おすすめ乗合保険代理店・保険ショップ(FPによる比較相談)

賢い保険の選び方「TOPページ」 > おすすめ乗合保険代理店(FPによる比較相談) watagoniaトップへ

人気の保険ランキング【価格.com 保険】 / 「ほけんの窓口」口コミ体験記【2017年度版】

保険 おすすめ乗合保険代理店・保険ショップ(FPによる比較相談)

近くの来店型保険ショップが探せる!

「保険代理店が近くに無い」「近くにあるけど予約が取れない」という方のための便利なサイト。保険代理店のハシゴに便利です。

【まとめ】乗合代理店・保険ショップは、あくまで比較検討の場所。 最後は、FPに相談が鉄則!

おすすめの乗合代理店は、保険料比較システムで選ぶ! おすすめのFP(ファイナンシャルプランナー)紹介サービス(全国)

個々の保険は、意外とすんなり選べますが・・・ 「無駄の無い保険の組み合わせ」ましては「将来においての貯蓄とのバランス」となれば専門家に相談した方が無難です。

乗合代理店・保険ショップは、「はしご」しても無駄!

保険ショップは、保険の販売手数料で稼いでいます。

なので、販売手数料が多い保険(キャンペーン中の保険)を 「これが、オススメ保険です!」と提案されます。

要するに、販売手数料が高い=保障が厚い。つまり、 必要以上に高い保険料を支払うことになるリスクがあることをご理解ください。

さらに、最近は乗合代理店のグループ化が進んでいるため 「店名は違っても、おすすめ商品は同じ」という場合が少なくありません。
※最後はFPの相談(有料でも無料でも)を行った上で、自分で自分の入る保険商品を選べば間違えません。 「面倒臭いなぁ・・・」と思われる気持ちも分かりますが、 これから支払うであろう保険料の総額を計算してみてください。(想像以上の金額です!キッパリ!)


おすすめ乗合代理店

おすすめ乗合代理店は、「ほけんの窓口」です。(取り扱う保険会社が多く、比較システムがあり、気兼ねなく質問できる雰囲気です。)
乗合代理店に相談に行けば、だいたいの知識と相場観を掴めます。
FPの資格を持つ相談員がいればベストですが、 保険ショップでの目的は「あくまで保険の比較」なので比較システムに投資できている大手なら安心です。
その時に提案してもらった「おすすめ保険」を持って、FP(ファイナンシャルプランナー)に相談に行きましょう。


おすすめFP(ファイナンシャルプランナー)

実力派FPによる無料相談

FP紹介サイトも増えてきましたが、 相談件数や満足度が高い=実績のある紹介サイトには、実力のあるFPが在籍しています。

「保険選びに正解は無い」ので、結局は相性の問題もあると思います。 信頼できそうなFPさんを探せるサービスをご紹介します。

当サイト独自調査・・・と言っては大袈裟ですが、個人的におすすめできるFP(ファイナンシャルプランナー)さんをご紹介します。 (メールでの質問にでも、丁寧に答えて頂けます。) 乗合代理店の提案は、内容に偏りがあったり、保険ありきで学費・生活費への配慮が不足していたりするので、 最後は信用できるFPを見つける必要があります。

※要するに乗合代理店での相談では、我々の家計の状況よりも保険料の方を優先しがちなので、 最終的に貯蓄と保険料のバランスをFPに判断してもらえば、より安心して保険に入れると思います。

そもそも乗り合い保険代理店とは

乗り合い保険代理店とは、複数生命保険商品を取り扱う保険代理店の事です。 たくさんある保険商品の中から、顧客に最も適した保険を比較検討できることから急成長しています。
(例えば、アフラックの代理店に行けばアフラックの保険商品の中でしか比較できませんが、乗合保険代理店ならオリックス生命やソニー生命など様々な保険を比較検討できることになります。)

しかし、注意も必要です。
保険会社が乗合代理店に支払う代理店手数料にバラつきがあるために、 乗合保険代理店的は、本当に顧客に見合った保険では無く 保険料が高くて手数料が大きい保険商品を売りたい という心理が働きます。 (保険会社が期間限定で代理店手数料を上乗せするキャンペーンなども頻繁に行われていると聞きます。親切な相談員の方も沢山居ると思うので、一概には言えませんが・・・)

