AD/PRを含みます。

屋久島おすすめカフェ・ランチ【食べログ・Rettyでは探せない】

Solar Boys House「観光・登山ツアー」 > 屋久島おすすめカフェ    

【安房での勝負ランチは鹿肉】屋久鹿ジビエ王国 (安房)

(若い女の子)「ヤクシカくわぁい(可愛い)過ぎるぅ〜」
その直後、、、「すいません。ヤクシカが美味しい店どこかありませんか?」
7BER7ぐらい高確率の、屋久島アルアルです(笑)
ランチなら2,000円前後で「後悔させない」屋久島産の鹿肉料理が食べられます。

左は、鹿肉の味噌デミシチュー(2,000円)右はペッパーランチ(1,500円)
鹿肉は、料理が難しいのですが、本当に上手に調理されています。 ヤクシカは、焼くしか(ヤクシカ)無い(←親父ギャグ)と思っていましたが、色々な食べ方があると勉強にもなりました。
裏にある加工場でワンチャン用の鹿の骨(冷凍)も購入できます。
※私が買った時は、破格のキロ千円でした! (うちの犬は、大喜びで骨ごとバリバリ砕いて食べてしまいます。)

【電話オーダー可】At Pesca (平内)

「揚げたこ焼き」のノボリを見た瞬間に、気が付いたら急ハンドルを切っておりました(笑)

ですが、注文したのは「天丼(600円)」です。注文後に揚げるので、揚げ立てをお庭で頂けます。 屋久島のアフガニスタンと言われる平内で(平内地区にお住いの皆さん冗談です笑)サクッと美味しいランチが食べられて幸せでした。
そして、かなり気に入ってしまったのが、「ペスカシェイク(300円)」です。 オレンジにミントが入って、あっさり爽やかなシェイクなので、ドライブの御供にピッタリです。

【ALASKA DONUTS】アラスカドーナツ (麦生)

「アラスカドーナツさんは、どこにアラスカ?」「正解は、麦生です!」 私は、(気絶しているうちに)全種類1個づつ注文してしまっていました。



「春風のように、さわやかなドーナツだなぁ」と思ったら、北海道産の厳選素材で作られているそうです。 (念願の)ドーナツなのに血糖値が爆アガッてしまう感じがゼロなので、、、(自分的に)カロリーもゼロです(笑)
ALASKA DONUTS

※もしも私が「第一回屋久島スイーツ選手権」の審査員ならば(妄想です!)、ひらみ屋さんの「パッションロール」とドライブイン縄文の「揚げパン」、そらうみさんのジェラートとともに、 アラスカドーナツさんのラベンダードーナツは確実に金賞候補です。


【管理人の独り言】「お洒落なカフェ」とは・・・

私が聞かれて一番困る質問があります・・・ノマドカフェなのか、スマイリーなのか、ヒトメクリなのか、、、

「屋久島でお洒落なカフェをご紹介して頂けませんか?」

「あんっ?熊毛郡屋久島町にオシャレを求めちゃイカンぜよ」(←これは、もちろん心の声です)
※屋久島のカフェ店主組合の皆さま、すいません、ホントすいません。(この話の流れでの、フィクションです)

この「お洒落なカフェ」とは何ぞや・・・という「お洒落なカフェ」の定義といふべき疑問に解が見出せないまま、40代も中盤まさに中高年に突入してしまいました(笑)
この不毛な求道に終止符を、本日、(仮にでも)打っておきたいといふ心境に至り、この「おすすめカフェを紹介するページ」を数年ぶりに更新しておりまふ。ハイサイ
「お洒落なカフェ」とは・・・ 本当のシャレオツ、いや漢(オトコ)のオサレといふべきか・・・
おっと、ブラウザの「戻るボタン」を押しかけた、そこの貴方!ハイッ、そう貴方です。ここからが本題なので、あと30秒だけ読み進めてください。

