おすすめ米の通販サイト

食材の宅配・通販「みんなの産直」 > 米の通販 > おすすめ米の通販サイト watagoniaトップへ

おすすめ「米の通販サイト」

お米のランキングサイト

秋田県の「河内さんちのお米」さん(あきたこまち)

あきたこまち新米産直「河内さんちのお米」

スーパーで売っている「あきたこまち」は、何だったんだろうと思います!
「河内さんちのお米」は、秋田県南秋田郡大潟村にある「あきたこまち」の生産農家。
低農薬特別栽培の安全でおいしい「あきたこまち」を産地直送でお届けします。

美味しく安全な米づくり
苗づくりからすべて有機質アミノ酸肥料
お米に残留するおそれのある殺虫剤はいっさいまきません!

実は、私(いさじJoe)も「河内さんちのお米」の大ファンです。 なぜなら、「河内さんちのお米」は香りと甘みが世界レベルだからです。 本当に美味しいお米に出会った時、「日本人で良かった!」と思います。 しかも、今年の新米は9月の天気が良かったそうで、モチモチして本当においしいとの事。

とりあえず新米の試食!
試食サービスとして、「3合真空パック 300円(送料込み)」があります!
私にだまされたと思って、本物の「あきたこまち」の実力を確かめてみましょう!

おためし3合パック「河内さんちのお米」



宮城県の「後藤農産」さん 低たんぱく米・低グルテリン米


たんぱく質制限の決め手は、毎食食べる「お米」です!
腎臓病などクレアチニンの数値が気になる人にとって、 お米でのタンパク質摂取量を節約できれば、 肉や魚もパランス良く食べられます。

「春陽」は、体内に吸収されにくい種類のたんぱく質の含有量が多いので、 たんぱく質の摂取量を抑えることができるお米の品種です。
低たんぱく低グルテリン米「春陽」

宮城県登米市にある後藤農産さんでは、産直だからできる美味しさと価格で「リピーターが増えてきている」との事です。

※実は、私の姉も腎炎です。 レトルトパックのたんぱく質調整米なるものを買っていたらしいですが、 まずくて止めたらしいです。 しかし、この春陽なら「普通に美味しいので助かる」と言っていました。

もちろん普通のお米(ひとめぼれ)もあります。→ 送料無料1,000円お試し米

後藤農産(宮城県登米市)


大分県の「宇佐のどん百姓」さん(有機JAS認定にこまる)


九州にも最高級のお米がありました!
大分県宇佐市の 「宇佐のどん百姓」の堀田さんのお米です。 炊き上がりにビックリ!お米が本当にピッカピカでした。

一番に甘さを感じるので、旨み成分が多く生命力があるのだと思います。 うむっ、さすが有機JAS認定米・・・ 無農薬・無化学肥料栽培なので、玄米食の方にもオススメです。
※母親曰く「柔らかく炊かなくても、柔らかくて美味しい。」との事、ご高齢の方にもオススメできるお米です。

おためし(試食)をどうぞ!
「お店案内」 > 「おためし(試食)」をクリック!

「宇佐のどん百姓」



滋賀県の「ゆきの農園」さん(無農薬玄米)

無農薬玄米販売「ゆきの農園」

完璧な有機栽培米

肥料は、ワラ・もみ殻・米糠だけ

滋賀県環境こだわり認証米

カモ達に手伝ってもらって育てました


「食は命の源」完璧な有機栽培

ひと口に有機農法と言っても、いろいろな方法があります。
「ゆきの農園」さんは、「人為的な施肥をしない、自然のサイクルに合った育て方」=循環栽培を基本とされています。

ある日「複合汚染(有吉佐和子著)」を読んで、化学物質や農薬に関心を持つようになったそうです。 「生い茂る雑草を目の前にして農薬を使わないこと」「楽ができる化学肥料を使わないこと」は容易ではありません。

有機農法をつらぬく強い意志は、「食は命の源である」という信念からきているそうです。

※玄米食・カレーおにぎり向き等、お米の食べ方によって、おすすめの銘柄を教えてくれるので分かりにくかったお米の銘柄選びも助かります。
※分搗き精米はしてくれるし、会員になると3%のポイントを発行→1ポイント1円で使えるポイント制度が嬉しいです。 (by いさじJoe)

「ゆきの農園」木村さんより
私はお米も野菜も自然に育った味が一番おいしいのだと思っています、 またそれがお米や野菜の本当の味だとも思っています。 作物は育てるのでなく育つのです、 そのための環境を作るのが仕事だと思っています。
銘柄によって、そのまま白御飯として食べる方が美味しいものもあれば、 玄米食やカレーやチャーハンといったものに合うお米もございます。 それぞれの嗜好に合わせて自由に食べ分ける。美味しく楽しむ。 これが、これからの日本人の食のあり方だと思っています。


伊佐米ヒノヒカリ「Shinohara Brand」


九州の伊佐米ヒノヒカリは、太陽の味がしました。

ちまたでは、「温暖化の影響で、美味しいお米の産地が北に移っている」という憶測がありますが、 私的には九州産のお米がブランド化すると予測しています。(キッパリ!)

特にヒノヒカリ系は、モッチリ食感にも関わらず、 玄人好みのスッキリした香りと旨みです。
主張しすぎること無く、主食たるご飯の役目を淡々と果たしてくれます。

何より「柔らかい!」ので、高齢になった私の母親には好評です。

伊佐米ヒノヒカリ通販「Shinohara Brand」

熊本県の「阿蘇たいちゃん農場」(お米と阿蘇の産直商品)

3千円位で外さない贈り物を探している、そこのあなた!そう、あなた!

