除染料理法 自分で行う放射能被曝対策

放射能被曝対策トップページ > 除染料理法 watagoniaトップへ

除染料理法 自分で行う放射能被曝対策

【結論】除染料理しつつも、大原則は安全な食材を選ぶこと!

食材を選ぶ段階が一番大切!
(例えば、ブロッコリーは、よーく水洗いしても除染が困難。 水洗いは、表面に付着したものには有効ですが、土から吸収した放射性物質は除去に限界があります。)

2冊のおすすめ書籍!
(特に野菜・肉・魚・果物などについて、以下の書籍に詳しく紹介されています。)

▼ 除染料理法

調理時のひと手間で、放射能を確実に減らせます。
  • 野菜 よく洗い、むいて洗う。水にさらしたり、空く抜きも効果的。
  • 肉 水洗いして煮る。パックに残った肉汁は捨てる。カレーなどは別茹でがベスト。
  • 魚 内臓と骨を取って、よく洗う。煮る。海老や貝類は殻を取除いてから調理。
  • 牛乳 ヨーグルトの上澄み液は捨てる。乳清(ホエイ)は要注意!
  • 米 白米にする(普通に研いで炊くだけで、ストロンチウムは87%除去できます)

比較的安心できる食材「米」

他の作物に比べて移行係数が一桁低いので、精米して水で研ぐと放射能汚染のリスクは低くなります。

しかし、お米はセシウムより危険なストロンチウムを吸収しやすいので、検査済みのお米や西日本産のお米を選ぶと、さらに安心です。

免疫力向上のために玄米食にされているかたは、西日本産で検査済みを探しましょう!

水道水は、大丈夫か?

水道水は、 福島県 でも不検出が続いているので、状況の変化が無い限り安心して良さそうです。
それでも心配な方は、以下の対策をしてみてください。
  • 飲料水は買う。
  • 活性炭フィルターの浄水器(ヨウ素131)
  • ゼオライト・ベントナイトなど鉱石をポットに入れる(セシウム)



【おすすめ書籍】 あの日以来、心や考え方が負の方向に!

震災以来、私自身もマイナス思考・誰かを批判する方向に引っ張られてしまっていました。 しかし、小林正観さんの本を読んで、実践して、立ち直る事ができました。

本当に大事なことは、シンプルだと思います。
小林正観さんの代表作 →  「そ・わ・か」の法則(文庫)

自分で行う放射能被曝対策 内部インデックス

目次 - 自分で行う放射能被曝対策




引用・参考文献



【情報募集】メール投稿で、アマゾンギフト券最高1万円!
「自分で行う放射能被曝対策」では、放射能被曝対策などに関する情報を随時募集しています。(匿名可。応募点数制限なし)
情報・体験談や感想・写真が掲載・使用された場合は、アマゾンギフト券500〜10,000円分をプレゼントします。
  • 【締め切り】毎年12月31日
  • 【賞】アマゾンギフト券500〜10,000円
  • 【発表】1月31日までに応募されたメールアドレス宛てにアマゾンギフト券

放射能被曝対策
目次 - 内部リンク



食材宅配サービス
「みんなの産直」

Google
Web Watagonia.com   

watagoniaトップへ  / お問い合わせ
Copyright 2004 watagonia.com  All rights 

reserved.