話は、私が東京にてサラリーマンだった頃(15年ぐらい前)にサカノボリマス。
ある事件が起きました「(カラ出張の時間つぶしのためだけに)偶然入った喫茶店のコーヒーが一杯1,200円だった事件(at銀座)」です。
「なんか、がらんとしているなぁ〜」と思いつつ着席してメニューを見ると、一番安いメニューがブレンドコーヒー1,200円だったのです!(遠い目・・・)
まだ若く今ほど図々しくなかった私は、100円の菓子パンを買うにも15分悩んでしまうほど安月給だったにもかかわらず、潔く1,200円のコーヒーを注文しました。
ミルクとコーヒーを聞かれて、(少しでもコストを回収しようと必死だった私は)「両方お願いします!」と返答しました。
すると、コーヒーの味が分からなくなるからダメ!と、何故か却下の上に説教される始末(聞かれたから答えたにもかかわらずですよ笑)
その時の苦い記憶(コーヒーだけに)にあるコーヒーの味より、確かに美味しいと感じる珈琲店が屋久島にございます。
ご清聴ありがとうございました!

【おすすめカフェ ナンバー1】 珈琲 はまゆ (湯泊)

おすすめカフェ おすすめカフェ
おすすめカフェ おすすめカフェ
普段はカフェオレ派の私ですが、こちらの珈琲は濃いハズなのにブラックで飲めてしまう不思議。
ガツンとくる自家焙煎の珈琲は、珈琲が好きな全ての人を後悔させません。私が保証しやす!(←勝手に私設応援団) 「このHPを見た!で何か特典を下さい!」とお願いした所、何故かやんわりと断られてしまいました。
その理由は、お会計時に判明!

ナント、お値段400円ではございませぬか!

自家焙煎の手間暇をかけて、目の前で丁寧にドリップしてくれるのにです!

素人でも原材料費が高そうなのが分かるクオリティーなのにです!

良い人過ぎて商売が下手なお手本を垣間見た瞬間に、「こういう感じが本当のお洒落なカフェなのでは?一杯1,200円以上の価値(店主の名前がカチさんだけに)が絶対にある!」
「不器用なオトコですから・・・」と今にも言い出しそうなマスターを見ながら、今どきな特典を求めてしまった自分を恥じる帰り道でした。

※店主の加地さんは登山ガイドでもあるので、登山や植物・観光全般に聞きたいことに何でも答えてくれると思います。 (奥様手作りのスイーツも絶品です!)
珈琲はまゆさん(インスタ)  /  グーグルマップ

【木・金・土のみ幻のランチ】屋久島漁協特産品加工販売センター (安房)

OMG!新鮮なお魚がギョウギョウの海鮮丼は、白御飯が足りなくなる事間違いなしです!

気になるお値段は・・・漁協直売という事で期待大ですが・・・

写真の海鮮丼(もしくは飛魚漬け丼)セットが1,000円!
OMG!安くも無く、高くも感じない「絶妙なお値段」です(笑)

※「トビうどん」も飛魚の素晴らしいダシ(あごだし)で出ています。 そして、小麦アレルギーでも安心の「魚肉麺」です!


「OMG!さすが漁協!」という昭和な入り口は、オシャレ一辺倒の世の中にケンカを売っているとしか思えません(笑)
【お土産物も併設】 そして、他のお店には存在しない冷凍の 飛魚100%すりみ(砂糖など添加物一切なし)があります。 (猫を飼っている方のお土産に推奨)
屋久島漁協特産品加工販売センター


【 THE カフェ】ノマドカフェ (麦生)

「インスタ女子は黙って、ノマドカフェ」という巨人軍もビックリの勝利の方程式。 お料理もこの通り・・・隙が全く無し!の完璧なカフェ飯です。

選べるランチセットの他、チャイなど多彩なドリンク・ケーキ・ジェラード(そしてビール)が選べます。

個人的には、ロケーション的に雨の日に雰囲気があるように感じます。 雨の日に過ごし方に困ったら、お気に入りの本を片手にノマドカフェへ!
ノマドカフェ

【 創作料理 】樹(いつき) (宮之浦)