なので、アメリカでは「契約者が希望すれば代理店手数料を提示しなければならない」という規制も始まっています。

    乗合代理店では、以下の質問を!
  • 保険と貯蓄のメリット・デメリットを聞いてみる。
  • 学費の確保は「学資保険」「低解約返戻金型終身保険」とどちらが良いか聞いてみる。
  • 医療費の「高額療養費制度」と「先進医療特約」の内容と必要性について聞いてみる。
保険選びのポイントは「貯蓄と保険のバランス」「保険料と保障内容のバランス」が一番です。 (代理店的には、家計の状況・貯蓄より保険料の高い保険に入ってもらいたがっています。 高額の保険料を払うより、貯蓄に回した方が家計のやり繰りは利く場合が多いです。)

そして、保険料は将来にわたって払い続けるため、「収入に見合った無理のない保険料かどうか」もポイントです。




【 ▼ 悩む前に、まず行動!これで保険に入れます! 】

【最適・最短・最安】賢い保険の選び方

ステップ.1 まず、資料請求。保険の基礎知識と相場観をつかむ!

ステップ.2 乗合代理店で、おすすめ保険を比較!

ステップ.3 自分が保険に入る目的を再整理して、FPに相談!保険料と家計のバランスを客観的にみてもらう。

ステップ.1 資料請求

まず、資料請求。保険の基礎知識と相場観をつかむ!

保険商品についてまったく知識が無い人は、相談前に人気保険の資料請求をしてしてみましょう。 保険用語に慣れ相場観を知るだけでも、相談時の納得感が違います。一括資料請求サイトが便利です。 (資料請求する保険も分からない場合は、私のオススメ保険を参考にしてみてください。)

ステップ.2 保険代理店で相談

乗合代理店で、おすすめ保険を比較!

お店やスタッフによって提案する保険が違う場合もあるので、なるべく取り扱い保険会社数の多い乗合代理店を2社以上回ってみましょう。 契約者が支払う保険料は、どのお店でも変わらないので、加入後もしっかりフォローしてくれそうな代理店で加入しましょう。
※相談料無料のカラクリは、保険代理店は保険会社からの契約手数料を収益としているからです。

ステップ.3 保険料と保障内容を比較

「加入目的」にかなう保険を比較、最後は月々の保険料で選ぶ!

自分が保険に入る目的がハッキリすれば、「加入目的」にかなう保険商品が見えてきます。 あとは、保険料と保障内容の比較だけですが、ここが一番大切なのでプロの意見を聞きたいところです。
月々払うことになる保険料と家計(貯蓄)のバランスを客観的に判断してもらいましょう。



賢い保険の選び方のポイント
どうぞ、お友達申請お願いします! 30代のある日「保険にそろそろ入ろうかな」と思い立ちました。
「保険が似通ったものばかり」になっている理由は、規制が厳しく(新しい保険に)許可が下りにくいという理由からでした。 「保険選びの分かりにくさ」も「保険商品の比較広告の禁止」という規制が理由でした。(暇だけはあったので、かなり調べました!)

今回は、かなり苦戦してしまったので 保険選びの専門家(ファイナンシャルプランナー)の皆さんの手を借りながら、 「いさじJoeおじさん」流の保険選びのポイントをまとめました。

※巻頭特集「保険の専門家に聞きました!」は、 ファイナンシャルプランナー(FP)の方々ご自身が加入している保険商品を公開しています。


保険選びの極意!

まず、目ぼしい保険を価格.com 保険 で資料を取り寄せて自習!

次に、「ほけんの窓口」 など保険ショップ(乗合代理店)で基礎や保険料の相場観を掴む!
最後に、 「LIFULL保険相談」 などで信頼できる専門家=FP(ファイナンシャルプランナー)を見つけて、 相談・納得してから加入することをお勧めしています。

確かに面倒!ですが、保険は、家の次に高い買い物です。 支払うことになる保険料の総額を計算してみれば、省けない労力です。


ISJ流 賢い保険の選び方
 ▼ 内部リンク  ▼ 生命保険  ▼ 医療保険  ▼ 共済  ▼ 自動車保険  ▼ 新型保険  ▼ 保険あれこれ
 ▼ 外部リンク
 ▼ プレスリリース  ▼ 生命保険  ▼ 損害保険  ▼ 外資系  ▼ 共済・簡保

watagoniaトップへ 【募米】お米の寄付募集中! / お問い合わせ
Copyright 2004 watagonia.com  All rights reserved.