20代30代40代生命保険の選び方

賢い保険の選び方「TOPページ」 > 生命保険の選び方


保険 生命保険の選び方

[ 自立していない子供のいる世帯主 ] の死亡保障を一定期間確保する

【まとめ】「シンプルに定期で」が賢い生命保険の選び方。(子供の教育費が必要な時期限定で、医療特約も必要なし)

死亡保障は、子供の教育費確保のため(定期で充分!)

子供1人につき最低500万円・できれば1,000〜2,000万円が目安

独身・子供無し・子供の独立後は必要なし(もしくは就業不能保険)

新たに入るなら、「掛け捨て」が有利!見直しは、プロに相談!

「死亡保障」を軸に考える生命保険

生命保険は、シンプルに「死亡保障」だけを考えましょう。
生命保険と医療保険は、別々に入っておくと後で見直しがしやすくなります。 (生命保険の特約で医療保険に入ることも可能ですが、子供が独立して生命保険を解約する場合、医療保険まで解消されてしまいます。)

死亡保障は、残された家族のために入る保険なので、 目先の保障や保険料だけを考えず、一生の保険料合計や保障期間・保障額を考えましょう。

死亡保障が必要になるのは、子供の教育費を確保する時です!

もしもの時に備えて子供が独立するまでの期間、 1人分の教育費として、1,000〜2,000万円の額を生命保険で確保したい所です。

死亡保障を厚くしておきたい人

  •  奥さんが専業主婦で子供が小さい

  •  親や兄弟の生活を支えている

    死亡保障が少なくても良い人

  •  独身の人

  •  共働きで子供がいない人

  •  すでに子供が独立した人


    ※自分が死んだ時、経済的に誰かが困るなら入っておけば安心。

    最低必要な死亡保障額は・・・

    世の中にはいろいろな計算式がありますが、子供1人に付き500〜1,000万円みておけばよいと思います。

    年収を元にした死亡保障算(現状の生活レベルが保てる金額)

    年収×70%×定年までの年数
    そこから社会保険支給分や死亡退職金などを差し引いた金額

    ※経済的に余裕があれば・・・
    ある程度(500万円)の一生保障

    保障期間を定年までに伸ばしてもよいかも・・・


    【新】賢い生命保険の選び方=「月々の保険料で選ぶ」

    まず「負担が少ない保険料」の上限を決めてから、「保障内容を比較」しつつ保険を選ぶという方法もあります。 こちらの選び方が、実はシンプルで良い選び方なのかもしれません。
    たとえ万全な保障内容にしても、月々の保険料に生活が圧迫されるようなら困りますからね・・・

    保険料がお得な「収入保障 保険」「就業不能保険」

    高額療養費制度が現行水準で保たれると仮定すれば、ある程度の貯蓄があれば治療費用の方は、さほど問題にならないと考えます。 それ以上に、備えなければならないのは、「仕事ができない時の収入減」であるという考え方があります。 特に傷病手当のない自営業の人が住宅ローンを抱えている場合などは、生命保険や医療保険よりも優先して検討するべきかも知れません。。

    ※切り抜き:プレジデント
    高所得者・経営者向けの所得補償保険は、 日立キャピタル損保の「リビングエール」です。

    困った時はプロに相談!「来店型代理店」

    複数の会社の保険を比較できるので、相談者に合わせたアドバイスをしてくれます。
    ※混んでいると待たされるので、予約をしてから相談に行きましょう!
    私も「ほけんの窓口」も予約してみたのですが、1ヶ月待ちでした(涙)

    【一括資料請求サイト】

    一括資料請求サイトを使えば、住所入力などの手間を省いて複数の保険会社にパンフレットを請求できて便利です。

    【近くの保険ショップ検索サイト】

    複数の保険会社の「保障内容の比較」や「保険料の試算」を、保険ショップに行けば一括で比較してくれます。 優秀な比較システム(ソフト)で無料診断してくれるのが、乗合代理店の大きなメリットです。


    【 保険選びは、悩む前に、まず行動!】 「自分で勉強 → 専門家FPに相談」



    【最適・最短・最安】賢い保険の選び方

    ステップ.1 まず、資料請求。保険の基礎知識と相場観をつかむ!

    ステップ.2 乗合代理店で、おすすめ保険を比較!

    ステップ.3 自分が保険に入る目的を再整理して、FPに相談!保険料と家計のバランスを客観的にみてもらう。

    ステップ.1 資料請求

    まず、資料請求。保険の基礎知識と相場観をつかむ!

    保険商品についてまったく知識が無い人は、相談前に人気保険の資料請求をしてしてみましょう。 保険用語に慣れ相場観を知るだけでも、相談時の納得感が違います。一括資料請求サイトが便利です。 (資料請求する保険も分からない場合は、私のオススメ保険を参考にしてみてください。)

    ステップ.2 保険代理店で相談

    乗合代理店で、おすすめ保険を比較!

    お店やスタッフによって提案する保険が違う場合もあるので、なるべく取り扱い保険会社数の多い乗合代理店を2社以上回ってみましょう。 契約者が支払う保険料は、どのお店でも変わらないので、加入後もしっかりフォローしてくれそうな代理店で加入しましょう。

    ステップ.3 保険料と保障内容を比較

    「加入目的」にかなう保険を比較、最後は月々の保険料で選ぶ!

    自分が保険に入る目的がハッキリすれば、「加入目的」にかなう保険商品が見えてきます。 あとは、保険料と保障内容の比較だけですが、ここが一番大切なのでプロの意見を聞きたいところです。
    月々払うことになる保険料と家計(貯蓄)のバランスを客観的に判断してもらいましょう。



    賢い保険の選び方のポイント
    どうぞ、お友達申請お願いします! 30代のある日「保険にそろそろ入ろうかな」と思い立ちました。
    「保険が似通ったものばかり」になっている理由は、規制が厳しく(新しい保険に)許可が下りにくいという理由からでした。 「保険選びの分かりにくさ」も「保険商品の比較広告の禁止」という規制が理由でした。(暇だけはあったので、かなり調べました!)

    今回は、かなり苦戦してしまったので 保険選びの専門家(ファイナンシャルプランナー)の皆さんの手を借りながら、 「いさじJoeおじさん」流の保険選びのポイントをまとめました。

    ※巻頭特集「保険の専門家に聞きました!」は、 ファイナンシャルプランナー(FP)の方々ご自身が加入している保険商品を公開しています。


  • 保険選びの極意!

    まず、目ぼしい保険を「保険市場」 で資料を取り寄せて自習!

    最後に、 「LIFULL保険相談」 などで信頼できる専門家=FP(ファイナンシャルプランナー)を見つけて、 相談・納得してから加入することをお勧めしています。

    確かに面倒!ですが、保険は、家の次に高い買い物です。 支払うことになる保険料の総額を計算してみれば、省けない労力です。


    ISJ流 賢い保険の選び方
     ▼ 内部リンク  ▼ 生命保険  ▼ 医療保険  ▼ 共済  ▼ 自動車保険  ▼ 新型保険  ▼ 保険あれこれ
     ▼ 外部リンク
     ▼ プレスリリース  ▼ 生命保険  ▼ 損害保険  ▼ 外資系  ▼ 共済・簡保



    【募米】お米の寄付募集中! / お問い合わせ
    Copyright 2004 watagonia.com  All rights reserved.