味(とボリューム)にうるさいお父さんも納得間違いなし。
たとえるならば「料理人さんが、ちゃんと調理してくれているハイクオリティな定食屋さん。」
そんなお店です。小鉢からして丁寧なので、「良い仕事してますねぇ〜」と古い独り言がでてしまいます。
メインのトンカツもエビフライも「しっかり!」なので、ガッツリ大満足です。 【 創作料理 】樹(いつき)

【2018年オープン!】屋久島クレープ Cafe 樹之香 (安房・平野)

「屋久島にクレープ屋さんが、できたらしいよ」

そう言う噂を聞いた直後、気付いたらクレープ屋さんの目の前に居ました(笑)

私が迷わず注文したのは、けい水産の燻製を使ったトビウオクレープ(580円)。

と、たんかんチョコバナナ(400円)

と、カフェラテ(350円・セット50円引き)

テンションが上がって気付いたら、手に持ちきれないほど注文していました。

「あむっ、あむっ、美味しすぎる!もうひとクレープいけそうなサッパリ感!」

お持ち帰りカフェですが・・・ 沢沿いの木陰の気持ち良さを体感できるウッドデッキで食べることができます。 (屋久島ナンバー1ロケーションカフェに勝手に認定!)

※300円のクレープは、バナナ・ストロベリー・キャラメル・チョコレート・きんとき・小倉抹茶・たんかんと安くて種類が豊富です。


手作りアクセサリー樹之香 / 屋久島クレープ Cafe 樹之香

猿川ガジュマル近くの手作りアクセサリー樹之香さんが始めたカフェ。

クレープ各種300円〜、飛び魚クレープ(サラダ)580円、

ドリンクもホットコーヒー300円の他、たんかんハイビスカスティー・キャラメルマキアート・フローズンドリンクなど充実。

場所:安房を尾之間方面へ走り三岳酒造を過ぎて、しばらくの左手。 猿川ガジュマル目指していけば、分かりやすデス。

営業時間:10:00〜16:30
定休日:不定休


オタク系喫茶 ハンターショップ ちーぞー(安房)

すいません、ホントすいません、「じゃ、ブルーで!」と普通にご注文をお願いいたします。
ランチセットは、格安の700円で鹿肉料理・鹿汁・サラダ・スイーツ・フリードリンク付きです。( メニュー画像 ) ※40代男子のみに理解できるであろう3カラーから選ぶ「サンバルカンメニュー方式」(←しかも手書き)です。 この勇気に、心の中で拍手!ちなみに私もイエロー派でした(笑)

屋久島にヤクニク屋さんができてから、鹿肉が食べられるお店が沢山できました。
しかしながら、私的な鹿肉料理ナンバー1は、ちーぞーさんの「竜田揚げ」(単品だとナント400円!)です。

こんなに柔らかくて味のある鹿肉料理は、初めて食べました。(金・土・日月曜日に安房でランチに迷ったら是非!)
カレーも美味しいですが、「竜田揚げ」ホントに美味しいです。量も成人男子が十分にお腹一杯になります。




「オタク」と「ハンター」というキーワードに少々敷居の高さを感じてしまいますが、オーナーの人柄も良く全然大丈夫です。

熊毛郡屋久島町安房1983
0997-46-3583
建物全体禁煙

お食事の店 のどか(安房)


(左:日替りの花定食1,100円 右:エビから定食1,400円)
安房地区でのランチ、和の横綱という感じの「のどか」さん(特に鶏唐揚げが評判です!)

