に合わせて前に出す」
左手は水面を触るように下げる。肩甲骨を意識して、廻旋方向に目線と上半身に向け続ける。 (スピードがあって傾きが強くなれば、リーディングアームを水面に入れる事でピボットしてハイラインを保持できる) ※リップの場合は、耳に付くぐらい上にあげる!

3.トップターンの醍醐味=ドライブは、タイミングをみて「左膝を伸ばす!」
右ひざガニ股で外くるぶしの下(カカト)にグンと乗って、左足を伸ばす! (左膝を伸ばさないと板が立たない。鼠径部=股関節を意識して、Gに耐える)

トップターン後半からリエントリー

カービングの場合は、お腹に力を入れて、角付け態勢キープしつつ、 視線(顔は前に行かない)でリードしながら、回りきるまで態勢はキープ。

高く上げた右手を左膝に → 下げた左手を大きく(脇を使って)振り上げる。
そのままバンザイのカタチで軸足意識で着水。

★振り上げた左手を振り下げると、リエントリーの型。
※下半身は、左足でノーズを引き寄せて、両足でボードを挟み込むイメージ。

●ちなみに、カービングを仕掛けるは、カールの下! ※カール上部で仕掛けると、板が抜けるよ。

【リッピングの廻旋動作は、陸トレで繰り返し練習】 廻旋初動は、骨盤(股関節と腹筋)でグッと行い、腕や肩甲骨は、この体幹の意識の次に降られて出てきて後押しする感じ。
※スケートのエンドオーバーで型とバランスを確認。
※トップターンで「迫力が出ないのは、腰が入っていないから」・・・膝でなく、腰を入れる!




【FSトップターンのフィニッシュをスケボーで確認】

Tポジションでの廻旋の後、 ターンの最後に骨盤の絞りと伸びあがり動作で、もうひとドライブ。
ターンの最終地点で「左脇を引き上げてスプレーを完成」させてから、 チェストオーバーザニーの姿勢に丸まってリエントリーに向かう。

リエントリーのダウンザラインは、右手をフェイスに沿わせるように(後ろに流さない)して、 テイクオフと同じく重心を下げ、岸を目指して下りていく! ※特にカットバックの後に体が伸びきってしまう癖があるので、 波の高い位置にボードを持っていったら、お腹に力を入れて重心を下げる事。
※トップターン直後は重心が上がってしまう場合が多いので、 上がった重心をスッーと落としながら傾いていく。

トップターン時の意識と目線

●目線は、常に板の進むべき方向に向ける・・・ トップターンの瞬間は、板を見てはNG! 岸側のボトム90度方向に視線を送っておくと、ハック気味に下りれるので、失速しないでリエントリーができる。
★目線で大事なのは、「目線を切ること」=ボトムに居る時は、トップに目を向ける。 トップに居る時は、ボトムに目を向ける。=ターンに入る直前に波に合ったラインを脳内でイメージできたら、 その「イメージの進行を追いかけて、目線を先行させる」=目線を切る前に、脳内イメージでラインを完成させていく! (視線の移行で、自然と体重移動もできてくるハズ。)
★常に「上から下」の意識・目線!
ハイラインに来た時、目線は上から波を見下げる感じになるはず。
※もっとハイラインを維持して、上から下への意識でライン取りをイメージする。 (ハイラインをキープしながら、降りてトップに戻ってくる意識)
※下から上は、方向付けの「目線と顔だけ」=体勢は常にステイロウ。下から上にジャンプは特にNG!

【カットバックの流れ】

ハイラインに持っていきながら、後ろの波をイメージ、 波に合わせてターン弧をイメージしてから基本姿勢に入っていく。 (目線状態リードではなく、閉じたままカカト側に倒れ込む感じ。 傾いてレールがグッと入れば、そこから上体を回して良し。)
※カットバックの後も重心が胸に上がってしまうので、 カットダウン(ターンの後半)しながらとスープにあてた後、 上がった重心をスッーと落としこむ意識が大事!
※リエントリ時に、ボトム方向に走れるように高さを残しておく。
※厚い波やラウンドハウス気味のカットバックの後は、 すぐには走れない場合が多いので、もう一度カットバックを狙う事が多い。



自然エネルギー展示室「ソーラーボーイズハウス屋久島」屋久島半日観光ツアー  | 食材の宅配・通販「みんなの産直」
自分で行う放射能被曝対策 |  クレジットカード選びのポイント |  賢い保険の選び方