サーフィンのテイクオフ

HOME > テイクオフ

 サーフィンのテイクオフは、
 水平を維持して、ゆっくり動作すると転びません!

まず、腹這い姿勢でのバランスとパドルの強化(スプリントパドルを行っても板がブレないように)が必要条件です。

ある程度の筋トレと経験が必要なので、焦らず取り組む必要があります。

テイクオフできない理由は、経験値と「焦り」です。

波の見方からパドル、波に押される時のバランスなど、経験が十分に出来てきたら、 ゆっくりとした動作で立ち上がるだけです。ある程度の経験値が必要な部分です。
波に合わせてパドルでボードを滑り出させるようになったら、最初は「ゆっくりとしたテイクオフ動作」で立ち上がる意識が必要です。 (何度も繰り返していくうちに自然と早くなりますので、安心してスローモーションで立つ練習をしてください。)
※腰を反った反動で立ち上がるクセが身に付いてしまうと、後々テイクオフが安定せず困ってしまいます。

ゆっくりとしたテイクオフ動作のコツ

まず、板が滑り出しても焦って立とうとしないで、腹ばいやプッシュアップの状態で安定して滑走できる 前後バランスを獲得する練習が必要です。(波の前に滑り落ちないように波の中腹をキープする練習)
ウネリに押されながら、板のバランスが取れるようになったら、その安定した板の上に「ゆっくりとした動作で立ち上がる」だけです。 (ピーク下のウネリに合わせらせるようになると、ブレイクするまでの間があるので、ゆっくり立ち上がれるようになります。)
膝を付いたプッシュアップ姿勢から、「後ろ足をペタッ → 前足を(腸腰筋の伸張反射を使うイメージで)胸の下にゆっくりペタッ」 という感じで、焦らずゆっくりとした動作でスタンスを決めます。
両足に重心を移し終えたら、ゆっくりと 手を離して低い姿勢で両手を広げバランスを取ります。 (この時のコツは、自分の行きたい波の斜面を見る事。自分の足元や波の真下を見たら転びます!笑)
そして、最後は自分に合った自分なりのテイクオフ方法を模索してみてください。