「魔法が掛かってるのでは?」という料理には中々出会えませんが、「のどか」さんの鶏の唐揚げは、まさにそれです。

2024年からは、ロールケーキもメニューに加わって、ますます女子会人気が高まりそうです。

※タンカン畑に囲まれた、のどかなロケーションに 清潔な店内・屋久杉のテーブル・バリアフリートイレ完備なので「特別な日のランチ」にもオススメです。
891-4311 鹿児島県熊毛郡屋久島町 安房2437-269
0997-46-2669
営業時間は11時〜14時。木曜定休・不定休。

焼肉 花皐月(安房)※グリーンホテルの近く

「あぁ、今日は火曜日かぁ。どこも定休日やわ!(at安房)」という時の救世主!
日替わりサービスランチは、500円でガッツリ!間違いなしにお得です。( メニュー画像

飲食店さんに「コスパ」という言葉は使いたくない私ですが、あえて「花皐月のランチ、コスパ最強!味付けは、九州らしく甘め!」と書き残しておきます。

焼肉屋さんらしく半個室なので、くつろげる雰囲気。 写真は、火曜日のサービスランチ「カツ丼」500円で満腹!満腹!

891-4311 鹿児島県熊毛郡屋久島町安房1150-58
0997-46-3687

喫茶 樹林(小瀬田)※空港の近く

カフェと言うよりも「喫茶店として場が育っている」感が素晴らしい「喫茶 樹林」さんです。

空港の近くで(ノボリが立っていたりして)入りやすいお店に入ってしまうと、失敗してしまうものですが、 樹林のランチ(カレー・パスタ・トーストセット)はお勧めできます。

写真は、オーロラカレーのサラダ付き(820円)にトッピングほうれん草(100円)

最後に、レモンタルト・ふわふわかき氷もオススメしておきます。

891-4207 鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田826-31
0997-43-5454


六角堂イートハーブ(麦生)

「六角堂ブームが来ている!」と言っても過言ではありません。 島南部で大人気のランチと言えば、六角堂さんです。

お子様が喜ぶ味と言うよりは、大人のスパイシー本格派カレー。

しかし、写真の「焼きチーズカレー(900円)」は、お子様も喜ぶ事間違いなし=味覚が子供の私の胃袋をトリコにしました。

たっぷり過ぎるチーズが濃厚な旨味となって、カレーの風味を巻き込みながら・・・「筆舌に尽くしがたい」という言葉を、今まさに感じています(遠い目)

とにかく「六角堂の焼きチーズカレー」食べてみてくださいな!

六角堂さんは、スパイシーブックカフェというコンセプトがあり、本も沢山あるので雨の日にカフェとして利用するのもアリアリです。 お持ち帰りにホットサンドも人気です。

「豆のカレー」

屋久島 八万寿茶園 無農薬のお茶・ソフトクリーム(空港の近く)

暑い日、空港近くの県道沿いに車が次々に吸い込まれて行く場所があります。
その目的は、ソフトクリーム(抹茶ソフト・バニラ)
そのお値段・・・200円!
(屋久島のスイーツ遺産確定)

全国のスイーツ男子の皆さま、汗ばんだ手に200円を握りしめて、いざ逝かん!

※写真は、新発売のカップアイス。
私個人的には、ソフトクリームの方が断然オススメ!
店内で頂くとお茶もサービスして頂けます!

もちろんお茶屋さんなので、お土産として、 緑茶・ほうじ茶・微粉末粉茶・紅茶なども人気があります。 (個人的なオススメは、微粉末茶)

場所:空港から安房方面へ車で約3分。

営業時間: 8:30〜17:00
お電話番号: 0997(43)5330 フリーダイヤル: 0120-8940-88
※不定期でお休みの場合があります。また、悪天候時にも、休業の場合があります。


屋久島おすすめカフェ・ランチ

屋久島は意外と大きな島なので、ランチでは場所でお店を選ぶことが第一です。 宮之浦なら「パノラマ」南部なら「デービス」さんがオススメです。

cottage Davis(デービス)(麦生)

この日は、絶品ラザニア!
「屋久島で素晴らしきランチタイムを楽しみたい」そう思うならば、デービスさんのランチ一択です。 少しだけ入り口が分かりずらい所が、また名店のよくある事。お料理・接客・雰囲気も含めて、屋久島の奇跡です。

宮之浦ランチ「パノラマ」「隠れ家」←食べログでは探せない!