日本人なら、お米を貰って困る人は居ません(たぶん)

450グラムづつ6種類のお米が真空パックになった贈答用お米セットです。
ミルキークイーンも入っているので、味覚のインパクトも抜群です。

試食の結果、ミルキークイーン好きな私的には、かなり上位にランクしています。 やっぱり阿蘇という土地柄、寒暖の差や土地のパワーが違うのでしょうか・・・

「阿蘇たいちゃん農場」



新潟県「産地直送!極上魚沼産コシヒカリ(非BL)」(お米)


本物の魚沼産コシヒカリの産直サイトです。
試食の際に私が一番に感じたのは、「鼻に抜ける風味」です。
もちろん甘さ(旨み)もありますが、 魚沼産コシヒカリ独特の爽やかで優しい風味が強く出ています。
この風味だけで、ご飯が何杯もイケる程です(笑)
産直の本物の魚沼産コシヒカリは、ご飯だけで 毎食を嬉しく幸せにしてくれること間違いありません。

産地直送!極上魚沼産コシヒカリ(非BL)

熊本県の「南阿蘇村おあしす米生産組合」さん(おあしす米)

おあしす米の「南阿蘇村おあしす米生産組合」
阿蘇の大地で、豊富な地下水で育った「おあしす米」
「南阿蘇村おあしす米生産組合」さんは、20名の農家が集まった生産グループ。
おあしす米とは、いしい・んぜん・んせん・てきなお米と言う意味です。 (品種:コシヒカリ)

農家自ら精米して、直接お客様へ発送する「顔の見えるおつきあい」がモットー
阿蘇は高冷地、寒暖の差によっておいしいお米が育ちます
南阿蘇村は、白川水源をはじめ多くの涌き水があり「水の生まれる里」と言われています

「熊本のお米はおいしい」という評判は、全国的な評判となりつつあります。
中でも、水が綺麗で昼夜の気温差がはげしい南阿蘇村で収穫されるお米は別格です。


初回注文限定特典!
お試しサービスとして、なんと「初回注文に限り通常の半額」(お一人様5kg)だそうです!
年間80トンを全国800余りのご家庭に直送する「おあしす米」の実力を確かめてみましょう!


新潟県の「いまい農場」さん(棚田米)

新潟産こしひかり通販【いまい農場】

新潟の棚田で育まれた「源流の米」
●新潟のお米
●中山間地の棚田米
●低農薬と有機肥料

恵まれた環境プラス決め手は水でした!
「水は環境を記憶する」と言われています。
今井農場のある猿毛集落は、山の雪解け水が最初に出会う里。
その清らかな水で「源流の米」は、健康に育ちました。


「源流の米」2キロおためし試食!

我が家(管理人いさじJoe一家)の感想では、「甘み」「香り」「モッチリ感」の評価が高かったです。 久々に「一粒一粒の活きの良さ」が伝わってくるお米に出会いました。
試しに食べてみたいという場合は、おためし米2キロがあります。 「源流の米(2キロ)」白米/1,050円・玄米/945円 ※送料525円・支払い手数料無し(お1人様1回限り、毎週先着10名様、贈答不可)

右の写真が農場主の今井昭仁さん。 世の中に「こだわりの米」「幻の米」数あれど、実直さが伝わってくる気がします。 (by いさじJoe)

宮城県の「おいらの田んぼ」さん

日本三景松島のササニシキ・ひとめぼれの産直農家、『おいらの田んぼ』

どうも宮城県は、おいしいお米を育てるのに最適な気候条件に恵まれているらしいのです。 (中でも重要なのは、穂が出てからの気温と昼と夜の気温差)
良い条件の中で育ったお米は、「デンプンとタンパク質のバランス」が良くなるので、美味しいお米ができるそうです
おいしい宮城米の中でも『おいらの田んぼ』のお米をお勧めする理由
  1. 干拓地(昔は海だった)なので土にミネラルが豊富
  2. 農薬・化学肥料の使用を県慣行の5割以下に削減
  3. お米は低温貯蔵庫で保存、発送当日に精米
試しに食べてみたいという場合は、お験しパック(1,000円)があります。 (by いさじJoe)

「みんなの産直」おすすめサイト

有機農業に取り組む農家の直売サイト。有機栽培ササニシキ「電気農場直売所」(山形県)
無農薬、有機肥料、土作りにこだわった安全でおいしいお米「米農家中西」(長野県)
自然循環型の農業を目指している小さな農場「ふぁーむbuffo」(広島県)
中越大震災の震源地・小千谷市から棚田の復興を目指しています「としあきの米」(新潟県)
無農薬や減農薬で栽培した特別栽培米、自然乾燥米「登米米ドットネット」(宮城県)
化学肥料は一切不使用。有機肥料と漢方農剤を使用した減農薬米ゆめライス「占部農研」(福岡県)
無農薬発芽玄米餅・香り米・古代米「雨読晴耕村舎」(埼玉県)


【情報募集】メール投稿で、アマゾンギフト券最高1万円!
「みんなの産直」では、産直や食材宅配サービスの体験談や感想・写真などを随時募集しています。(匿名可。写真だけでも可。応募点数制限なし)
体験談や感想・写真が掲載・使用された場合は、アマゾンギフト券500〜10,000円分をプレゼントします。
  • 【締め切り】毎年12月31日
  • 【賞】アマゾンギフト券500〜10,000円
  • 【発表】1月31日までに応募されたメールアドレス宛てにアマゾンギフト券
  • 常連の方は、お取り寄せライターとして業務委託(アルバイト)契約も可能です。


watagoniaトップへ  / お問い合わせ
Copyright 2004 watagonia.com  All rights reserved.