土壌汚染・農地の放射能汚染対策 自分で行う放射能被曝対策

放射能被曝対策トップページ > 土壌汚染・農地の放射能汚染対策 watagoniaトップへ

土壌汚染・農地の放射能汚染対策 自分で行う放射能被曝対策

【結論】まずは詳しく実測することです!

航空機モニタリングではなく、詳細な土壌の計測が第一!

肥料や飼料は、基準値でなく0ベクレルが基本!

汚染対策・除染は情報共有がキモ!

● さらなる土壌調査の必要性

チェルノブイリ事故後、ベラルーシで行われた高濃度汚染区域の調査では、30キロ圏内だけではなく100-200キロ離れた地点まで広がっていたそうです。

もっと広範囲で詳細な土壌調査が行われ継続される必要性があること意味すると思います。

実際に、筑波大学 末木准教授の調査報告では、原発から200キロ離れた茨城県や千葉県の一部から約4万ベクレル/時(通常の400倍)の 放射性セシウム137が検出されました。

広範囲で詳細な土壌汚染地図があれば、避難・健康診断の体制などの判断基準になり、食品の汚染濃度の予測にも役立ちます。

つまり、人間が受ける被曝量も予測できるということです。

● 肥料やエサによる汚染の拡散

汚染された腐葉土や肥料等をばらまいてしまったら、除染は不可能と言われています。 (チェルノブイリでは、有効な手段が見つからず費用対効果の問題から諦めざるをえなかった。)

肥料等を買う前には、簡易な線量計で計測するか検査済みのものを購入しましょう。 国に期待できない以上、消費者行動によって業者の意識を変えていくしかありません。

農業・畜産業における放射能汚染対策

  • 表土剥離(土は、とりあえず縦穴トレンチに埋める。その後、放射能汚染物質の処分場へ)
  • 汚染された植物・雑草を根ごと引き抜く。
  • バイオレメデーション(菜の花やヒマワリなどの植物の力を借りて、土からセシウムを抜く。)
    ※バイオレメデーションとは 微生物・菌類・植物、それらの酵素を用いて有害物質で汚染された土壌汚染を、有害物質を含まない元の状態に戻す処理のこと。

●汚染の影響を受け難い作物を植える。(ナス・トマト・きゅうり・かぼちゃ・ネギ・タマネギなど)

●汚染の影響を受け易い作物を植えない。(菜種・カラシナ・キャベツ・大根・ほうれん草・ジャガイモ・豆類など)

●カリウム肥料を撒いて、セシウムの吸収を抑える。カルシウム肥料でストロンチウムの吸収を抑える。(科学的な同属体)
※窒素肥料を大量に撒くとアンモニウムイオンが土からセシウムを遊離させる働きがあるので、かえってセシウムの吸収を促進させてしまう恐れがあるので注意が必要。

●ゼオライト・ベントナイト・バーミキュライトなどの吸着剤を散布する。(セシウム137など)
※活性炭は同時に撒かない注意が必要。

●農業用水が汚染されてないか調べる。
沢水・雨水などは放射性物質を集めている可能性があります。

●牛乳の飼料に、プルシアンブルー(色素)を混ぜる。 セシウムと強く結合して、水に溶けないので腸からの吸収が7割減らせるというデータがあるそうです。

【おすすめ書籍】 あの日以来、心や考え方が負の方向に!

震災以来、私自身もマイナス思考・誰かを批判する方向に引っ張られてしまっていました。 しかし、小林正観さんの本を読んで、実践して、立ち直る事ができました。

本当に大事なことは、シンプルだと思います。
小林正観さんの代表作 →  「そ・わ・か」の法則(文庫)

自分で行う放射能被曝対策 内部インデックス

目次 - 自分で行う放射能被曝対策




引用・参考文献



【情報募集】メール投稿で、アマゾンギフト券最高1万円!
「自分で行う放射能被曝対策」では、放射能被曝対策などに関する情報を随時募集しています。(匿名可。応募点数制限なし)
情報・体験談や感想・写真が掲載・使用された場合は、アマゾンギフト券500〜10,000円分をプレゼントします。
  • 【締め切り】毎年12月31日
  • 【賞】アマゾンギフト券500〜10,000円
  • 【発表】1月31日までに応募されたメールアドレス宛てにアマゾンギフト券

放射能被曝対策
目次 - 内部リンク



食材宅配サービス
「みんなの産直」

Google
Web Watagonia.com   

watagoniaトップへ  / お問い合わせ
Copyright 2004 watagonia.com  All rights 

reserved.