冬もつ鍋が最高!
【取材拒否・SNS掲載NG】オシャレな音楽と居心地の良い空間、切れ味勝負のお料理。
ランチは、魚系・お肉系など季節のオススメ3種類から選べます。(800円・飲み物付き1,000円)
※ペット同伴可・テラス席(喫煙席)もあり、まったりランチにピッタリ!
【 Free Wi-fi / Local Specialties(fish・meat) / English Menu / Vegetarian 】
Lunch 11:00-14:00 Dinner 17:00-23:00
tel 0997-42-0400  map

「地元民の隠れ家になる」という想いが、メニューからお料理からお値段から伝わってくるお店です。 鹿肉・車海老から一般的な居酒屋メニューまで、良心的な料金で楽しめます。【ランチ営業あり】

アクアカフェ AQUA CAFE(小瀬田)※空港の近く


「空港の近くで」「県道沿いで入りやすく」外さないランチをお探しなら、迷わずアクアカフェがオススメです。
建物外壁のデザインが特徴的なので、すぐに見つかります。
写真は、ハンバーグランチです。(3種類ぐらいの選択形式)
2017年オープンなので建物も新しく気持ち良くランチができます。
鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田623-214
0997-43-5657

屋久島ジェラート そらうみ(麦生)

南国フルーツを生かした本格イタリアン・ジェラートのカフェ。

永久保・八万寿茶園 のソフトクリームと並んで、 甘党な私は夏に通い詰めてしまいそうな危険なお店です。

マンゴー・タンカン・塩・抹茶・バニラ・・・と色々な味があり、2種盛り3種盛りで楽しめます。(持ち帰り可)

イタリアン・エスプレッソマシンがあるので、本格的なカプチーノが飲める貴重なカフェです。

営業時間:13:00〜17:00
定休日:火・水・第一土

宮之浦地区でのランチのオススメ


「四季亭」さんは、定食や地元の魚(首折れサバのお刺身など)を中心に、見た目も綺麗に出してくれるお店です。
「楓庵」さんは、そば・ちゃんぽん・うどん等庶民的なメニューで、地元サラリーマンに圧倒的な支持を受けるお店です。

イタリア料理店「イルマーレ」(空港近く)

屋久島空港の徒歩圏で、屋久島産の魚や鹿肉を使ったイタリア料理店。 ピザ、美味しいです!
ランチ(ピザorパスタセット)=1,620円 ランチタイム=11:30-15:00
※ディナーもあります。

屋久島オリオン(原)

モッチョム岳が一望できる「外のテーブル席」が特等席です。
鶏肉のトマトソース煮など洋風メニューが豊富なお店です。
写真は、小悪魔風ディアブル(1,000円)
おっとランチなのにビールが映り込んでしまっているぜょ・・・

よろん坂(安房)

個人的には、屋久島B級グルメbPなのが、よろん坂の飛魚バーグ定食(750円)です。 (It is a recommended lunch for a vegetarian.) お母さんのトークと共に病みつきになる味です。だご汁定食も素晴らしい!無料Wifi
追伸; 最近、地元の若者の間で「本当の世界遺産に会いたい?」「えっ、世界遺産て人なの?」という会話の後に連れて行かれるのが、よろん坂です。(行けば分かります!)

屋久然料理 茶屋ひらの

折角なんやから普通のランチでなく想い出に残るランチをとお考えなら、こちらがオススメです。 料理の説明をしっかりして頂けるので、焼酎を飲みながら何やかんやと楽しめます。 ランチ2,000円ですが、その価値は有ります。団体のお客さんも多いので、電話で事前予約が安心です。(TEL:0997−46−2816)

みち草(安房)

私が大好きなのは、飛び魚のフライ定食。 安房港が水揚げ日本一の飛び魚、あっさりしているのでフライにすると丁度良い感じです。

麺屋りんたろう(安房)

 

個人的に、屋久島bPラーメン店なのが、「麺屋りんたろう」さんです。
見た目こってりラーメンかと思いきや、意外とサッパリでコクもあるというような、文章では表現しきれない美味しさ。
離島ラーメン総選挙と言うのが「万が一」あれば、上位入選間違いなしです。
場所は、 元NABURA(ナブラ) さんの場所です。

カフェ どうぶち(原)

ダンディなマスターが、良い音楽と癒しの時間を提供してくれる小さなカフェ。
コーヒー280円という良心的な価格は、屋久島のためを思って日々過ごしているマスターの気持ちの現われです。(The takeout of the coffee is possible.)

マスターは、地元出身なので地元の常連さんと観光客の交流の場所になっています。 なので、貸家・物件情報なども豊富に集まります。 (私も貸家探しの際には、大変お世話になりました。)

私が里で一番だと思っているパワースポット=原の益救神社も近くにあります。 神社の場所は、凄く分かりにいと思うので、マスターに聞いてみて下さい。

ちなみにカフェ どうぶちは県道沿いにあるので、直ぐに分かると思います。Free wi-fi

KITCHEN&CAFE ヒトメクリ.(宮之浦)

日替わり定食950円は、なんだかんだと文句を付けたい女性陣を黙らせてしまう隙の無さ。 写真を撮り忘れて一口食べてしまったので、お皿が汚れていますが、見た目も素晴らしい感じで出てきます。 いつもお客さんが入っている人気店です。



和茶灯=わさび(安房)

もはや私の中では定番になったケーキセット600円
ジャズを聴きながら、きなこロールとカフェオレで至福の一時が過ごせます。
和茶灯(わさび)FaceBook

SLOW(竜天)

15時までのランチセット(グリル・サンドイッチ・オムライス)が人気のお店です。 屋久島には無いメニューなので、とにかくお子さんに人気があります。
営業時間:12時〜22時(日・第2土休み)

ダイニングカフェ&バー SLOW

樹の実(麦生・高平)

石窯と薪で焼くピザが評判。水〜土の11時半〜14時までがピザタイムです。
私的には、屋久島のベスト・オブ・パン屋さんなのですが、何度行っても辿り着けないのが切ない感じです。(サンカラHOTELの看板が目印)

石窯パン工房「樹の実」
鹿児島県熊毛郡屋久島町麦生335?75
TEL:0997-47-3939

パン・ド・シュクル(尾之間)


屋久島は、水が優しいからかパンも優しい味になります。 安房のヒロベーカリーや尾之間のペイタなど、 老舗のパン屋さんも素晴らしいのですが、尾之間のパン・ド・シュクルは、開店と同時に超人気店になったパン屋さん。
おすすめは、カレーパン!!! 私はカレーパンを食べると、いつも胸やけするのですが、こちらのカレーパンは胸焼けしません!
開店9時 定休;日・月・祝

パン・ド・シュクル

nomado cafe 〜ノマドカフェ〜(原)

屋久島のママさんたちの間で、子どもは連れて行けない雰囲気だけど女子だけで行くなら最高!と人気のお店。

「男性には物足りないランチかも知れないけど、私たちスイーツがあれば生きていけるわ!」という若ママ層の熱狂的な支持を集めています。

屋久島 nomado cafe 〜ノマドカフェ〜

「本坊酒造」

本坊酒造さんに焼酎の試飲カウンターができました。
夕方に試飲に行って、「ああでもない、こうでもない」と言いつつ、さりげなく量をいけば、 酒代が浮きます(笑)
味と香りで比べれば、三岳の上だ!という地元民多し!

本坊酒造






屋久島案内
白谷雲水峡
縄文杉
おすすめガイドさん
登山(トレッキング)
カヌー・シーカヤック
沢登り
グルメ・お土産
カフェ・ランチ
宿・交通手段
おすすめホテル
おすすめ民宿
自作格安ツアー
フェリー・高速船
レンタカー
ガイドメニュー
メニュー・料金
参考資料
屋久島旅行案内
ベスト南西諸島
今年の冒険
今年の歌
自己紹介

お問い合わせフォーム
↑メール送信フォーム





屋久島現地ツアーTOPへ



    【募米】お米の寄付募集中! / お問い合わせ
Copyright 2004 watagonia.com  All rights reserved.